庭はキャンバス!バラで彩る憩いのシークレットガーデン

ガーデニング歴45年、化粧品カウンセラー25年、油彩も人気の超お忙し氏のブログです!
秋はどこんち(家)も花はないですね、とくに天候不順だから我が家も美しい秋バラが咲き誇ってるとはいえない。
そんな中今一番はやはり真ん中の花咲か爺さんの咲かした「サンパラソルジャイアント」です。
イメージ 1
今朝の庭 
イメージ 2
花壇の花は手前からラムズイヤー、ペチュニア、花でまり、白い葉は?忘れた
白樺の木の上は前回アップのサンパラソル
イメージ 3
秋の花ですね、アメジストセージ・霜が降りるまで咲いてくれます。1輪のバラはレオナルドダビンチ
イメージ 4
ジャルダンドゥフランス
春と違って肥料不足ののような咲き方
イメージ 5
今日も「うらら」は良く咲いてます
イメージ 6
ストロベリーアイスも負けじとより美しく彩ります
イメージ 7
今日一はこの「サンセットグロウ」テラスの屋根の端に輝いていました
色もより濃くつぼみも美しいのでブログにアップする気になりました
イメージ 8
オヤッ・・?白いエキナセア、我が家には買ったことないから無いはず・・?
こぼれ種から芽が出て咲いたようでこんなこともあるんですね、ピンクの種しかないのにね。
イメージ 9
1年中変わらずに見られる玄関横の風景
西部劇の幌馬車を連想させるコーナーです
イメージ 10
玄関前のアプローチに咲かせた巨大輪ダリヤ
もう何年も育てている最も鮮やかな品種「宙」(そら)
「宇宙」も朱赤で目立ったがこの宙のほうが鮮やかです
以上今日の庭の花をアップしてみました、今の花はさみしいけど
来春のバラの世界を夢見て頑張りましょう!

この記事に

開く コメント(0)

雨が多かったので草に覆われた我がシークレットガーデンも、草を取るのも一段落
やっと美しい秋バラを楽しんでおります。
秋原を9月に一斉に剪定して10〜11月ごろに開花させる方法は
私はやらないです、咲いてる花まで切ってしまうのはもったいないのもありますけど
その方法は専門のローズガーデン向きだと思っています。
個人の庭には秋は5~6月のように見物客は来ませんから自分で楽しむようにします。
だから咲き終わったら切り戻すだけで庭のあちこちにバラが咲いてくれて楽しめます。
花瓶に挿す1輪挿しも素敵です!
涼しい秋が早く訪れて色も香りも素敵に咲き始めました。
イメージ 1
ブルーフォーユー
グラデーションが素敵です!
イメージ 2
「バフビューテイ」、作出から78年まさにオールドローズ、まだ人気あるそうです
イメージ 3
「ソンブレイユ」新苗で見つけた大型ツルバラ、
花も変わっていて良く咲き良く伸び丈夫、いいばらだけど他所で見かけたことがない。
イメージ 11
「ストロベリーアイス」いい色ですし次々咲いてくれます
となりにプリンセスドゥモナコがあり、枯れてしまったけどこれも良かった。
イメージ 4
「バレリーナ」シュートに咲いた花束です
それにしても白いアーチには「ローゼンドルフシュパリースホップ」だが今年はダメだった、
5年たってもこのアーチに花が溢れないのは素人の証拠
イメージ 5
「ビブレバカンス」いい色だけどやはり咲き始めがきれいですね!
イメージ 6
秋にはほんとにいい色の「ブルーパルフュメ」
名前どおりいい香りの青バラ
イメージ 7
基本的なばらの美しい形がすてきな「シャルルドゴール」
育てるのが難しいのか枯れそう
イメージ 8
こちらは育てやすい青バラ「ローズシネルジック}つぼみがいっぱいです。
イメージ 9
{うらら}次々繰り返し咲きます、1本は植えておきたいばらです
イメージ 10
「ロココ」あまり咲かないけど、秋はピンクが濃くてきれいです。
イメージ 12
「ラベンダーラッシー」いい香りが強いです、春は薄い色ですが今はどうみてもピンクです。
シュートが咲いたものです、春は花で溢れ良く伸びます。
今日は以上、咲き始めた秋ばらをややアップして美しく撮ってみました。

この記事に

開く コメント(0)

