徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

全体表示

[ リスト ]

負荷シャドー。


 昨日の美馬道場居残りフィジカルクラス、最近思いつき自身が取り組んでいる練習を道場生にも。

イメージ 1

 手にダンベルを持ち、足にパワーアンクルまたはチューブを付けての負荷シャドー。

 二頭筋、三頭筋といった腕、大腿四頭筋といった足の筋肉を鍛えるよりも、体幹の安定、腰の据わりを整え、体幹群の筋肉を稼働・連動させることを目的としています。

 体幹の安定、腰の据わりが良くなければ、効果的な空手の実践的動作は出来ないように個人的に思います。

 負荷シャドーは手先、足先に負荷を掛けての突き蹴りを行うことによって、体幹が崩れないように、腰が浮かないようにとの意識がしやすくなります。

 意識を整えることをメインとするため、重さはそれほど重くなくて良く成長期の子供たちの成長を害するような負荷にはならないと思います。

 自身が練習してみた感想は体幹に良い感じに効いていますが、効果を得られるかどうかは意識にかかっています。

イメージ 2

 道場生には体幹が崩れないように、腰が浮かないように、突きではしっかり腕を伸ばし、振り、蹴りでは足を振り、引き足を取って行って欲しいと思います。

 ところで私が考えるフィジカルトレーニングはファンクショナルトレーニング(大概的意味としては機能を高めるトレーニング)よりのものが多いですが、高める機能はもちろん空手の動作です。

 この傾向でトレーニングの研究を進めて行きたいと思いますが、空手の機能動作を高めることは日常生活の機能も高めるものになるかと。

イメージ 3
プログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事