鳥だより・星だより/信州の里山より

都会を離れて思い出しました。自然に対して耳を澄ますこと、眼を凝らすこと。

野鳥

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アカシアのコサメ

アカシアの花にはコサメビタキが似合います。
キビタキやオオルリはこの白い花にはめったにやって来ません。

実はこのコサメビタキはすぐ近くの桜の枝で営巣していたのです。
天敵の目につきやすい巣だったので心配したカミさんがずっと見守っていたのですが、無事に3羽の雛が巣立ちを済ませたようです。

イメージ 1

イメージ 2

久しぶりにデジスコで撮影しました。
イメージ 3

身軽なシジュウカラ
イメージ 4

可愛いハクセキレイの雛を撮影していたら突然親鳥が給餌にやって来ました。
イメージ 5


愛嬌一番で人気のクロツグミ。
今は子育て中で、雛の巣立ちまでは撮影を控えています。
もうすぐ雛を連れて散歩している姿を見せてくれるはずです。

定番の「切り株の上にチョコン」というのが大好きです。

イメージ 1

ずんぐりも可愛い。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


ちょっと前のキビタキ

これからはノビタキの画像ばかりになりそうなので5月〜6月初旬に撮影した夏鳥をまとめてアップしておきます。
先ずはキビタキ。 
新緑の頃にはお馴染みのキビタキですが、初夏の林の中で突然出会うとすごく嬉しくなります。

可愛いくせに思った以上に気の強い野鳥です。 
車の窓に映った自分を攻撃中。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

小川の流れも爽やか、信州の一番いい季節に撮影したものです・・・
イメージ 5


いく鳥・くる鳥

5月連休の頃の撮影です。
のんびり帰る冬鳥とやって来たばかりの夏鳥が交錯するので里山での鳥撮りは効率が良いのです。

いつも帰る頃になってから撮影するツグミ
イメージ 1

イメージ 2

今季最後のマヒワ・アトリの混群
イメージ 3

今年はコムクドリが少なめかな・・・
イメージ 4

巣材集めのコサメビタキ。 早く雛を見たいです。
イメージ 5

いつでも会えるキジ。 ♂が一番きれいな季節です。
イメージ 6

夏鳥の中でも会える確率ナンバー1のコサメビタキ。
円らな瞳がキュートで人気者ですね。
♂♀同じ羽色で区別がつかないのも余計な悩みが不要で結構なことです(笑)

人目に付きやすいところで営巣するのでいつもヒヤヒヤさせられます。
この時期、しばらくそっとしておいてください。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事