徳島の空手道場 子供から大人まで学べる 逢坂道場日記

徳島市加茂(田宮)道場、美馬道場、鴨島道場の日々を綴ります。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 昨日の美馬道場。

イメージ 1

 道場生には稽古において、常に緊張感を持つように指導していますが、具体的にどのように緊張感を持つか?

 それは稽古で指導されたとおり自分が出来ているかどうか、常に自分に注意することによってです。

 緊張感のなさは、集中力のなさ。

 緊張感、集中力のない道場生は、指導されたとおり出来ておらず、稽古の要点は得ず。

 要点の得ない稽古を見るに指導者として思うことは「そんなこと(要点を得ない稽古)をしても、強くならないのに…」と。

イメージ 2

 〝緊張感をもって稽古にのぞむ〟緊張感を身につけるこの習慣は道場生、特に少年部道場生が空手のみならず社会に出た時に必ず有益になると思います。

 しっかり指導して行きたいと思います。

イメージ 3
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いいたします。

セルフディフェンス。


 土曜日の鴨島道場。

 選手クラス1部(15時〜16時15分)、低学年以下・初級者対象
イメージ 1

 少年部クラス(16時30分〜17時30分)、小学生以下対象
イメージ 2

 選手クラス2部(17時45分〜19時15分)、高学年以上・上級者対象
イメージ 3

 一般部クラス(19時30分〜21時)、中学生以上・少年部有志対象
イメージ 4

 居残りクラス(21時20分〜22時)
イメージ 5

 と、道場には14時30分に入り、後始末をして道場を後にするのは22時を過ぎます。

 土曜日は8時間弱、道場に居る訳ですが、各クラス、道場生に良い稽古をしてもらおうと指導にのぞんでいると結構時間は早く過ぎます。

 良い稽古、稽古の効率を高めることは常に考えていますが、「良い稽古が出来た」と思えた時は充実を感じます。

 先週の土曜日は、居残り稽古に参加てしている女の子達が良い動きをしていました。

イメージ 6

 鴨島の土曜の居残りは、月曜の美馬の居残り同様、組手アドバンスとして顔面への突き、組技有りの約束組手、マススパーリングをしています。

 先週の土曜日は女の子たちが、上手くタックルを躱していました。

 マススパーリングは総合格闘技的な形式で行っていますが、競技を目的としないためオフェンスよりディフェンスが中心となっています。

 フルコンスタイルの組手でもフットワークの良い子達ばかりで、ディフェンスを中心に意識しているため適応は早いように感じます。

 空手は護身・セルフディフェンスを伴わければなりませんが、セルフディフェンスはどのような攻撃に対しても距離を取ることがベストだと個人的に思います。

 女の子たちには突き蹴りのみならず、組技に対する距離感覚も高めセルフディフェンス能力を培って欲しいと思います。

イメージ 7
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いいたします。

選手、道場生の自立。


 スポーツにおける指導者等の暴力、先日も報道されていましたが、この手の問題は後を絶ちません。

 大半は勘違いした指導者等の暴力と思いますが、中には指導者の熱心さが余っての暴力もあるように思います。

 熱心さが余っての暴力は、指導者の苛立ちが過熱したものだと思います。

 暴力が練習中に起こる状況から考えるに、その苛立ちは選手の練習に対するフラストレーションが原因と思います。

 〝選手が自分が思うような練習をしていない〟選手を道場生に置き換えた時、私は暴力は否定しますが、指導者の苛立ちやフラストレーショは理解できます。

イメージ 1

 指導者が思うような練習は、指導者が選手や道場生のためを思って考えた練習です。

 その練習に対し身を入れなかったり、練習の要点を説明しても要領を得なかったらフラストレーションは募ります。

 しかし指導者は自分の思うような練習が、自分の思い込みの部分もあることを理解しなくてはならないと思います。

 自分が良いと思う練習であっても、本当は個人にあったもっと良い練習があるかもしれません。

 私は個人指導・団体指導に限らず、指導者が完全に選手に合った練習を与えることは不可能と思うと同時に、それは必要ないと思います。

 自分に合った練習は自分で見つける。

