徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


 昨日の美馬道場、先週の4名の体験者が入会されました。

イメージ 2

 新入会者の迎え「頑張って指導していかねば」と思うところですが、指導は道場生の空手に対する真摯なニーズに沿って然るべきと思います。

 道場生の多くが少年部である現状、そのニーズは保護者様の稽古に対する希望に反映されるものです。

 入会時に提出してもらう入門誓約書の稽古への希望についての記入欄には、保護者様による「礼儀を身に付けて欲しい」といったことが一番多く見られます。

 礼は空手の根幹の一つであり、特に少年部道場生には留意して指導するものですが、私は礼が礼の仕方、礼法のみに終わらないよう心掛けています。

 私は礼とは、より良い人間関係を構築するための、人との調和が核としてあるべきと思っています。

 人との調和のためには人の心を読み取る、人の気持ちが分かる心根を持たねばなりません。

 そういった心根は、人への観察眼を豊かにすることで培養されるものと思います。

 人への観察眼…。

 心の観察眼といったことは抽象的であり曖昧な面がありますが、人の動きに対する観察眼を養うことは具体性を帯びるものと思います。

 人の動きをよく見て学ぶ、その動きは自身の動きに反映され、反映される分がその人の観察眼と言えます。

 私は人の動きへの観察眼は、それを重ねていけば、人の心への観察眼も備わってくるものと思います。

 動きの観察眼から心の観察眼へと。

 その流れが、礼を礼法のみとせず、人の心を核とする心情にとの、私の指導手段です。

 私は指導中によく「先生や先輩の動きを真似て」と言いますが、その言葉には観察眼を養うことも意味として含めています。

 さて明後日、4/14日曜日は北東あわじ支部さんとの合同稽古です。

 詳細は以下の通り。

 場所…県立中央武道館・2階剣道場  時間…午前10時〜正午12時  
 準備物…道着・サポーター

 参加制限はありません。

 道場生の皆さんは振るって参加しましょう。

イメージ 1
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事