個人投資家ブルの家

eワラントの取引について紹介する、つもりでしたが、取引にまつわる情報を記録を兼ねて公表するブログになってしまってます。
皆さん、おはようございます

USD/JPYの下落からの反発は昨日のNY時間になってようやく本格化し、102円60銭を付けましたね。

失業保険の数値が良かったこともあるとは思いますが、ECBの金融政策を見極めるまでは動けなかったような感じです。


4時間足

今週の天井から下までのフィボナッチでは、102円50銭がちょうど0.382にあたっています。

ここから4時間足ベースでは、しばらく101円から102円50銭の間での持ち合いになっていくのではないでしょうか。


1時間足

今ちょうど102円30銭まで降りてきて止まっていますが、ここから下は水曜日の夜にも少し引っかかったレート帯です。


5分足


5分足で見ると赤いラインがネックラインを形成しており、すでに下抜けた感じですね。

ここからは売り目線です。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

昨日のNYは、もう少し元気よく上げるかと思っていたんですけど、80銭そこそこで止まってしまいました。

本日は8時50分に日本のGDPがあります。 反応するかどうかはわかりませんが、このところ再び日銀の「総括的検証」が話題になってきており、クロダさんの記事を目にすることも多くなってきたので一応注意が必要です。

また、12時ごろには中国の貿易収支が発表になります。 そして20時45分にユーロ圏、ECBの金融政策、21時30分からマリオさん登場ですね。


4時間足

昨日の朝8時半ごろのロング投げで付けた101円20銭が一応底となって少し戻していますが、テクニカル的には線で引いた102円50銭かその近くまでは戻ると思っていました。

ところがNYが意外に元気がなかったので少し戻ってきています。

ここから東京ロンドンで102円に上っていくのではないかと思っていますが、明確に底が決まったとも思えない節があり、GDPの結果を受けて東京がオープンするまでは下落にも警戒をしており、ポジションは取らないつもりです。


1時間足

ロングするとしても、慌てず60銭近辺まで降りてくるのを待っていたほうがいいでしょうね。


15分足

先ほど4時間足を見て、反発の上限が102円50銭くらいとあたりを付けましたが、15分足で見ると102円から50銭で半日滞留(一昨日のNY)しています。 案外ここが強い下方圧力になっていた可能性もあり、102円より上には行けないかもしれません。

では日本のGDPを待つことにしましょう。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

朝起きて見たら更に50銭下げていて、それどころか今見てる間に101円近くまで垂れていったのですが、準備ができていなかったので指をくわえて見ているしかありませんでした。


4時間足

オセアニアまででこれですからね。 ロンドンはあんまり関係ないと思いますが、東京も一旦ロングは投げざるを得ないでしょう。

場合によっては101円を一旦は切るかもしれませんが、その下までにはまだ一呼吸、というか、101円から101円50銭の間でもみ合う(三角持ち合い)のではないかとみています。

反発があったとしても一旦は102円までではないかな。


1時間足

1時間足で見ると、一応101円80銭にも抵抗線がありそうです。 戻りを売るならこれ位が目安かな。

今のレート、101円50銭のこの下はジャクソンホールで一気に駆け上がってきたので、101円のキリ番レートがサポートにならなければすっと抜ける可能性も無きにしも非ず。

ただ、上がる前にずっと引っかかっていたレートが100円40銭くらいでしたから、ここから下はまだまだ固いと思われます。

これだけ急に下げて100円台が見えてくると、また介入がどうのこうのという話が出てきそうです。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

いきなり本題に入りますが、利上げ期待を煽るドル買いに対する止めの一撃になった可能性がありますね。

4時間足(23時36分現在)

きっちりジャクソンホール直後まで落ちてきました。

ここから買戻しが入るのか入らないのか? ほぼこの水準で明日の東京に帰ってくるような気がしますが、とりあえず本日は寝ます

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

昨日はNYが休場だったためか、22時を過ぎるとさらに元気がなくなってしまい、ほぼ同値で東京に帰ってこようとしています。

どちらかというと買いになっていますが、45銭が結構重くて、まだしばらくは20銭から45銭のレンジかもしれません。


4時間足

昨日も触れましたが、落ちてくる前に上がっていくときはこのレンジで2日半往って乞いを繰り返しました。

まだ半日しか経っていないので、あと2日くらいはここにいるのでしょうかね?


