ほれぼれするガラスたち

少しずつ暖かくなってきましたね♡

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

九州旅行 1日目

行ってきました。九州へ。九州は7年ぶりくらいでした。

鳥取から熊本、佐世保をまわり、下関に寄って帰りました。

往復1500キロの旅でした☆

新車のラフェスタは乗り午後地よく、頑張って走ってくれました。

初日は、夜中出発☆

19日の深夜2時半に米子市を出発しました。

米子自動車道を経て、中国自動車道へ。高速道路なのに山道で、上りや下り、カーブの連続にちょっとド

キドキしながらの運転でした。

子供は後ろのシートで入眠してました。

交代しながら運転し、下関に着いたのは午前8時くらい。関門海峡を背に写真を一枚。パチリ☆

イメージ 1




天気が悪く、九州自動車道は大雨・・・・前が見えないらい。九州はいつもあんな勢いで雨が降るのかし

ら??と思いました。

熊本、阿蘇山に着いたのはちょうどお昼くらいでした。


阿蘇も天候は悪かったものの、雨は逃れることができました。

ものすごい霧で、前が見えないくらいでしたが、私たちが車を降りる頃にはちょっと晴れてみたり・・・

タイミングよく、馬にも乗ることができました。

イメージ 2



阿蘇の火口にも行きました。

噴煙なのか、雲なのか、霧なのか・・・火口が見えたり見えなかったりでしたが、壮大な風景に圧倒され

ました。

火口付近は気温が20度ととても寒く、震えながらの観光でした。


イメージ 3




夜は、阿蘇の温泉旅館で宿泊。

夕食は贅沢にお部屋で!


イメージ 4


馬刺しや、からしレンコンなど、阿蘇の味を存分に楽しみました。

夜は10時半に、みんな揃って爆睡でした・・・・

夏休みの旅行

 今年の夏は、九州旅行です。

私の住んでいるところから九州までは結構遠いです・・・・でも車で行きます。

せっかく新車に買い換えましたからねー。

今夜、夜中に出発し、熊本は阿蘇、長崎はハウステンボスという予定にしています。

どんな旅行になるのでしょうか!!楽しみです☆

では、いまから少し寝て、出発に備えたいと思いますー。

行ってきまーす!



先生の作品です。ウォーターリリー。

イメージ 1

キャンプ

7月29、30日に、キャンプをしました。

「大山フィールドアスレチック」というところにあるキャンプ場でしました。

私の両親と息子、私の姉妹2人家族の、計11名でしました。

キャンプは毎年してるのですが、こんなに大勢でするのは初めて。

テントが1幕しか持ってなかったので、職場のひとから借りていきました。

イメージ 1




アスレチックについたらまずはテント張り。

そのあと、アスレチックで遊びました。

イメージ 2


↑息子。ありじごく という大きな穴の中から壁を勢いよく走り登ります。


イメージ 3



↑妹です。坂を下りるのに必死です・・・


夜はお決まりのバーベキュー。飯盒でご飯を炊きました。

夜は、アスレチックのスタッフがしてくださる、キャンプファイヤーや、夜の森探索に参加しました。

いろいろ行事もあるので、アスレチックは、子供連れてのキャンプに最適です。

朝は、また飯盒でのご飯を食べました。

さて、片付け!と思ったとたん。大雨が・・・


イメージ 4


ずぶ濡れになって片付けしました・・・・・。

今年は、ビーチバレーやら、キャンプやら、夏を楽しんでいます。

盆明けは、九州に旅行しまーす☆ (阿蘇に行って1泊、ハウステンボスで1泊予定。距離的にハードでし

ょうか?)

