日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
仕掛けたっぷり、小ネタ満載のコミカルワールドも、ファイナルでは切なさ漂うシチュエーションに注目。
− 仲間由紀恵、いちばんの当たり役。あの決め台詞も絶妙のコンビネーションも、いよいよ見納め −
 
14年間に渡って根強いファンの支持を得て、人気を誇ってきたトリックシリーズ。
山田奈緒子(仲間由紀恵)と上田次郎(阿部寛)の名コンビが見られるのもこれが最後です。
仲間由紀恵にとっては、ヤンクミを演じたごくせんシリーズと並ぶ代表作ですが、
阿部寛の上田次郎役も、二枚目が演じる三枚目の名キャラクターと言えるでしょう。
テレビドラマからスタートし、シリーズを経て視聴率も上がり、映画版も製作されるパターンは、
ここ数年、映画のスマッシュヒットの一つの典型となっています。
 
1作目の「トリック劇場版」(2002)は、興行収入12億9千万円(同年の日本映画第14位)。
2作目の「トリック劇場版2」(2006)は、前作を上回る興収21億円の大ヒット(同13位)。
3作目の「トリック劇場版 霊能力者バトルロイヤル」(2010)は多彩なゲストキャストが揃いましたが、
第2作にわずかながら及ばず、18億6千万円(同17位)の興収にとどまりました。
しかし今回は完結編ということで、シリーズ史上最高のヒットを期待したいところです。
公開から3週間で既に12億円を突破していますが、この後どこまで伸びるか、大いに注目です。
 
さて、今回はラストを飾るべく、二人が海外へ飛び出します。その舞台は、とあるアジアの秘境。
そこで二人が出会ったのは、現地の部族に信奉される呪術師ボノイズンミ(水原希子)。
時に病を治し、時に罪を犯した人を死に至らしめるという呪術を使うボノイズンミ。
彼女の呪術にはどんなトリックが隠されているのか。山田と上田はトリックを見破ることができるのか。
さらにボノイズンミが住む洞窟の壁画に隠された謎とは、、、。
 
現地のムッシュム・ラー村でレアアースを採掘する日本企業の社員として登場する加賀美(東山紀之)。
実は加賀美が上田に声をかけ、山田と共に現地に乗り込むのですが、上田と山田が、
初めて加賀美と出会った空港で、すでに呪術の謎を解く重大なヒントが明かされていたとは、、、。
 
相変わらず随所に小ネタがちりばめられており、凝ったネーミングやセリフまわしも出てきますが、
堤幸彦監督ということで、「SPECホルダー?」などというセリフが出てきたりもしますので、
会話を聞いているだけでもニヤリと笑えるシーンも盛りだくさんです。
 
また、水原希子が演じる呪術師は、当然ながら現地人の設定のため日本語が多少おぼつかないのですが、
そのたどたどしい日本語をしゃべり通したという意味では、水原希子の演技も評価できるでしょう。
 
この世の終わりが来ると予言する呪術師。その呪術師の周囲で次々と起こる不思議な現象。
そして山田が心を開くことで、呪術師から告げられた言葉。そして辿り着いた最大の謎の真相。
「みんなが助かる方法が一つだけあるんです」と言い放った山田。
その時、すでに覚悟を決めていた天才美人マジシャン山田の運命やいかに、、、。
ほぼ同じ場所にいるにもかかわらず、隔てられた山田と上田の空間。切ない空気が支配する瞬間。
否応なしに流れていく時間。この終盤の見せ場は、寂しい山田の眼差しが印象に残るシーンとなりました。
 
ドラマに始まり映画に終わるエンタテインメント、最後まで山田と上田のボケとツッコミが冴えわたり、
ある出来事から1年後に待っていた結末も、トリックならではでしょう。
 
トリックに笑い、トリックを暴き、トリックで泣く、まさに最後までトリックづくしのエンタテインメントでした。
 
 
<映画の次回作情報>
 
仲間由紀恵
ジョバンニの島(西久保瑞穂監督)
2月22日公開 共演(声の出演):市村正親、柳原可奈子、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、仲代達矢 他
 
 

 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事