日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
徹底した時代考証から生み出されるリアル感が冴えるタイムトラベル型時代劇エンタテインメント。
− 夏帆、未来のコスチュームも、セーラー服も似合うジャーナリストが見せる歴史的好奇心 −
 
テレビドラマ「タイムスクープハンター」の面白さは、時空ジャーナリストの沢嶋雄一(要潤)が、
過去のさまざまな時代にタイムワープし、いわゆる教科書には載っていない名もなき庶民の暮らしを、
ドキュメンタリーとして特殊カメラで記録していく際の、臨場感あふれる映像表現にあると言えます。
 
「当時の人々にとって、私は時空を超えた存在です。
 彼らにとって私は宇宙人のような存在です。〜彼らに取材を許してもらうためには、
 特殊な交渉術を用います。それについては極秘事項のためお見せすることは出来ませんが、
 今回も無事密着取材することに成功しました」と、おなじみの沢嶋のセリフから始まるストーリー。
 
毎回、その時代の名もなき人たちが主人公ゆえ、ドラマ内の登場人物も名の知られていない俳優が多く、
ドラマを見ている者も、まさにその時空間に、沢嶋と共に訪れているような感覚を味わえるのです。
そのドラマも2009年にスタートして5年目を迎え、いよいよ映画化となりました。
 
劇場版の舞台は、日本史の中でも時代を揺るがす大きな事件が多かった戦国時代。
それは同時に謎めいた時代でもあり、歴史に名を残すことになる人間的な魅力を持つ戦国武将や、
後世に伝わるさまざまな事件が、映画やドラマとして映像化される頻度も高い時代です。
 
今回の劇場版も、明智光秀が織田信長に謀反した理由に謎が多いとされる本能寺の変から始まります。
時代は1582年6月。安土桃山時代ですが、時代の栄華を誇ったとされる安土城にスポットを当て、
やはり今もって謎とされる安土城の焼失までを、大胆な仮説とともに描いていきます。
 
本能寺の変、安土城の焼失とはいえ、織田信長や明智光秀が物語の表舞台に出ることはありません。
あくまでも主人公は名もなき庶民。今回、沢嶋が現地で出会うのは島井宗叱という商人(上島竜兵)と、
ひょんなことから宗叱と旅をともにする織田家に仕えていた矢島権之助(時任三郎)という武士です。
当時の人物を上島竜兵や時任三郎という名の知られた役者が演じる点は、劇場版ならではでしょうか。
 
しかも今回は、いつも一人で取材の旅をする沢嶋に、部下として細野ヒカリ(夏帆)が同行します。
歴史好きな女子、いわゆる歴女として安土城の焼失に興味を持ち、現地での取材活動に花を添えます。
 
また、携帯型のタイムワープ装置が危機一髪の場面で使用されたり、クモのような小型の移動式カメラや、
微細な穴にも入るミミズのような超小型カメラ、さらに特定の人物の動きを36秒間止めるフリーズガン等、
ハイテク機器も次々と登場し、見どころも満載です。
 
沢嶋のタイムトラベルは常に危険と隣合わせですが、今回も何度も危険な場面に遭遇し、
しかも歴史を変えてしまうような現象が起こってしまい、歴史の修正のために時代から時代へ飛ぶなど、
サスペンスタッチで繰り広げられるあるストーリーは、日本史ファン、タイムトラベルものファンには、
最後まで目が離せない嬉しい展開です。
 
さらに、いつも本部から沢嶋に指示を出す古橋ミナミ(杏)が、今回は安土城へタイプワープ。
沢嶋たちの危機を救うシーンもあり、いつもと違うミナミのアクションシーンを見るこもができるのも、
本作の魅力のひとつです。
 
誰もが知っている歴史上の大事件だけでは見えない当時の庶民の暮らし。そこから見えてくる本当の真実。
われわれ一般の庶民こそが、歴史を動かしてきたと実感できるエンタテインメント的な仕上がり。
 
そして安土城焼失の意外な原因が記録された映像は、、、エンドロールに注目!
 
 

閉じる コメント(10)

顔アイコン

これ見に行く予定です!

2013/9/9(月) 午前 11:39 はじめのいっぽん

アバター

はじめのいっぽんさん♪、テレビドラマ版がスケールアップし、
いろんな見どころがありますが、エンタテインメントとして楽しめます♪。

2013/9/10(火) 午前 0:23 ffa**77

テレビで見ていた人には、嬉しい劇場版。試写会で見ました。
はじめての人には、メジャーな役者さんが少ないのが驚きかもしれませんね。
エンドロールに注目!まさにまさに。私は好きな終わり方でした。

最新作のレビューは、こう書かないと!トラバお願いします<(_ _)>

2013/9/10(火) 午前 10:20 [ maru ]

あたしとしたことが テレビのほうは全く知らずで〜。
タイムトラベル そして安土桃山城ときたら なにがなんでもと駆けつけたのですが ちょっとなんだかかんだかで〜ごめんなさいませです。
でも最近 あちらのスタトレやらスーパーマンやら半分眠りこけて観てしまいました。なんだかんだ申しても すこしくらいショボくても やはり日本映画のほうが落ち着きます(^^♪

2013/9/10(火) 午後 9:30 たんたん

アバター

maruさん♪、そうですね、テレビ版は無名の役者ばかりで、
それが歴史の真実感を高めてくれますね。
上島竜兵は、まさにあのエンドロールのためにキャスティングされたって感じですね♪。

2013/9/11(水) 午前 0:17 ffa**77

アバター

たんたん先生♪、このタイムスクープ社の仕事を知らない人には、
映画としては、拍子抜け化もしれませんね(笑)。
テレビ版が地味なので、それを知っているファンには、豪華に感じましたよ♪。

2013/9/11(水) 午前 0:19 ffa**77

やっぱテレビ版をずっと見てると楽しめるのかなぁ〜〜!設定は大好物でしたが、やっぱ劇場版なんでメジャーな史実にフィーチャーしてほしかったですね。安土城消失の真相もなんかガッカリでした。
でも、SF的なCGとかは邦画にしてはよくできていて世界観を盛り上げてました。やっぱNHKバックで金かけてるんですかねぇ〜w
TBさせてくださいね(。・ω・)ノ゙

2013/9/11(水) 午前 9:27 ハイダウェイ

アバター

hideawayさん♪♪、このドラマはあくまでも一般の庶民に目を向けているので、
メジャーな史実は置き去りって感じでしたね。映画版はさすがにドラマ版にくらべて、
かなりお金がかかってますよ♪。

2013/9/11(水) 午後 11:45 ffa**77

顔アイコン

TV版のように知識欲を満たすという意味では想像の部分が多かったので
少々弱かったのが残念ですが、映画作品としてのエンターテイメント性は
グーンとアップして上手く仕上げていたかなという気がします。
杏のアクションシーンが見られるのが一番お得な印象でした(笑)
夏帆や小島聖など他の俳優さんも魅力ありましたけどね。
TBお返しいたします!!

2013/12/2(月) 午前 2:31 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

アバター

エルザさん♪、出演者だけみても、一気に豪華になっていたので、
さすが映画!だと思いましたが、最後は笑いに逃げてしまったので、
そこはちょっと残念だったかも。でもあんな結末も想像はできますよね♪。

2013/12/3(火) 午前 0:07 ffa**77

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事