ここから本文です

書庫全体表示


エミリー・ブラント主演のメリー・ポピンズを見ました。


ずっと前、
子どものころにも見たメリー・ポピンズ

歌あり、ダンスあり、冒険?あり、
楽しいお話で大好きでした。

でも、
メリー・ポピンズはなぜあんなにたんたんとしているんだろう...

もっとギュッてしたり、なでなでしたらいいのになあ なんて、
洋ものなのにスキンシップの少ないことが不思議でもありました。


今回見て、


そうだったのか...


メリー・ポピンズのおかげ、
助けてもらうではなく、


自分で考え、

みずから行動する

を教えてくれていたんですね

たんたんと



歌にもなっていた言葉

無くしたものは、無くなったのではなく
ある場所にあって、また会うのを待っている


なるほど


メリー・ポピンズは子どもたちだけではなく、
かつて子どもだった大人たちにも会いに来てくれたんだなあと、
懐かしく胸が熱くなってしまいました。



たんたんと

って言葉が好きになるとともに、


最近、やたらと断捨離していた手が止まってしまいました。


片付けもしないとなんですけどね、、


ちょっとだけ、

なんだこれ!?ってのもとっておいて、
空想でもしようかなあ

たんたんと、、





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事