徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

全体表示

[ リスト ]


 土曜日(7/27)の鴨島道場。

 選手クラス1部、
イメージ 1

 少年部クラス、
イメージ 2

 選手クラス2部、
イメージ 3

 一般部クラス、
イメージ 4

 居残りクラス。
イメージ 5

 昨日の日曜日(7/28)は徳島錬成大会のトーナメント編成作業でした。

 朝の9時過ぎから夕方の4時過ぎまでと予想して以上に時間がかかりましたが、参加していただいた前川支部長、黒帯を中心とした西南支部の皆さん、ありがとうございました。

イメージ 6

 今年のトーナメント編成作業は時間短縮をはかり、例年よりはかなりの時間短縮となりましたが、来年は更なる時間短縮をはかりたいと思います。

 さて今週末はいよいよいドリームフェスティバル。

 参加道場生はベストを尽くすとともに、この度追記されたルールについての熟読・認識をお願いしたいと思います。

 この度のルール追記(新極真会HP参照)は、ルールが厳しくなった感がありますが、本来、試合に対して厳粛な気持ちがあるならば当然のことです。

 選手、そのサポーター達は試合に対して厳粛な気持ちを持って臨むべきです。

 厳粛な気持ちは試合に対しての様々な面に表れますが、例えば試合の申込書。

 例年の徳島錬成大会では申込書の記入欄への未記入、雑な記入がかなり散見されます。

 厳粛な気持ちで試合の申込みからのぞめば、未記入や雑な記入はしないはずです。

 申込書はそれを読むがいて、申込書をもとに試合が組まれます。

 読む人、試合編成のことを考えれば、未記入や雑な記入がNGとの察しはつくと思います。

 私は試合にのぞむ時、厳粛な気持ちで申込書を書いていました。

 また厳粛な気持ちで試合にのぞまないと、勝てないと思っていました。

 ドリームフェスティバルのように今後、オンライン申込みが新極真会の大会では増えていきますが、大会に向けての厳粛な気持ちが現れるのは申込書だけではありません。

 道場生の皆さんには、試合向けての厳粛な気持ちがいかなるものか、今一度、考えて欲しいと思います。

イメージ 7
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事