徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

全体表示

[ リスト ]

意識→自律・自立。


 道場生には、よく「意識する」ことを指導します。

イメージ 1

 具体的なところでは、相手との距離への意識、手数・足数の意識、足幅(スタンス)の意識など。

 また抽象的には、道場でのスパーリングでの勝利よりも試合での勝利を目指すこと、などなどです。

 道場生、特に少年部道場生には、年齢的に〝意識〟を持たせることが難しく、時折、自己意識ではなく他者からの強制的な意識付けも必要かな、と思ったりします。

 しかし強制的な意識付けは破綻を招きやすく、昨今よく見聞きする指導者によるパワハラ、暴力などは強制的な意識付けが行き過ぎたものであり、また一流選手が引退後に社会常識に反するような事件を起こす要因は、強制的な意識付けから解放された時にたがが外れ、自分のセルフコントロールが出来ないためではないかと思ったりもします。

 〝意識〟その言葉の意味を改めて調べてみると「はっきりした自律的な心の働きがあること」と、その意味の一つにあります。

 となると強制的な意識付けは、自律をその意味合いに持つ〝意識〟とは対極にあるように思います。

 ただ、やはり子供まかせでは意識の覚醒が難しいのも現実かと。

 強制的な意識付けではなく、導きの意識付けとしての指導方法が必要であり、その方法を模索していきたいと思います。

 子供たちを自律、自立へと。


イメージ 2
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願い致します。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事