日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

パレード

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

誰かが誰かのストーカー?、、、若者たちの心の闇が、リビングルームの空気を変える。

上空を飛んでいるヘリの轟音で気持ち良い眠りから現実に引き戻される良介(小出恵介)。
隣りのリビングでは、テレビのニュースをぼんやりと見つめている琴美(貫地谷しほり)。
部屋から出てきた良介は、「この公園、駅向こうの?」と何気ない会話を交わすのです。
オープニングのこのシーン、彼らのいつものリビングルームの光景のようですが、
その時のヘリの音とテレビのニュースが、衝撃のクライマックスにかかわってくるとは、
その時点ではまったく予想だにできません。

描かれていくのは2LDKのマンションで共同生活する4人の、どちらかと言えばゆるい日常です。
「俺たちみたいに退屈してるとさ、時間って輪っかのようなものでさ」と言う良介は大学生。
アルバイトにはあまり熱心ではなさそうです。一方の琴美は無職で日がな一日テレビに没頭。
テレビドラマの人気俳優・丸山友彦(竹財輝之助)と恋愛関係にあるようです。

良介、琴美と共に共同生活をしているのは、自称イラストレーターの未来(香里奈)。
毎晩のように酒浸りで、酔っぱらうと始末に負えません。
直輝(藤原竜也)はどこから見ても真面目な会社員で、4人の中の最年長にしてリーダー格です。
しかし、共同生活とは言え、お互いが他の3人のすべてを知り尽くしているわけではありません。
言ってみればうわべだけのつきあい。お互いが他の人間をどう思っているのか、本音はわかりません。
実はこの4人。各々が何らかの悩みを抱え、誰にも言えない心の闇を持っていたのです。

それが少しずつ明らかになる中で、のんびり楽しい生活をしていた4人のリビングルームから、
少しずつ笑顔が消えていくのです。そのキッカケとなるのは、サトル(林遣都)という青年の登場。
いつの間にか加わって5人の共同生活になっていたのですが(もちろん誰かが連れ込んだのですが)、
サトルはどこか謎めいた存在です。林遣都がこれまでにない男娼という役柄をそつなくこなしています。

共同生活をしているものの、他の人間には知られたくない、いや、知られてはならない秘密。
それが一つまた一つと明らかになっていくシナリオは、各々の隠された真実が次第に過激になり、
やがて恐るべきラストシーンに到達することになります。

良介は、貴和子(中村ゆり)のことが好きでした。貴和子は先輩の彼女。しかし自分も告白したいと、
彼女の部屋を訪れます。そして想いを果たすものの、いつしか泣き始める良介。その理由とは、、、。
未来は、サトルと共に深夜の遊園地にやってきてメリーゴーランドでサトルと寄り添い、
いつの間にか、泣きながら過去を振り返るのです。彼女のトラウマとは、、、。
サトルは、夜の仕事をしています。ある日、昼間のサトルを目撃した直輝が、その素性に疑問を抱き、
サトルを尾行します。「あいつ、何やってんだ」と口にするほどの、サトルの行為とは、、、。
琴美は、妊娠してしまったものの、お腹の子の父親には直接に言い出すことができず、
直輝に相談するのですが、彼女の出す結論とは、、、。
そして直輝には元カノの美咲(野波麻帆)がいて、美咲は今も直輝のことを好きなようですが、
今の直輝はとりあいません。そして健康のためとして日々ジョギングに出かけていましたが、、、。

そして最後に明かされる最大の真実。これまで見たことのない冷たすぎる4人の視線とは裏腹に、
投げかけられるいつも通りのやさしい言葉。そこはかとなく漂ってくる孤独感。
まさに言葉はうわべだけを表現し、目は本音を現わす、と言うことなのでしょうか。
人間の五感は、すべてがいつも同じ方向を向いているとは限らないわけです。


<映画の次回作情報>

中村ゆり
:恐怖(高橋洋監督)
夏公開予定  共演:藤井美菜、片平なぎさ 他

閉じる コメント(28)

アバター

なみぺーさん♪、これは観る前の予想とは、かけはなれたストーリーでした。
確かに深いテーマが流れている作品ですが、ラストの衝撃は強烈に印象に残ります♪。

2010/3/11(木) 午前 0:12 ffa**77

アバター

いっちーさん♪、ラストの怖さは、ホラーとはまた違った感覚の恐怖感と言えるでしょうか。
男女ともに若手実力派の俳優を揃えた作品で、その点は見ごたえありましたね♪。

2010/3/11(木) 午前 0:18 ffa**77

ユル〜〜〜く楽しい始まりから、何かあるなと思わせる違和感、そして最後の強烈な幕引き。
キャスティングの妙も含めて、行定采配バッチシでしたね(ゝω・)b
TBさせてね(。・ω・)ノ゙

