日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

永遠の0

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
「たとえ死んでも、それでも僕は戻ってきます」。その約束に込められた語り継がれるべき戦争の記憶。
− 井上真央、終戦後、女手一つで幼い娘を育てる強い母。帰ってきた魂に向けた言葉と託した願い −
 
終戦間際、太平洋上を低空で飛んで行くゼロ戦。そのゼロ戦を誰よりも巧みに操っていた搭乗員こそ、
現代になって彼の信念と当時の葛藤を語られることになる宮部久蔵(岡田准一)、その人物なのです。
その瞬間の宮部の、家族と国家を想う気持ちはクライマックスまでお預けとなりますが、
再びこの映像が映し出される時こそが、感動が最高潮に達するシーンと言えるでしょう。
 
太平洋戦争における特攻隊は、爆弾を搭載した軍用機が敵艦船に体当りし、まさに自爆する作戦。
戦死を前提とした攻撃部隊です。そんな当時の特攻隊員の気持ちは、平和な現代に生きる者には、
なかなか想像もつきません。それでも日本映画は、数々の作品で特攻隊が描かれてきました。
 
本作では、亡くなった祖母・松乃の四十九日からしばらく経ち、祖父・賢一郎(夏八木勲)から、
宮部久蔵という実の祖父の存在を知らされた佐伯健太郎(三浦春馬)と、健太郎の姉の慶子(吹石一恵)が、
宮部とはどんな人物だったのか、そしてなぜ彼は特攻を志願し、特攻で亡くなったのか、
そこに興味を持つところから、物語はスタートします。
 
「享年26歳。(父が死んだのは)今のあんたと同じ歳」と母親(風吹ジュン)から言われた健太郎は、
当時、まだ希望も多いはずの若者だった祖父の想いを知ろうと、祖父の戦友だった人たちを尋ね歩きます。
しかし誰に聞いても、「あいつは臆病者だった」「誰よりも命を惜しむ者だった」などと言う人ばかり。
そんな話ばかりでうんざりしかけていた頃、宮部の意志を受け継いで今も生きている人たちに出会うのです。

井崎(橋爪功)という老人は病院で寝たきりで、余命わずかと宣告されており、
話すことさえままならないにもかかわらず、これだけは伝えたいと、宮部から言われた言葉を語ります。
『どんな苦しいことがあっても、生き延びる努力をしろ!』と言われたと。そして今の私があると。
「誰よりもつええ人です。だからあの生き方を貫けたんです。決して臆病者なんかじゃねえんです」と。
 
部下のことを想う立派な教官だったと語る武田(山本學)という大企業の会長もいました。
忙しいにもかかわらず、健太郎が宮部久蔵という名前を出して武田を呼びかけた途端、
すべての仕事の予定をキャンセルしてくれて、当時の痛々しいエピソードを聞かせてくれたるのです。
そして言います。「あの人こそ生き延びるべき人だった」と。
 
当時は国家のために死ぬことは名誉だという考え方があったという一方で、こんな人物もいました。
景浦(田中泯)という豪邸に住む老人は、「こんな作戦を考えるようでは日本は負けると思った」と、
当時を振り返ります。実は景浦は当時のゼロ戦乗りとしては、宮部の最大のライバルでもあり、
特攻で飛び立つ宮部を最後まで守るべき任務を負った人物でもあったのです。
その景浦から、健太郎は驚くべき真実を聞かされるのですが、、、。
 
その後、賢一郎から戦後の話を聞かされる健太郎。亡くなった祖母の戦後の苦しい生活が、
回想シーンで綴られていきます。大阪のとあるバラックに住み、ボロボロの服を着て、
内職をしながら、かろうじて生計を立て、娘の清子を必死で育てている松乃(井上真央)。
その松乃と賢一郎の出会いに込められた、宮部久蔵と松乃との約束とは、、、。
そして戦後いっさい口にしなくとも、松乃と賢一郎が絶対に忘れたことのない真実とは、、、。
 
賢一郎は健太郎に言います。
「生き残った者がしなければいけないのは、その死を無駄にしないことだ」と。
映画のテーマを同じでしょう。現代に生きる者たちが肝に銘じるべきは、多くの戦死者によって、
今の平和な日本という国家が成り立っているという現実にほかなりません。
 
現代パートと戦時中パートに分かれ、回想シーンを効果的に織り交ぜながらストーリーが展開しますが、
現代では芸達者なベテラン俳優が、その存在感を十分に発揮しています。
また戦時中パートでは、岡田准一はもちろん、濱田岳、三浦貴大、新井浩文、 染谷将太ら若手が熱演し、
緊張感が支配する基地内や戦闘のシーンを盛り上げている点も見逃せない感動作に仕上がっています。
 
 
<映画の次回作情報>
 
井上真央
白ゆき姫殺人事件(中村義洋監督)
3月29日公開 共演:綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、蓮佛美沙子 他
 

吹石一恵
銀の匙 Silver Spoon(吉田恵輔監督)
3月7日公開 共演:中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、西田尚美、吹越満、石橋蓮司、中村獅童 他
 
神様のカルテ2(深川栄洋監督)
3月21日公開 共演:櫻井翔、宮あおい、藤原竜也、要潤、吉瀬美智子、濱田岳、池脇千鶴、柄本明 他
 

風吹ジュン
抱きしめたい 真実の物語(塩田明彦監督)
2月1日公開 共演:北川景子、錦戸亮、上地雄輔、斎藤工、平山あや、佐藤江梨子、佐藤めぐみ、國村隼 他
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事