母親の野望

昨日、私がビーチバレーに参加しているとき、わが子は小学校で野球の練習試合でした。

いつもの選手が欠席だったため、補欠のわが子は試合に出ることになったようです。

詳しくは分かりませんが、外野の方を守っていたようです。

普段は試合にも出れず、練習でもなかなかボールをさわって練習できないため、試合に出れたことは息子

にとってうれしかったのではないかと思いましたが、感想を聞くと、「あまり試合には出たくない」と。

照れ隠しなのか、本音なのか分かりませんが、いまひとつやる気を感じない息子であります。


そして、今日は、水泳大会でした。先ほど、息子の勇姿を一目見ようと、会場へ行ってきました。

息子にとってこれまた初めての水泳大会。緊張していたことでしょう。

でも、「大会に出たくない」「昨日、野球でがんばって疲れたもん」と。

これも本音なのか、なんなのか、、、、、

母親としてはため息ですが。

水泳は小さい頃から頑張っていたので、私も期待していました。

50メートル自由形での参加。   56秒台でした。わが子の平均タイムです。

早いタイムではありませんが、これからも頑張って欲しいものです。



さて、ここからが本題。

息子の同級生にとーってもスポーツのできる男子がいます。T君です。

T君はジュニアトライアスロンや、100メートル競争でも常に2位3位のなるような子。少年野球でもとても

上手で、ピッチャーもキャッチャーも上手なんです。

でもこの子が私にとってライバルなのです・・・・・・

なぜなのか・・・・・この子の父親は私の保育園時代からの同級生なのです。この父親は、子供の頃は人

の後ろをついて歩くような目立たない子でした。スポーツも特に出来るわけでもなく。

でも大人になってからなのか、スポーツに目覚め、今ではトライアスロンに出てしまうほどの人になりま

した。そんな彼を、私は「凄く頑張ってるんだなー」と尊敬していました。そしてその意思を息子にも継

いで行こうとしているのがよくわかりました。

仕事の休みの時には、少年野球にも顔を出して、監督等などと一緒に指導もしてくれていました。


しかし、今年春の野球の練習のとき、この同級生の父親が、私に言いました。

T君父「R(私の息子)は家でどう??」

私「どうって??野球であまりやる気なさそうだから?家ではどうだってこと?」

T君父「うーんまあね。なんか小さいときから落ち着きなかったし、授業中も机を離れてうろうろしたり

して  たし・・・」「なんか、見ててちゃんとしてないって言うか・・・・」

私「ちょっと!確かに落ち着きはなかったけど、最近はだいぶお兄さんになってきたし、だいたい授業中 
 にうろうろはしてないんだけど・・・」(本当にしてない)

T君父「うちに遊びに来てて、見ていても、なんか片親の子だなーって感じがするし・・・」

私はこの言葉にかなり怒りを感じました!!!

わが子を馬鹿にされた気分でした。その日からです・・・・・わたしがT君には負けられないと感じだし

たのは!

そして、野球の監督にも「Rはなーんかやる気を感ないなー。まあ、Rが来たいときに練習に来ればいい

よ」と言われたことがありました。

そりゃ、わが子はいまひとつ波に乗れていないかもしれません。でも、そんな子のやる気を引き出してく

のも指導の一つではないでしょうか??

とにかく、わが子を取り巻くいろいろな人から、切り捨てられたような発言を聞き、私は怒りを抑えられ

ません。

でも、実際にわが子にはやる気を感じないため、私は、なんとかしてやりたいと感じてます。


わが子は「僕は僕だけん、これでいいの」と言っているのですが。

でも、親の勝手な思いですが、いつかT君にひとつでもいいから勝つことができれば、わが子にも自信や

勝ことのうれしさを感じてくれるのではないかと思っています。

一緒にいれる時間を利用して、私なり指導して走ったり、泳いだり、野球をしなくては!と思います。

みなさんは、子育てについてどう思っておられるんでしょう・・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

久々の、クレオパトラ情報・・・・・

今年の春くらいから、活動を再開していました。

そして、昨日行われた、境港市の「きたろうカップビーチバレーボール大会」に出場☆

初めての試合参加です!

ソフトバレーボールチームなので、ビーチバレーは専門ではありませんが・・・・

大会近くになったら、仕事のあとや、日曜日を使って浜で練習をしてきました。


昨日は、朝から雷、稲妻、雨、風・・・・最悪のコンディションでした。

なんといっても稲妻がすごくて、雷に打たれないかととても心配・・・・恐ろしかったです。

でも徐々に天候は回復し、午後からは真夏日・・・・まぶしいし、暑いし、これもまた辛かったです。


キタロウカップは、一般男子は2人制、一般女子は3人制、一般混成は4人制で行われました。

あとは、小学生、中学生、高校生の部もありました。

私たちクレオパトラは、一般女子で参加。3チームに分かれて出ました。

「クレオパトラゴールド」「クレオパトラシルバー」「クレオパトラシスター」というチーム名に分かれ

て・・・・・

結果は、クレオパトラシスターがベスト8入り☆でした!!

でも、最後の試合は強豪チーム聞き、怖気づいてしまい、なーんと、一点も取れずに試合終了・・・・

とても情けなく、練習不足を感じました・・・・

でも、夏を感じながら、気持ちよい緊張感のなか、みんなで楽しんだ一日だったように思います!


今後、クレオパトラは9月から練習を再開させようと思っています。

次は、どの試合に出ましょうか・・・・・


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事