日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ファイナルアンサー! その瞬間こそ、新たなる人生のオープニング。

インドのスラム街に住む主人公のジャマールが、露天のトイレでしゃがんでいる時、
兄のサリームに閉じ込めれます。しかし、その時その地にやってきたある人物に
どうしても会いたくて、ジャマールは思わぬ行動に出るのです。
この序盤の強烈なシーンから一気にストーリーに引き込まれました。

ところでどんな人間でも、生まれてきた以上は大人になるまでにさまざまな経験を積みます。
嬉しいことも辛いことも、そして出会いと別れも、死ぬまで繰り返すものなのです。
そしてまた、たとえ裕福な家庭に生まれたとしても、貧困な家庭であったとしても、
いろんな苦労を乗り越えなければならないのが人間というものです。
もちろん生きていくためには、自分で稼ぐことも必要となります。

ジャマールはスラム街で育ち、まともな教育を受けてはいません。
今はコールセンターに勤めてはいるものの、お茶くみのような仕事です。
そんな彼が、なぜクイズ$ミリオネアに出場したのでしょうか、、、。
そして、なぜ次々と正答を導き出せたのでしょうか、、、。

実は番組への出場には深い理由があったのです。しかし正しい答えを導き出せたのは、
彼が生まれ育った環境に他なりませんでした。ではいったい彼は、この場に至るまで、
どんな生活を送ってきたのでしょうか。そこには聞くに堪えない過去がありました。
そんな衝撃の過去が徐々に明かされていく手法こそ、特筆すべきシナリオと呼べそうです。

冒頭、華やかなクイズ番組のステージで司会者からもてはやされるシーンが一転し、
警察で取り調べを受けるジャマールが映し出されると、そこからストーリーは、
クイズの問題と、ジャマールの少年〜青年時代の回想が交互に描かれていくのです。

例えば仕方なく覚えたりとか、その場凌ぎのために詰め込んだ知識は身につきません。
テストのためだけに記憶したことが、テストが終わるときれいに忘れるのもそのためです。
しかしジャマールの記憶にあったものは、教えられたことではなく自ら経験したことです。
しかも絶対に忘れない、というよりも記憶から消し去ることのできない、ましてや
言葉にも出したくない辛い経験の積み重ねが、今の彼を形成していたのですから。

クイズのステージで、司会者にプレッシャーをかけられながら解答する姿。
警察の取調室で、警察官たちにプレッシャーをかけられながら供述する姿。
そして波乱の人生を、ある想いを胸に秘め続けて必死に生き抜いてきた姿。
そんなジャマールを取り囲む映像のトライアングル。その過去が一つ、また一つと、
明らかにされながら、彼の人生の今の瞬間に近づいていく構成は見事でした。

時にはいじめられ、時には助けられながら、いつも一緒だった兄のサリーム、
そして少年時代に出会った女の子ラティカを加えた三銃士。
クイズのファイナルは、三銃士のために三銃士が活躍するという劇的な幕切れ。

さらにその先には、運命が叶えてくれた感動的なラストが待っていました。
でも、その運命を切り開いたのは、他でもないジャマール自身なのですから、、、。

閉じる コメント(36)

顔アイコン

クイズと彼の過去、そして取り調べの様子・・と交互に描かれているのにまったく混同することなく、そしてだんだんと感動していきました。これを機にポリウッドものが見られるようになるといいですね。
TBさせてくださいね。

2009/5/2(土) 午前 0:22 car*ou*he*ak

本当に感動的な映画でした。ふぁろうさんのレビューを読んで、また、その感動と、見事な映画の展開とが思い出されました。あ〜、すごい映画だったな〜〜。

2009/5/2(土) 午前 10:36 kuu

アバター

Cartoucheさん♪、僕も久々にインドが舞台の作品を見ましたが、主人公の過去が
明らかになっていくたびに感動も高まり、クイズもクライマックスに近づいて、
観客席の興奮も高まるという、そんな構成が見事でしたね。

2009/5/2(土) 午後 11:08 ffa**77

アバター

kuuさん♪、作品全体をパワーがみなぎってましたね。
クイズも、取調室も、過去の真実も、すべてのシーンの完成度が高かったので、
それが重なって、さらに感動が高まりましたよね。

