鳥だより・星だより/信州の里山より

都会を離れて思い出しました。自然に対して耳を澄ますこと、眼を凝らすこと。

野鳥

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

安曇野ハクチョウ 2019

今シーズンは近所の湖に白鳥がやって来たのが年を越えてからで、今でも数十羽足らずしかいません。
ちょっと物足りないので、いつも白鳥がたくさんやって来る安曇野まで足を延ばしてみました。
少し前、まだ雪もない小春日和にウランちゃんを連れて出かけました。

犀川の白鳥湖は護岸工事で水が無く、白鳥は近所の農家の方が水を張った田んぼに集まっていました。
御法田では遊水池よりも上流に集まっていてちょっと殺風景でしたね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

「大王わさび農園」の横にある3連の水車小屋。
黒澤明監督の「夢」の舞台にもなりました。 春から秋にかけては海外からの観光客があふれています。
そうそう、わさび農園の中にあるレストランの「わさび丼」が好きだったのですが、観光客が異常に増加した結果、値段が2倍になっていてびっくりしました・・・
イメージ 9





ミコアイサ 2019-2

地味ですがとてもチャーミングなミコアイサ♀をクローズアップします。
♂♀とも目に光が入りにくいのですが、今回は光線の具合いが良かったようですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

♂は真っ白いカモというイメージがありますが、後姿はかなりダークです。
イメージ 7

イメージ 8

冠羽が立っていないとどこか間が抜けているな。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


ミコアイサ 2019-1

ここはウランちゃんのお散歩コースの公園です。
この時期、1周700mほどの池には常駐のコブハクチョウの他に冬鳥のカモたちがたくさんいます。

池の中央が凍ると、カモたちは凍っていない岸辺近くに集まって来るので至近距離で会えるのです。
中でも綺麗なミコアイサに会えるのが嬉しいですね。
♂の白装束が巫女さんにそっくりなのでミコアイサ、最近テレビで見かける「女装家」のはしりかもしれません。

何回も出かけて撮影したので2〜3回に分けてアップします。
片手でウランちゃんのリードを持ちながらのコンデジ撮影が多いので画質は勘弁してください。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

♀の可愛さはなかなか表現しにくいです。 可愛く取れた画像を探して次回にアップしたいと思います。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

今年は冬鳥が極端に少ないのです。
大群でワカサギを食べてしまうという疑いをかけられて漁師さんから嫌われているカワアイサも例年の数分の1くらいしか見かけません。
カワアイサのくせに、いつも会えていた近所の川にもいません。
あまり変わり映えしないのですが、湖で撮影してきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カワアイサも♀が地味可愛いのです・・・
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 7




今季はカンムリカイツブリが少ないです。
見つけても1羽か2羽で大きな群れには出会えていません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

元祖カイツブリ
黄色いまん丸な目と短い嘴がチャーミング、どこで会っても嬉しい水鳥です。
イメージ 5

イメージ 6





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事