2010/3/12(金) 午後 4:14 ハイダウェイ

アバター

hideawayさん♪、特に貫地谷しほりののんびり感からスタートしたので、
いろんなまさかの展開にはびっくりでした。行定演出にキャストもしっかり応えましたね♪。

2010/3/13(土) 午前 0:46 ffa**77

怖い映画でしたね。
まさに魔物がすんでいるといった感じの・・・。

「ようし、これで伊豆にいけるぞ!」
でも、車に乗りきれるのか・・・、考えさせられる作品でした。

トラックバックさせてください。

2010/3/13(土) 午前 11:36 [ てるてる ]

顔アイコン

ごく普通の日常を撮ってるのにこわ〜い。
そしてラスト。
一見仲良さそうだけれど、無関心の怖さに圧倒されました。
現実ももうこうかもしれませんね。
TBさせてくださいね。

2010/3/13(土) 午後 10:12 car*ou*he*ak

アバター

てるてる先生♪、あのゆるい空間には、座敷わらしではなく、魔物が住んでましたね。
ちなみに車には乗り切れません。貫地谷しほりがアイドルになって乗っていた車と、
あの運転手を連れてくればちょうどいいと思います(笑)。

2010/3/13(土) 午後 11:48 ffa**77

アバター

Cartoucheさん♪、まさにそうでした。普通の日常の中に、恐ろしいさが隠れてましたね。
若者たちのルームシェアには、こういう現実があるのかも、いやあるのでしょうね♪。

2010/3/16(火) 午後 11:33 ffa**77

行定監督はGOから好きですが・・・本作も見応えたっぷりでした。
遅れて公開でしたが、劇場で観れて良かったです!
不気味なラストでしたが、いろいろ考えてしまう・・・語り合いたい作品でした。
トラバお願いします!

2010/4/8(木) 午後 7:41 くるみ

アバター

くるみさん♪、まったりとした空気が一転、ラストはにわかに不気味になりましたね。
誰にでも、こういったストーカー的な心の闇があるのかもしれないと考えさせられました。

2010/4/9(金) 午前 0:39 ffa**77

アバター

いいなぁ、香里奈と貫地谷しほりと一緒に生活出来る部屋なんて、月いくら払えばいいんだろう。
僕のお友達の中村ゆりちゃんも出てて嬉しいのですが、彼女『ララピポ』もそうでしたが、ちょっと露出系になっちゃってますね。
ところで、今頃気づいたんですが、これ、なんで『パレード』っていうタイトルなんでしょうねぇ。映画の中では何の説明もなかったですよね。
只今、原作読んでます。

2010/4/20(火) 午後 8:08 出木杉のびた

アバター

のびた先生♪、タイトルはわかりませんでしたね。僕も原作読んでないし。
香里奈と一緒と言っても、酔っぱらって知らない男を連れ込む女性は勘弁です(笑)。
にしても、のびた先生のお友達(それにしても友達多すぎ!)の中村ゆりは、
パッチギの時とはだいぶタイプの違う役柄が目立ってきましたね♪。

2010/4/21(水) 午前 0:42 ffa**77

顔アイコン

不気味な感じでしたね〜!
ラストの犯人の心理がすごく印象的でした!
TBさせてください☆

2010/4/21(水) 午前 10:47 かず

アバター

かずさん♪、序盤の和やかなムードが一転、
終盤になって、一気に不気味な展開になりましたね。
心理状態の変化を物語るみなの視線が鋭かったです♪。

2010/4/22(木) 午前 1:06 ffa**77

やっと公開されましたよ〜。今日観てきました。
今の人間同士のつながりって・・・こんなもんなのかもしれませんね、寂しいけど。。
未来とサトルのメリーゴーランドのシーンや、ビデオの結末のくだりがよかったです。彼女は救われた感じ。。
トラバお願いします♪

2010/6/1(火) 午後 9:00 nami

アバター

なみぺーさん♪、若者たちのつながりとは、いっしょに暮していても、
こんなものなのかと、ちょっと考えさせられる展開でしたね♪。

2010/6/2(水) 午前 0:48 ffa**77

役者達がそれぞれの心情を見事に演じきっていましたね。
シェアしてる人間関係の距離感とかもリアルでした。
TBありがとうございました。

2010/7/2(金) 午後 6:50 るぃ

アバター

るぃさん♪、いっしょに暮らしているのに、独特の距離を感じさせる作品でしたね。
その関係ごとに距離も近かったり遠かったりで、それを演じたキャストも見事でした♪。

2010/7/3(土) 午前 2:09 ffa**77

顔アイコン

行定監督の撮り方、うまいなって思いました。原作があの吉田修一。深い内容の映画でしたね。

2010/10/9(土) 午前 1:02 mossan

アバター

もっさん♪、同じ部屋に住んでいても、実は希薄な関係。そんな浅い関係とはうらはらに、
深いですね〜。表面では温かい言葉をかわしていても、視線は冷たかったりしますからね♪。

2010/10/9(土) 午前 3:13 ffa**77

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事