 指導者は、その自立に導くことが役割のように思います。

 選手の自立こそが、スポーツ、または武道が教育と結びつく所以と思います。

 選手の自立は選手自身が、取り組んでいる練習が自分に合っているかどうかを、考えるところから芽生えるものです。

 自立の取っ掛かりとして、指導者は自分が良いと思う練習を選手に提案する感覚で与えていけばと良いと思います。

 そしてその提案を飽くことなく、時にはフラストレーションが高まってもそれに流されることなく、常に選手のことを考えて続けていくのが指導者としての努力と思います。

 指導者としての努力を続けていけば、自立を感じさせる選手、道場生は現れるものです。

イメージ 2

 その自立を感じさせる道場生とは、私の場合、私の提案する練習に一生懸命に取り組んでいる道場生に感じます。

 指導者が選手に完全に合う練習を提供出来ないように、選手も自分に合う練習を何の手かがりもなしに得ることは不可能です。

 選手の自立、まずは当人の学ぼうとする、素直な心から生まれるものと思います。

イメージ 3
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いいたします。

型で練り上げる。


 昨日の鴨島道場少年部クラス(小学生以下)。

イメージ 1

 一般部クラス(中学生以上、少年部有志も含む)。

イメージ 2

 一般部クラスでは組手立ちからの空突き、空蹴りのコンビネーションで前足前蹴り→45度ステップ→ワンツスリー→奥足の膝蹴りを。

 コンビネーションはいつもより多めに行いましたが、45度ステップによる運足、ステップに置けるスタンスの注意点に意識を高めるように指導しました。

 コンビネーションも一つの型と思いますが、型で動きを練り上げて行くのが空手かと思います。

 一般部クラスでは伝統的な型で動きの基本を練り上げ、組手立ちのコンビネーションで実践的な動きを練り上げるべく、今後、組手立ちのコンビネーションを増やして行こうと思います。

 技を強くする、打たれ強さを強くする、スタミナを上げる等、それぞれに組手を高めるため、試合に勝つための重要項目です。

 しかし個々のみに捉われていては、その目的は遂げれないように思います。

 重要項目を実際の動きに落とし込むことによって、その目的は成されるように思います。

 その一環として組手立ちのコンビネーションを。

 さて、リヒト君、ソウイチロウ君の黒帯と昇段状が届きました。

イメージ 3

 昨日、早速に手渡し記念撮影を。

イメージ 4

 黒帯を締めるとやはり雰囲気が違って見えますが、二人には気持ちを新たにこの帯で頑張って欲しいと思います。

イメージ 5
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックを絵願いいたします。

子供依存症。


 先日「子供が一番になれない事を嘆く親たち」というコラムを目にしました。

 そのコラムは一番になれない事を嘆く親を〝子供依存症〟として「自分はいったいどれだけのことをしてきたのか?」と批判していました。

 自分のことを棚に上げ子供に過度な期待をかけて子供を追い込み、あまつさえ、それが子供のためであるとして子供を破綻させることを否定したものですが、私もそのコラムには賛同を覚えました。

 昨今の空手界は子供の修練者が多く、大会等を通じて多くの親子関係を目にしますが、正直なところ子供依存を時折感じる時があります。

 しかし、子供依存に似て非なるものとして〝子供を生きがい〟としている親もおられます。

イメージ 1

 子供を生きがいとする親は、無用に子供を追い込んだりはしません。

 子供が自分の生きがいであるがゆえに、子供の生きがいも考え、子供の未来を考えています。

 依存する親は空手を試合だけの意義で捉え、生きがいとする親は空手を子供の人格形成の手段として捉えているように思います。

 依存と生きがい、コラムは否定し私も賛同するものですが、どちらが良いのかを決定的に断ずることは出来ないかもしれません。

 ただ個人的な意見として、依存する親には人しての弱さを感じます。

 そして西南支部においては、子供を生きがいとする保護者様をのぞむものです。

イメージ 2
ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願い致します。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事