米が無ければ羊羹を食べればいいじゃない!

迷ったらミックスグリル というブログをかつて・・・・

久しぶりに描いてみた

描いてみた。
阿修羅
イメージ 3

弥勒菩薩
イメージ 2
空也上人
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ジャガー化

猫背である。
 
猫背とは言い得て素晴らしい言葉ですな。背中が猫みたいに丸まっているからと。
 
ん? 日本においては猫が身近であることから分かるが他の国ではどうなんだろう?
 
中国やインドのアジア圏では「虎背」? アメリカや南米では「ジャガー背」? 「ピューマ背」?
 
アフリカでは「チーター背」、「ライオン背」あたりだろうか?
 
もしかしたら他国では猫から離れた感覚なのだろうと思う。 アルマジロであったり、ダチョウだって、サイだって・・・・
 
プレーリードックだって猫背さ。 っていうか4本足の動物ってだいたい猫背じゃ・・・・・
 
あ、メキシコではチュパカブラ背っていうのかな? チュパ背。 二足歩行だけれども。
 
最近、私の背中の猫がジャガー化しております。 忙しさから体がバッキバキになり姿勢が崩れております。
 
そして整骨院で施される猫背に効くツボへの施術がとっても痛い(泣)
 
 
 

この記事に

開く コメント(6)

和解

海苔ってすばらしい! 
おにぎりならいくらでも食べられる気がするし、岩海苔の味噌汁なんてエキサイティング! 軍艦巻、巻き寿司・・・
あぁ素晴らしい! 
 
だが、「お前のそういうところが嫌いなんだよっ!!!」 とカップルの喧嘩で出てきそうなセリフが当てはまる海苔がおります。
 
ラーメンに入っている海苔がダメなんです。あのフヤケ加減。
パリッとしている状態ですぐに口に運んでしまいます。
ラーメンと海苔って合わないです・・・・・ と思っておりました。
 
歳を重ねる度に海苔と対話をし、和解することにしました。 最近思います。ラーメンに海苔も悪くないんじゃないかと。
 
まだ、わだかまりは完全に解けてませんが、今度ラーメン海苔と出会った際には笑顔でありたい。
 

この記事に

開く コメント(4)

金か名声か?

兎と亀。 
こつこつと努力をしていれば必ず報われる。または油断すると足元救われる。
亀の努力の素晴らしさとウサギの油断を諌める物語として伝えられる。
何故亀は兎に勝負を挑むのか? 勝てる要素がなければ挑まないはず。
Wikiをみれば家族で兎を騙すとの話もあるが、何故なんでしょう? かなりの謀略を巡らせねば勝てぬ勝負、得る成果物は何だろうと興味がわく。
兎に勝つことで得られるのは名声? 後に得るだろう亀の利とはなんなんだろう? イソップさんの裏テーマはなんなんだろうとふと思う。もしや亀はどこぞかのブックメーカーと勝負をしており、兎を謀る事で巨万の富を得たのでは?  または、兎もグルなのでは? 八百長と疑われない為には兎と亀は共謀せねばならぬ、兎と亀はブックを作っていた? ノロマだと罵られたぐらいで挑む勝負ではなかろう・・・・

この物語のテーマって・・・・
①亀の努力を称え兎の油断を諌める
②兎に居眠りをさせる亀の智謀・計略は素晴らしい。
③兎はカモである。
④利を得る為には欺くことが肝要。
⑤この勝負に敗者はいない(二者とも利を得る)

どうなんだろうね。

・・・と散々話題に挙がっているであろう事をふと思った。

この記事に

開く コメント(2)

病み夢日記

私は会社関係で犯罪を犯したらしい。詳細はわからない。メーカー社員と二人で逃亡生活も疲れ始まりの地?に戻る。其処は産地直送居酒屋みたいなバラックな食堂。その食堂で全てが始まったらしい。注文をし、水を飲んだ時に刑事に肩をたたかれる。悟るわたし。温情で注文した定食を食べ終わるまで待って貰った。お米が甘くて美味い。 小型ボートで移送時大きな橋の下をくぐる。あぁ、もう戻れないんだなと。ローンどうしよう、車どうしよう、刑期終えての生活どうしよう、あ、親に言ってねぇや。 夢から覚めたベッドの中、犯罪者なのか自問自答。ってか何をやったかわからんw


病み病みなのかしらf^_^;)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事