N's Factory

びんぼーフライフィッシャーの爆釣?&工作日記。

全体表示

[ リスト ]

遠出の甲斐あり

金、土と新潟のとあるサケ釣り場へ遠征。

数日前から日本海側は雨が降っており、結構荒れた天気だったが、週末に向かって回復傾向。
初日の天気が引っかかってちょっとやばいかという感じ。

ネットの水量データによると、前々日から水量が増し、渇水傾向で遡上がよろしくなかったので、これはいい感じと思ていると、水量はみるみる上昇し、前日には2Mアップ、、、、やばい。
しかし、夜には水量が下がりだしたの、まあ若干の増水は覚悟で翌日土曜は反対にいい感じになるだろうと言う読みで出発。
結論からいうと、結局金曜には水量は十分下がり、渇水状態より50cm強増加のいい感じで、土曜には下がりすぎて、渇水状態に戻ってしまった。ゆえに、土曜はすでに魚の調子(というか川の状況)が悪い方向であった。

前日は2m上昇だったんで、濁流で鮭調査は中止になっていたらしい、そして反対に増水でいい感じの遡上あり、結果金曜は非常にGOODであった。

初めての場所で、土地勘も無ければ、システム(受付方法や、出発方法、場所取りETC...)も不明。
まあ、初日はある意味様子見で、いろいろ見て回るかと思っていた。

受け付けには開始の30分前頃に着くと、すでにほぼ全員そろってスタンバっている状。
どうやら、早い時間で一旦受付整理券を配り、その順番で受付&釣り場へ出発というシステムらしい。
そんで、整理券をもらうために一部の人はかなり朝早くから待っているとのこと。

で自分はドンケツではないが、、まあ10人中8番手という感じの位置。
受付開始し、みんな続々出発していく。
で、自分も受付終了し、どこに入るかととりあえず目星をつけていた場所を目指すが、グーグル衛星地図と実際の土地勘が一致しないので、ちょっと迷う。
とりあえず、目的に場所にあたり入り、周りに誰もいないので一安心。
実際にどこら辺にするかと、きょろきょろ上下見渡し、下に少しくだろうかと進みだすと、下から上がってくる人が、、、
これで、下は無くなった。
で、上に行くかと考えていると、目の前で、バシャバシャ魚がいるではないか。
これで、決まり、ここでいいや。
準備していると、さらに人がやってきて、そのほ人は上側に、、、
これで、なんとなく席が埋まった感。

で、定刻の7時に釣開始。
浅場に沢山魚が差してきている。
増水で、浅く緩めの流れに魚は入っており、そこをまた昇って行く。
増水時に、いままでさんざん見てきている状況なんで、不用意に立ちこまずに、ヘッドだけ出してそこら辺に流していく。
今回は、上下の人間と非常に間隔が広く(50m以上開き)、上下で不用意に立ちこまれても、あんまり影響なし。
なんで、ゆっくり浅場の魚を狙う。
見える範囲に魚は多数いる、登っていくのも見える。
でもやはり釣れない。
2時間ほど頑張るが、だめ。
そんで、考えを替え、浅場で産卵待機&オスの場所取りでうごめく集団がいるので、それを狙ってみる。
それらしき黒い影の前をうまーく流し込み&ターン。それを難解かすると、いきなり食った。
最初スレかと思ったが、しっかり食ってる。

で、メスゲット。(これは後ほど漁協に回収される)
イメージ 1

おんじ、方法で釣っていると、さらに30分後にもう1匹メスゲット。
さらに、また30分ほどで3匹目。これもメスだった。
で、4匹目にやっとオス。
これは、普通にターンかけだしてすぐにガツンときた、遡上中のやつっぽい。

イメージ 2

で、このあと北のが今回最大のオスで、かなりドラグを鳴らしてラインを引き出してくれたいい匹の1匹。
かなり引きずられて、下流の人のところでやっとランディング。
下流の人がちょうどいたので、記念撮影をしてくれた。

イメージ 4

その後、こんなのとか追加し、結局この日は6匹ゲット。

イメージ 3

ちなみにバラシもいっぱい。
フックが伸びたもちらほら、、、最近巷で結構安めで売ってる、トレーラフック(赤いの)あれって、アメリカのイーグルクローって大衆フックブランド物を小分けして売ってるだけなんだよね。
あれの大袋、これはコスパ高そうって、買って帰ってきたのだが、、、伸びる。というか、掛かりをよくする形状と、ポイントに問題があるのか???
ようは、うまくいなせってことだよね。
ティペットが4号とか、ロッドが折れてもぜってい切れない強度なんで、7番ロッドをUの字にバットから曲げるほどテンションかけるのがいけないんだよね。

で、2日目
昨日に比べて、一挙に減水。
釣っている最中もさらに減水。
で、結局昨日より1m近く減ったような???
で、いい感じで岸よりにあった遡上ラインが、本来の流心になった様で、遡上する魚が見えなくなった。
そんでも、とりあえず浅場(入った場所が浅場だったんで、、、)を上ってくるのを出合い頭に捕まえるように、キャスト、送り込み、ターン、スイングをくりかえして、減水する中で、なんとか4匹。
今日は、なぜか釣れるのはオスばかり。
なんか、この日は前日沢山釣れた余裕か、写真なんか取らなくてもいいやモードで、魚の写真は無しです。
で、2匹はキープして、キャッチ&イートとしました。

今回、やっぱり、不用意なたち込みで浅場の遡上コースをふさぐのは良くないのできたのは実践的経験でした。
ひざ下のたち込みで、1m以下の水深をしっかり狙って十分釣になる。
水量と状況で、逆にこういう方が釣れることも確認でき、そのシステムもなんとなく判明。
これが一番の収穫かな。

まあ、もちろん、なんと2んちで10匹という釣果、バラシを入れるというにその倍は掛けれあという幸運が一番の収穫(思い出?)かな。

閉じる コメント(2)

スカッチです。
新潟良かったですね!
なんにしてもそれだけ鮭をいっぱい釣れるのは羨ましいです。
鬼怒川では私もフライで頑張ってみます。

2018/11/5(月) 午後 0:07 [ cfg**226 ] 返信する

顔アイコン

スカッチさんどうもです。
今回は本当に当たりでした。
天気(雨のタイミング)と場所に偶然恵まれたおかげです。
あとは、3連敗中の鬼怒川でリベンジするのみです。

2018/11/6(火) 午前 7:32 [ ffman-naka ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事