ケンチク情報局

建築散歩からまちづくりまで、日々の気になることをあれこれと

建築散歩

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

いやはや。
やはりYahoo!ブログのサービスが終わってしまうということをきいてしまうと、モチベーションが一気に下がってしまいますね。。

でもやはりこういうブログ記事は、ある程度定期的に書いておかないと空気のようには書けなくなってしまうので、令和に変わるのを気に、そろそろ本格的に移行準備しないとなと思っておりますよ。


それはさておき、今月はノートルダム大聖堂の大規模火災たいへんなことになりましたね。
僕自身は2002年に訪れたことがあり、写真も撮っていたので、今日やっとインスタのほうに当時撮った写真をあげて、archiclue.のほうにもマッピングしておきましたので、よかったらどうぞ。

フランスの大統領が5年で再建なんて言っているそうですが、なおるのかな。
ただWIRED.jpの記事「火災に遭ったノートルダム大聖堂の「未来」は、遺されたデジタルデータが握っている」によれば、レーザースキャナーによって記録されたデジタルデータが残っているそうなので、このご時世らしく3Dプリンタなどで復元とかもありえんるんですかね。
ただ昔風に彫刻作品のように職人によって復元作業するならそれなりの期間はかかるかもしれないので(これは記事の中の『「焼失した建物の職人技は、かけがえのないものです。修復するにしても、まったく同じにはならないでしょう。細かな文脈が失われてしまうのです。石材に刻まれたノミの入れ方や、モルタルに含まれる化学物質の量からも、それはわかるはずです」』という文からも推測できます)、5年というのは昔ながらの方法を使わないのかなとも想像してしまいますよね。


あとは、同じく記事の中で『建物から学ぶことができたはずの材料の風合いや細部の表現、そして多くの知は、炎とともに消え去ってしまった。いつか壁が再建される日が訪れて、その見た目こそ同じだったとしても、すべて失われているのだ。』と、ライターのADAM ROGERSさん(訳:DAISUKE TAKIMOTO)が、本文で書かれているのですが、この気づきはすばらしいなあと思います。

9月の最初に汐留と築地をリコーのTHETAを持って歩いた時に撮ったものをまだ公開していなかったので、今回ここにて紹介しておこうと思います。

イメージ 1
写真1

まずは汐留で、汐留駅すぐそばの歩道橋から撮ったものです。(写真1)
写真1だとわかりにくいので、例のごとくリコーTHETAの360度写真をあげて360度ビューでみれる形式にしたものをGoogleフォトにあげておきました。


(なお、リンク先では、最初の画面はベタッとした写真だけなのですが、写真内にある反時計回りの矢印をクリック(またはマウスの左クリックを1回)すると、360度写真が観覧できる形となりマウスの左クリックを押しながらグリグリ動かしたり、ホイールで拡大縮小してみたりと、まわりの景色を360度堪能できます。)

このあたりは日本テレビや電通などをはじめとする高層ビルとゆりかもめの走っている姿がちょうど見える位置なのです。
しかも僕自身が歩道橋にいるので、下を見てもなにか風景が見えるという場所なので、THETAで撮るといろいろとおもしろい写真になったかもですね。


イメージ 2
写真2

次は、日本テレビのビル内にある「宮崎駿の日テレ大時計」の前で撮ったものです。(写真2)

で、360度ビューはこちら。


あの宮崎駿監督が手がけたという、からくり時計とあわせてまわりの景色を撮ってみたくなり訪れてみました。

ちなみにこのからくり時計、1228枚の銅板を1枚ずつ加工して作られたとか。
しかも、名前のとおり動きます。

最近はあまり話題にならないようですが、できた当初はすごい話題になりましたよね。

なお、公式サイトによれば、このからくり時計の作動時間は「月〜金:12時、15時、18時、20時」「土日:10時、12時、15時、18時、20時」とのこと。


イメージ 3
写真3

最後は汐留からなら徒歩数分の場所にある、話題の築地市場も撮ってきました。(写真3)

360度ビューはこちら。


このときはまだ移転前なのでしっかりと稼働してるシーンを撮れました。
ただ、中に行く時間はなかったので、外観のみでしたけど。

築地については、いろいろな方々が語っている中(例えば、築地ワンダーランド築地などなど)、この前見つけたポール・スミスさんのyoutube動画「Paul Smith | Tsukiji Fish Market」が気になっています。

    動画

こういう動画を残してくれて、しかも公式サイトでも紹介してくれていることに感銘しました。

とにかく、僕的には築地ブランドはなんらかの形でうまく残してほしいなあと思いつつも、豊洲も運営が始まったからには頑張ってほしいとも思っています。


――――――――――――――――――――――
おまけ

散歩してを読み返してみたいと思った本。


使ったカメラ


――――――――――――――――――――――

東京大神宮にぶらりと

たまたま近くを通ったこともあり、ひさびさに東京大神宮によってきました。

別に恋願いとかそういうわけではありませんが。(笑)

イメージ 1
写真1

夏ならまだ明るい時間帯ですが、あと数日で11月ということもあり、流石に暗くなっていましたね。

ちなみに境内には、明治維新150周年の旗もありました。
大神宮といえば、伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されたという比較的新しい神社ということはパッとうかびますかね。
なので明治維新後にできた神社のはずです。
でもやはり神社だからそういうものなのか、はたまた他の神社にはないものなのか。
気になります。

あとは、ついでにすこしばかり建築的なことを調べてみたのですが(せっかくこのブログで取り上げたこともあるので)、なんと誰が設計したなどのネット情報は全然引っかかってこないですね。
すぐでてくると思ったんですけどね。
意外とみなさんその点には興味がないのかな?

これは現地なり、図書館なりでまたそのうち調べないとわからない感じですね。

虎ノ門ヒルズをぶらり

イメージ 1
写真1

一昨日の土曜、歌手のbirdさんのイベントライブが虎ノ門ヒルズ内で開催されるということで見にいってきました。

写真はその時のものです。(写真1)

oval plazaからのビルとオブジェです。
手前のオブジェというかパブリック・アートは、ジャウメ・プレンサさんによる「Roots」という作品とのこと。

なお、虎ノ門ヒルズのyoutubeページにアーティスト本人による解説動画も見つけましたので、ここに張っておきますよ。(日本語訳はないみたいです。)






イメージ 2
写真2

そして、最後はライブ前の会場の様子です。(写真2)
パブリック・アートもライトアップされていていい感じでした。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事