徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

全体表示

[ リスト ]

応援観戦。


 金曜日、カルチャーセンター徳島さんで開講している「やわらか空手」の2019春夏コースがスタート。

 今期は6名の方に受講していただいております。

イメージ 1

 空手を柔らかく稽古し、身体機能を高め、日常生活を健康に過ごしていただくことが「やわらか空手」のテーマ。

 色々と試行錯誤をしておりますが、今期よりミットは少し強めに打ってもらうようにと。

 ミットにもボールのように芯があり、芯を捉えて打つと軽い強度でもミットを持っている相手に打撃の重みが伝わります。

 その重みは体重の集約、移動ですが、体重のコントロールは空手の要訣であり、日常生活の動きの要諦でもあります。

 中高年世代の方にご参加いただいてる「やわらか空手」、受講生の皆さんにあった空手の稽古を考えて行きたいと思います。

 土曜日、各クラスとも春休み効果で盛況でした。

イメージ 2

 今週より春休みが終わり、新年度が本格的にスタートします。

 道場生の中には新しい環境となる人もいますが、それぞれのペースで稽古を頑張ってもらいたいかと。

 そして昨日の日曜日、親交のある総合格闘技Zジムさんの5名の選手が出場する高松市で行われたプロ修斗「FORCE11」を応援観戦。

イメージ 3

 フルコンタクト空手同様に非常に過酷なルールで競技するプロ修斗、そこには本物の闘いがあります。

 本物の闘いに果敢に挑む選手の皆さんの姿には、共感とともに感動を覚えました。
 
 また、スポーツを含めて色んな競技がある中で「人間と人間が削りあう、本物の闘いを展開する競技は残していかないと」強く思いました。

 削りあいの本物の闘いは、あまりにも非日常であり、そこに違を感じる人は多数いると思います。

イメージ 4

 しかし日常と非日常は一対であり、人間、非日常を嫌い、そこに向き合う気概を忘れてしまっては、社会としてダメになるように個人的に思います。

 昨日は失神KOや絞め落とされたりする選手もいましたが、リングに向かう姿は全選手の皆さんが素晴らしかったです。

イメージ 5

 有志道場生も観戦しておりましたが、昨日受けた感銘を日々の稽古にフィードバッグさせて欲しいと思います。

イメージ 6
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事