徒歩歩き ,東へ西へ一人旅

立ち寄りありがとうございます。日々の記録です。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全633ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

タンカー攻撃、

  ポンペオ米国務長官は13日、中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社のタンカーなど船舶2隻が攻撃を受けた事件について「イランに責任がある」と述べ、米政府としてイランが事件に関与したことを明らかにした。使われた武器、攻撃の技術レベルが高いことなどを理由に挙げたが、具体的な根拠は示さなかった。一方でイランは関与を否定しており、米国・イラン関係の緊張がさらに高まるのは必至だ。−−−−毎日、14日、夕刊、1面ーーーー
  ホルムズ海峡は中東の石油について、日本国にとっては非常に大切な所。この地域を安全に航行できないとしたら大問題である。米国・イランが絡んでいるのかどうか知らないが、日本の国旗を掲げていて攻撃されたとしたら、今まで日本政府は中東に何を根拠にして援助など繰り返してきたのか。嘘つき晋三のやることは何から何まで間の抜けた行動だろう。   

開く コメント(0)

老後2000万円、

イメージ 1  夫婦の老後資金に関し、金融庁の金融審議会の市場ワーキンググループ(WG)報告書に盛り込まれた「30年間で約2000万円が必要」とする資産の根拠は、厚生労働省が示したものだった。同じデーターは2月に同省の審議会でも提示。麻生太郎副総理兼金融担当相は「政府の政策スタンスと異なっている」として報告書の受理を拒否したが、実際には従来の政府の考え方を踏襲したもので、麻生氏の説明との矛盾が浮き彫りになった。−−−−毎日、13日、朝刊、1面−−
  選挙に都合の悪いものはみな誤魔化してしまへが今の自民党。国会って何のためにあるのかわからなくなったというより、必要なのかどうか考えてしまう。嘘つき晋三はじめ、各大臣たちの嘘誤魔化し、それに輪をかけて出鱈目を行っている代議士、役人ども。国民の年金、将来の生活のもとである資金をいかに減らし年寄りに自助努力をさせる気か。100年安心なんて真っ赤なウソ。嘘つき晋三などに任せてはおられない。  

開く コメント(0)

イラン訪問、

イメージ 1  安倍晋三首相は12〜14日にイランを現職首相として41年ぶりに訪問し、最高指導者のハメネイ師やろう派に大統領と会談する。米国がイラン核合意を離脱した昨年5月以降、「旧西側」の首脳が国政トップのハメネイ師と会うのは初めて。日本の首相が合うのも初めてとなる。米国とイランの対立が激化する中、首相は双方との輸項関係を生かし、緊張緩和を働きかける。両国の対話を「仲介」できるかが焦点となる。−−−−毎日、12日、朝刊、3面ーーーー
  トランプの使いぱっしり、嘘つき晋三はイランにいっているらしい。イランとアメリカの中を取り持てると買って出たらしいが、力のない嘘つき晋三に果たしてできるのかと思う。大恥かいて帰って来るのが関の山か。嘘つき晋三に出来ることは国内で有権者相手に誤魔化しと出鱈目を言っていることだけではなかろうか。
  ところで海外旅行でイランに行ったことがある。生き帰りの航空機の中でイラン人と日本語で話をしたことが思い出される。日本の埼玉県に住居を構えていて家族もいると話していた。何を話したかは今では覚えていないが、日本大すきの印象が残っている。  

開く コメント(0)

2000万円試算、

 イメージ 1 安倍晋三首相は10日の参院決算委員会で、夫婦の老後資金として「95歳まで生きるには約2000万円が必要」とした金融庁の試算について、「不正確で、誤解を与える表現だったり」と釈明した。首相と全閣僚がが出席する本格的な国会論戦は、4月4日の同委員会以来約2か月ぶり。夏の参院選が近づく中、立憲民主党など野党は年金問題の争点化を狙って追及し、年金制度の持続性を強調した首相と激しい応酬となった。−−−−毎日、11日、朝刊、2面ーーーー
  国会討論を久しぶりに見てみた。嘘つき晋三と麻生の奴が弁明に躍起になっている姿が目立った印象だった。嘘つき晋三は野党側の質問を例ごとくはぐらかしかけ、聞かれもしない年金制度など質問時間を削としか思えない誤魔化しばかりであった。年金、酷いものである。いつの間にか何だかんだと削られ支給は減らされている。さらに努力して2000万円ためろとは、死んでしまえと変わらない言葉ではなかろうか。  

開く コメント(0)

サッカー、

イメージ 1  男子のサッカーが行われ、いつもの日本代表がピッチに立つ試合をしていた。相変わらずの得点不足、物足りなさは言うまでもない。監督が過去の有名人にこだわらず、新しい人材で試合に臨んだことは一つの進歩か。特に最近売り出し中の久保健選手、ドリブルで相手陣内に切り込み、シュートを放つのは見事というほかない。残念ながら得点にはならなかったが今後に大きな楽しみを残してくれた。ただ願うことは過去の有名人召集しないでほしい。どうせ試合に出さないのだから。
  女子の試合も夜中に行われた。いつもの調子を崩し得点にはならなかったが、日本女子の何時もの戦いぶりがみられた。全体的に若返り今後が大いに楽しみである。次の試合では得点3を上げ、予選リーグを突破してほしいものだ。  
 

開く コメント(0)

全633ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事