日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全139ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

このマグカップ、東急ハンズで旅立ちましたー。

イメージ 1

たくさんの人が手に取って、でも安くないからかなかなか売れなくて、

結局欧米の女性が買っていきました。

反応がなかなか良かったのでこの柄を定番にして、

皿や碗なども作りたいと思います。

よかった〜。



今回の東急ハンズ新宿店での販売はスペースが狭くて、

置ける作品数がかなり限られています。

だから友達や知り合いにはほとんど案内しませんでした。





毎朝だいたい6:48渋沢駅発の急行新宿行きに乗りますが、

新宿に着くのが早すぎるので、

今日は相模大野で各駅停車新宿行きに乗り換えました。

のんびりと本や雑誌を読んだり、タブレットをいじったりしてます。

今8:15で代々木上原駅を通過。

これでも早すぎるなぁ。


この記事に

開く コメント(0)

東急ハンズ5日目

小田急線急行新宿行きの電車に乗ってます。

今新百合ヶ丘駅を通過。




東急ハンズ新宿店は外国人の来店が多く、

昨日はシンガポール、台湾、オーストラリアからの方々が

僕の焼き物を気に入って下さいました。

特にシンガポールの方は日本語が上手でお話がとても楽しかったです。





人気は小皿ですね〜。

イメージ 1




今日は雨が降らないといいなぁ。



この記事に

開く コメント(0)

ラーメン食べたよ〜

新宿の東急ハンズで展示販売しております。

館内はクーラーが効いていて涼しく快適で、

外に出るのは早朝と夜だけなので、

猛暑を感じることはハンズでの展示を終えるまでなさそうです。

そしてハンズの次は清里。

猛暑を回避するうまいプランです〜。




さて、昨夜は帰宅途中にあまりにお腹が空いたので

最寄り駅の渋沢駅前にある阿闍梨というラーメン屋に入りました。

5月からずっと油ものを控え、

夜は炭水化物を取らずに大豆を食べるというストイックな生活を続けていたので、

「たまにはいいか。ときどき解禁日を作るのも健康な毎日をおくるコツだ。」と、

最もらしい理由を瞬時に作って、

気がついたらラーメンの券売機にお金を入れていました。


イメージ 1

油がかなり少なかった。

スープに浮いている油がほとんどありませんでした。

でもダシがとても効いていてコッテリ感がある。

新鮮な味で美味しいラーメンでした。




ラーメンにヘルシーさを求める人はほとんどいないと思います。

ラーメン屋に入ったときはそれなりにジャンクフードを食べる覚悟を

誰もが持っているでしょう。

だから阿闍梨のラーメンに油が少ないことに別に嬉しさを感じませんでしたし、

むしろそのことに食べ終わるころに気づいたくらいでした。

店内には「ヘルシー」なんてうたい文句は書かれてなく、

きっと店主はダシの味を楽しむためにあえて油を控えたのではないかな。

とにかく好印象。

ダシが強いとこんなに美味しくなるのだ。

塩ラーメンもあるようなので食べてみたいです。




マグドナルドがヘルシーなメニューをときどき出してよく失敗すると、

経済評論家の森永卓郎氏が言ってました。

「マクドナルドに行く人はヘルシーさを期待していない。

誰もがたまに思い切りジャンクになりたくなるのだ。

そんなときにマクドナルドに行くのだ。」と。




なるほど。

やっぱり阿闍梨は少し油を入れてもいいんじゃないかな?




この記事に

開く コメント(0)

社員食堂

新宿からの帰りの電車の中です。

今日もお客さまとの出会いがありました。

熱心に見てくださって感謝してます。



ときどき社員食堂で休憩しますが、

東急ハンズ新宿店の社員食堂からはJR線を見下ろせて、

その向こうにはエディバウアの大きな看板が見えます。

JR線と看板の間に低いビルがあり、

その屋上は一面野菜の畑になっています。



休憩していてふと思いつきました。

スーパーやコンビニなどで、

有名企業の社員食堂の一番の人気メニューが

レトルトとして売られていたらいいのに。

「東急ハンズ新宿店で一番人気のチキン竜田」

なんていうのがあったら僕なら絶対買うと思う。

もちろん美味しくなければ二度と買わないけど。

企業の社員食堂ってみんな興味あるんじゃないかなぁ。



この記事に

開く コメント(0)

ハンズ二日目

東急ハンズ新宿店での販売が昨日からスタートしました。

クラフトフェアでもなく陶器市でもなく百貨店でもない、

僕にとっては全く新しい場所での販売です。

しかも新宿での仕事も初めです。



外国からのお客さんがかなり多いのに驚きました。

アジアや欧米など、様々な国の方々が来店されています。

旅行者が中心のようですが、日本在住者も多く来ているようです。

ハンズのような店舗って外国にはないかも。

たぶん新鮮なんだろうなぁ。



僕が子供のころにJR町田駅となりに東急ハンズができたとき、

「いったい何の店なんだろう?」

と不思議に思いました。

あれはいくつのころだったかなぁ。




ホームセンターができたのははっきり覚えています。

小学校三年生のとき、近所に後楽園ホームセンターというのができて、

仮面ライダーが来ました。

だから僕にはどのホームセンターに行っても、

仮面ライダーが思い出されるのです。



コンビニができたのは高校一年生のとき。

母校の成瀬高校の横にセブンイレブンができました。

スーパーで買い物をするような気合いがいらないのが魅力で、

高校生がよく利用していました。



新しい分野の店舗って、初めるときはかなりの勇気がいると思う。

セブンイレブンは当時はアメリカの外資で、

現地で実績があったから日本での勝算はあったでしょう。

それに比べてハンズはかなり賭けだったのではないかな。





外国人の来店が多いのに商品の構成がぶれずに、

ハンズらしさを貫いているところがすごいと思う。

たぶん既存のハンズそのものが外国人に受けているから、

あえて変わる必要がないのか、

それとも僕に見えないだけて、ハンズも悪戦苦闘しているのか。




いつか外国人来店者がぱったりと消えたらどうなるのだろう。

このことはハンズだけでなく、都市圏の店舗はどこも意識しているのだろうなぁ。

円高になったらどうなるのか。

かつて住友銀行かどこだったかが他行と合併をするときに、

経営者が

「浮き利に走るなという社訓を忘れてました」

とコメントしたらしい。

僕の焼き物も含めて、外国人が購入してくれるのって

やっぱりこれも物を販売する人や店舗にとっては浮き利だと思う

なんだか綱渡りをしているようで、

いつか円高っていうハサミで綱をちょきんと切られそうでひやひやする。



「浮き利」

これについてはまたいつか〜。



この記事に

開く コメント(0)

全139ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事