ブログをまたサボっていました、すみません!
絵を描いていると時間はいくらあっても足りません、そして優先は庭の手入れですが日照りの春から
雨続きの夏、皆さんも同じで庭の草すごかったでしょう。
ここ二日の雨と今日の暑さ、台風のおかげでブログをアップできます。
秋バラの季節
でも今は花類がいちばん少ない季節
でもマイガーデンにはすごく目立つ花が咲いています。
庭に入らないと見えないマイガーデンに今年は外部から見えるので目立ってます!
イメージ 1
道路から撮ってみました、バラではありませんが背が高いからピンクが目立ってます
手前左は今朝の暴風雨で倒されたコスモス
イメージ 2
アップしました、「サンパラソル」です
ピンクの中に赤が少し〜これは今年の苗です。
5月ごろ出る苗だと伸びないからこの程度ですがピンクのほうは三年ものです。
寒さに弱いのをマイナスにならないところで冬越しさせました、だから
春先からぐんぐん伸びて花もずっと咲いてます。
イメージ 3
中央花壇です、花はツルで白樺の枯れ木にからまり木に花が咲いてるようで
花の無い時に枯れ木に花がいっぱい
まさに「花咲かじじい」になった気分です。
イメージ 4
台風が去った今朝の朝日に浮かぶ「サンパラソル」部屋の中からも目立ちます
窓辺のバラは「ストロベリーアイス」の一枝です。

あまりにも好評なので来年もぜひと思ってます
白樺の枯れ木はもう1年くらいは使えると思います。
皆さんもお試しください「サンパラソルジャイアント」の2年もの以上
ツルを切って鉢植えにして室内で冬越しを・・!

この記事に

開く コメント(0)

7月16日の朝倉市の小城さんの新聞記事、ヘリで3日ぶりに救出されたニュースのその後
小城さんの友人のMさんから朝倉市の小城さんを訪ねた災害報告の写真と手紙がとどきました。


イメージ 1

みんなに好かれている小城さんのためにと、Mさんは仲間に呼びかけて近くの友人と二人で
30人以上のカンパを集めて小城さんに届けるのと生で現地を見て、手伝いを兼ねて朝倉を訪ね
その報告を写真と共に10枚もの便せんに書いて送ってくれました。
イメージ 6
テレビでもおなじみのシーンが展開、避難所の小学校で長靴に履き替え注意を聞いてから
小城さんとともに家のあった現地に向かいましたが、まるで原野を歩いているようだったとか。

イメージ 2
ありました!モダンな家、2階だけ残って1階は土砂がさらって行って軽トラもいまだ見つからないまま
ほかの小屋もなくなっています。下の土砂の山は、自衛隊が行方不明のひとの捜索で
積み上げたんだそうです。

イメージ 3

近くで見るとすごく壊れていますね、
全壊の災害認定になったそうです。

イメージ 4
家の中です。玄関もゆがんでしまってます。
ヘリコプターに「水」と書いて知らせた紙が残っていました、2階はそのまま残っていて
帰りにはパソコンデスクなど運んで帰ります。
イメージ 5
みんな山のボッカのような格好で道なき道を小学校までもどり、車に積んで
小城さんの借りた古い新居(?)に運んだ汗だくの1日のの報告が届いたのです。

とにかくまだ道路がなくてやっと高速道路が開通したようですが復興には大分時間がかかりそうだし
これからの生活をどうするかは決まってない方も多いようです。
北九州から朝倉への高速道路の両側は対照的で
右は緑いっぱい、左は土砂くずれの山や丸太と土砂の平野の景色と書いてあったのが印象的です。
助かった小城さんですが、賢い方なのでテキパキと先を読み手続きを進め
畳も手に入れ工事やさんも手配し古い空き家を契約して住んでいます。
その後畳も工事屋さんもいつ来てくれるかワカラナイ状態のようです。

今バラの挿し木を育てながら、小城さんとまた「花便り」の交換ができる日を楽しみに
また古い新居(?)にバラを植える気になったらバラ苗を送れるよう育てておこうと思っております。
被災地の皆さん!どうか天候不順ですからお身体大切に頑張ってください。

この記事に

開く コメント(0)

昨日からの雨、大分降って今日のガーデニング作業は出来そうもない。
ガーデンの中に植えて楽しむのは美しい花々のほかにはじょめて見る花を植えると咲くまでは楽しい!
今年見つけた一つ「アロハリリー」。球根だったから芽を出すのも咲くのも遅かった。
イメージ 1
どんなのが咲くかと思ったら、コリャ〜”パイナップル”だと言っても10センチだけど。
色も無いようなもの、面白い形でパイナップルをまねしたようですね〜!
「パイナップルリリー」のほうがピッタリの花だ、7月20日撮影、このあと
イメージ 2
昨日29日撮影
花が咲いた、両側に可愛い子も生まれた。
葉も含めて20センチくらいの目立たないけどちょっと面白い熱帯からのお客様です!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事