『ウグイスの会』のブログ

『ウグイスの会』として復興地を応援していきます!

全体表示

[ リスト ]

【目的】
生活保護法第1条に目的が記されています。
「この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする」

日本国憲法第25条とは
「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

※憲法25条の生存権の保障を具現化しようとするものが生活保護法です。
 生活保護法は最低生活の保障と同時に自立の助長も積極的に図っていくことも目的としています。


【基本原理】
1 国家責任による最低生活保障の原理(国家責任の原理)
  生活に困窮する国民の最低生活保障を国がその責任において行うことを規定しています。

2 無差別平等の原理
  生活困窮者の信条、性別、社会的身分等により優先的または差別的な取り扱いを否定しています。
  また、生活困窮に陥った原因による差別を否定しています。

3 健康で文化的な最低生活保障の原理(最低生活の原理)
  最低生活の保障とは、健康で文化的な生活水準を維持することとしています。

4 保護の補足性の原理
  民法に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に
  優先して行われるものとしています。
  保護に必要な費用が国民の税によって賄われていることから、保護を受けるためには各自が
  そのもてる能力に応じて最善の努力をすることが先決であるとしています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

基本原理と別記事にする原則は覚えておきましょう!
ちなみに原則も4つで
1 申請保護の原則
2 基準及び程度の原則
3 必要即応の原則
4 世帯単位の原則  です。

※DARA様の 生活保護に関する記事をトラックバックしています。
 併せてご覧ください。

この記事に

閉じる コメント(2)

ウグイスさん。 自分も少しばかりですが、生活保護に関してはいろいろ調べました。 この記事、上手くまとめられていてとてもわかりやすいです。
解りやすい記事をありがとうございます。
訪問、納得傑作凸 ポチッ

2009/11/30(月) 午前 0:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

また助さん ありがとうございます。
生活保護(扶助)と社会保障との違いは100パー国民の税金が原資であること。
それだけに交付の判断が慎重に扱われます。

2009/11/30(月) 午前 7:40 ウグイスの会 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事