2009/5/2(土) 午後 11:13 ffa**77

顔アイコン

この映画では、インドの音楽が印象的で、耳に残りますね。子役たちの生き生きした演技が見ものでした。TBさせてください。

2009/5/3(日) 午前 0:28 fpd

アバター

fpdさん♪、インドの子供たちの演技から生きていくためのパワーを感じましたね。
ラストの音楽と踊りも、インドを舞台にした映画らしくて良かったです。

2009/5/3(日) 午前 11:00 ffa**77

何といっても、映像と全体を流れる音楽が凄かったです!
兄弟が走るスラム街が、タージマハールが、高層ビルが、明暗分けるインドの現実を見事にとらえ、しかも、生きるパワー漲ってました。
ジャマールの生きるパワーが幸運をもたらした。
ラストはインドのミュージカル風で楽しかったですv
TBさせて下さいね〜♪

2009/5/4(月) 午前 9:29 ふぇい

アバター

フェイさん♪、スラム街とは対称的な高層ビル群。華やかなクイズのステージとは、
やはり対称的な少年時代の主人公たちの生活。明暗がくっきりしていたのも、
それぞれのシーンが際立って良かったですね。

2009/5/4(月) 午後 2:02 ffa**77

とても素晴らしい構成で、かなり食い入るように見ていた私が居ました。
生きている上で経験したこと全てが自分にとって、何かに繋がること…そんなことを教えてくれた作品でした。
こちらからもTBさせてくださいね。

2009/5/11(月) 午後 10:48 マミ

アバター

マミさん♪、クイズのステージと、主人公たちの過去の回想、そして取調室。
どの場面においても、しっかりと主人公の感情を描けていましたね。
人間は経験を積み重ねることで成長し、新なた運命にも出会えるのでしょうね。

2009/5/11(月) 午後 11:29 ffa**77

ふぁろうさんのレビューを読んで、また胸が熱くなりました・・・。
ほんと、そうですね!テストのための勉強は全く頭に入りません。。。
今振り返っても、ほんとに素晴らしい映画だったと思います・・・トラバお返しさせて下さいね〜!

2009/6/18(木) 午後 10:19 nami

アバター

なみぺーさん♪、人間には運命があるとしても、日々の一つ一つの行動の積み重ねで、
自ら運命を切り開くことができると教えられる作品だったと思いますね。
アカデミー賞にふさわしい、心に残る一本でしたね。

2009/6/19(金) 午前 0:42 ffa**77

顔アイコン

面白い構成だったし、見ていて飽きなかったです。
発展著しいインドの中にはまだまだこんなにもスラムがあってそこから生き抜くために毎日を必死に過ごしている子供達がいるからこそこういうすばらしい作品ができたわけですが、そう考えると見る僕らも心してみないといけないなと感じました。
TBさせてください。

2009/6/22(月) 午前 7:31 かず

アバター

かずさん♪、僕たちが見失いがちな生き抜くための必死さを見せてくれる作品でしたね。
スラムの現状の厳しさも伝わってきましたが、なにより、そこから学び、運命を
切り開いたジャマールの生きざまが感動的でしたね。

2009/6/22(月) 午後 1:10 ffa**77

見事な構成でしたよね。
クイズを通してジャマールの人生、そしてインドの現状を描いていて素晴らしい作品でした。
TBお返しさせて下さいね♪

2009/6/30(火) 午前 7:26 ゆき

アバター

ゆきさん♪、ストーリーの中心にはクイズのステージがありましたが、
回想でつづられるジャマールの波乱の人生こそ、最大の見どころで、そこには
インドのスラムの現状もしっかり盛り込まれていましたね。

2009/6/30(火) 午後 10:19 ffa**77

顔アイコン

監督はこの映画で何を伝えたかったのか気になりました。インドの現実なのか、映画としての娯楽映画を見せたかったのか。昔の日本映画にも同じような映画があったはずで。でも自分は3人の子供時代も含めて自分なりに精いっぱい生きている姿に感動しました。お返しTBします。

2009/10/13(火) 午後 8:40 シーラカンス

顔アイコン

すいません、ふぁろうさんは外国映画もレビューされるんですね。気がつきませんでした。

2009/10/13(火) 午後 8:42 シーラカンス

アバター

シーラカンスさん♪、インドのスラムの現実であり、子供たちが精いっぱい生きた姿であり、
その全部を見せたかったのではないでしょうか。どの角度から観ても、
かなり見ごたえある感動作になってましたね。

2009/10/14(水) 午前 1:27 ffa**77

アバター

シーラカンスさん♪♪、僕は日本映画中心に観ているので、外国映画は、
アメリカ映画をたまに観るくらいです。その昔はもっと観てたのですが、
ここ数年は邦画が多いです。本作のような、アメリカ以外の外国の作品を観るのは珍しいです。

2009/10/14(水) 午前 1:33 ffa**77

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事