徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

全体表示

[ リスト ]

後屈立ち手刀受け。


 移動稽古、型稽古で行う後屈立ち手刀受け。

イメージ 1

 道場生に指導する時は、よく「構えに隙を作らないように」と指導します。

 古流空手の構えには、わざと隙を作り、そこを相手に狙わせてカウンターなり返し技を行う方法があると学んだことがあります。

 私も実際のスパーリングの中で上段のガードを甘くし、相手の上段攻撃を誘発させる感覚でスパーをする時があり、上記の方法を知った時はとても納得の行く思いでした。

 また上記とは逆に組手で隙を作らないように構えて間合いを詰めていけば相手は打つは場所に困り、それだけで相手に対してのプレッシャーになります。

 相手がプレッシャーに焦れて攻撃を仕掛けてくるところにカウンターなり返し技を行う、焦れて仕掛けてくるものだから攻撃が雑なことが多く、こちらの技がよく決まることがあります。

 これもスパーで掴んだ感覚です。

 後屈立ち手刀受けは、隙のない構えを整えるのに最適な稽古と個人的に思います。

 空手は構えに限らず全てのことに意味合いがあるものですが、その意味合いを実際のスパーリングで使うことは面白いものです。

 空手の意味合いからなる面白さを研究し、それを道場生に指導できればと思います。

イメージ 2
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願い致します。

この記事に


.


みんなの更新記事