徳島県の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

強い突き…、肘から先を走らせる。


 先日、サンドバッグを打ってる道場生に「肘から先を走らすように打て」と指導。

 肘を引いて突きのタメを作らない、またはタメを抑制する打法ですが、初速が速まり体重の乗せれれば威力のある突きが打てます。

 サンドバッグを打ってる道場生も威力が増していましたが、先日、スロー映像を見たゴロフキンのストレートも「肘から先を走らす」ようなパンチを打っていました。

イメージ 1

 一般的に指導される打法でありませんが、ゴロフキンに限らず突き・パンチの強い・上手い人は肘のタメの無い、もしくは少ないノーモーションの打法がよく見られます。

 先日の全関西大会、延長マスト判定で2-3等の僅差判定で敗退する道場生が複数いました。

 僅差に持ち込まない、一本、技あり、確実な差を付けての判定、一頭地抜けて出た組手力底上げの必要性を感じましたが、一頭地の底上げにはノーモーション打法による突きの強化を計りたいかと。

 昨日の居残り稽古でふとっ思い立ち少し指導しましたが、皆さんうまく順応できていました。

 一般的でないということは理解されにくい面があるがゆえですが、そこは粘り強く指導を。

 昨日のブログでも書きましたが、試合を巡っては選手・指導者・その周囲と色んな人の感情が錯綜します。

 錯綜に調和をもたらさねば、試合を巡る関係性は破綻するよう思います。
 
 調和の一つの手段としては、一頭地抜けて出た競技力(組手力)を養うこと。
 
 あらゆる世代の競技力が高まっている現在のフルコンタクト空手にあって、一頭地抜け出ることは困難極まることですが、視点を高みに据えることに怯まず、そして視点を既成概念に囚われずに歩んでいきたいと思います。

イメージ 2
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

.


みんなの更新記事