ここから本文です
かごんまいろいろ
ありがとう平成、よろしく令和。ブログの引っ越し先を探さなきゃ。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

※炎上狙いではありません(汗)

わかってるんです。ええ、わかっているんですよ。
「モスバーガーと言えばモスバーガーだろ」という熱い叱咤がタイプ中にも聞こえております。

でも私には結局焼肉ライスバーガーなんです。

イメージ 1
久々にモスバーガーで打ち合わせだったのでそれぞれにバーガーを注文するわけですが、私は【焼肉ライスバーガーのポテトSセット】が多いです。腹の都合でモスチキンやホットドッグを追加したりしますが、普通に1000円を超えてくるおそろしセットに化けてしまうので、そこそこのところで自分を納得させます。というか上記のセットだけでも900円近く取られるんですよね・・

入った会社がかーーーーなりの田舎だったので、当時住んでいた町で
仕事が遅くなったときに先輩達となにか食べようとすると隣町のコンビニまで行くか、車をもっと走らせて隣の市のファミレスなどに行くしか無かった訳です。一番仕事上がりの外食をこじらせたときは鹿屋市の仏跳麵まで敢えて海岸線経由で向かってましたね。今となってはいい思い出ですが、その数多のチョイスの中にモスバーガーも入っていました。

【夜のファストフード】という背徳感あふれる魅惑のワードについつい行ってしまうんですよね。そのときにほぼ毎回頼んでいたのが焼肉ライスバーガーなのです。←前置きが長い

作りたて感があるので肉もジューシーだし、そのジューシーな汁を全てライスがもれなく受け止めてくれて

「買ったカロリーは全て吸収する」

という命題もカバーしつつしっかり美味いという完璧なバーガー、それが焼肉ライスバーガーなのです。
・・まあ改めて見ると『ただのモバイル牛丼だろ』だとか『なら吉野家で食えよ』という気がしないでも無いのですが、モスバーガーのあのゆったりした寛いだ雰囲気込みの価格ですから。

今回は焼肉ライスバーガー愛を語りましたが、次回はマックのフライドポテト愛でも語りましょうかね←残念トーク

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事