徳島県の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

緊張感=真摯な心


 空手を習得するにおいて、稽古に緊張感が持てない人は上達の見込みは無いと思います。

 普段の稽古への緊張感を高めるため、稽古する技が実際に使えるか、効くか、が分かる組手試合を経験することは有効な手段です。

 しかし試合に出なくても、稽古への緊張感は高められます。

 それは稽古に真摯であること。

 指導されたとおりに稽古出来ているかどうかを自分で省みることが出来れば、稽古への真摯な姿勢は自然と身につくものです。

 緊張感が真摯な姿勢となる。

 少年部クラスではこういった意識が希薄な道場生が散見されるのが現状ですが、緊張感=真摯な心を徹底していくのが子どもが空手を習う意義の一つになると思います。

イメージ 1

 昨日の鴨島道場の稽古では緊張感を持たせるために一工夫しましたが、指導に工夫を重ねて緊張感を高めて行きたいと思います。

イメージ 2
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


.


みんなの更新記事