1時間足

様子を見ていると、まだ買いをあきらめていない人が一定はいるようです。104円までの戻しはまだあり得ると考えておいた方がいいです。


15分足

とりあえずどちらかに抜けるのを見ないと、ポジションは取りにくいですね。 しかもこれではどっちに抜けるやら、わかりません。

週末にかけては下落の流れだと思っています。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

用事があって更新が遅くなってしまいました。

先週1週間の動きを簡単に振り返っておきますと、金曜日のイエレン議長の講演とフィッシャー発言がUSDの強固な地合いを固めたおかげで、月曜日から金曜日までほぼ一本調子で上昇の流れとなりました。

ただし、金曜日の雇用統計の結果は「利上げ期待派」にとっては思わしい内容ではなかったために指標発表直後には乱高下がありましたが、クローズしてみれば104円を上抜けて高値更新で今週が始まりました。

正直なところ、それなりの買戻しが入るだろうとは思っていましたが、まさか104円を抜けてくるとは意外でした。

しかしながら、ここから先、更に利上げ期待を引っ張る形でドルを買い上げるのには結構無理がありそうです。

利上げ期待が後退したことで目先、株式市場は全般的に上昇していますが、どちらかというとこれから9月はリスクオフの展開になっていくのではないかと考えています。

USD/JPYについて、月初めということで週足から確認してみたいと思います。


週足

2014年に約8カ月にわたってもみ合った100円から105円のレンジを抜けることはやはりできませんでした。今回高値の104円を天井にして、ここからは徐々に下げるのではないかとみています。



日足
日足的には102円50銭あたりがサポートになりそうです。今週はここらで止まるかもしれません。


4時間足

金曜日に104円に上ってくるまでにも、今ウロウロしている103円20銭から60銭の間では結構長い時間往ったり来たりしていましたので、ここを下に抜けて102円台に落ちるには少し時間がかかりそうです。

指標的には、明日火曜日の23時にUSの非製造業PMIがあります。 また、木曜日の8時50分には日本のGDPがあります。

こういった指標がきっかけになる可能性もありますね。 何とも言えませんが。


1時間足

一旦はこのラインからは跳ね返されるような感じですが、どこまで戻るのかと言えば、104円近くまで戻るか、あるいは60銭くらいまでか、半々くらいの確率でしょうか。


ここらあたりは値動きを見ながら判断していくしかありませんね。


15分足

雇用統計発表前の動きと相似形になるなら、55銭か60銭くらいまで戻って、そのあともう一回落ちてきて20銭の上でもみ合ってから落ちることになりそうです。

いずれにせよ、103円20銭を下に抜けるのにはそれなりにエネルギーが必要そうだということですね。


今日はなんだかロンドンもやる気がないのか、値動きに元気がありません。



よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

昨日のUSのPMIは思っていた以上に悪い結果が出ました。

元々、利上げに対する障害と考えられているのが企業活動の弱さと、何といってもインフレ率がターゲット以下であることですから、昨日の指標はかなりインパクトがありました。

結果、USD/JPYも、直前までは104円の手前まで登って行ったものの、指標発表直後から急落しています。

4時間足

103円の上で止まって、いまはまだ漂い続けている感じです。

このまましばらくは10銭から30銭くらいのレンジ幅で推移するかもしれませんが、がぜん下方圧力が力を得てきた感があります。

しかし4時間足のトレンドがまだ転換したと判断できる根拠も弱いため、買いの圧力も引かないでしょう。

まあ、こういうときは無理にトレードしない方が良いかもしれません。


1時間足

今のところ、昨日のNY時間以降の安値は12銭くらいです。

本日の9時台に一度下を試したものの手前で跳ね返されています。 売りたい人がまだあきらめたとは思えませんので、これを抜けると一度102円に入りそうです。

動きが出そうなのはやはり午後以降になるんでしょうかね。


15分足

本日の雇用統計発表まで、どっちかっていうと下かなあ、という気がするんですけどね。

正直、何とも言えません。 ただ、昨日の103円50銭から上に上がっていった時のような猛烈な動きにはならなそうです。

FOMCメンバーの意見も割れていますが、本日のマーケットも指標発表までは意見が割れて難しい動きをしそうですね。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

昨日のADP指標を受けてUSD/JPYは買いで反応しましたが103円50銭を突き抜けるまでのパワーにはなりませんでした。

上に行けないということで、今度は下も試しましたが、下は下で103円25銭ではかなりしつこい買いが入り、下にも行けずに、今は103円25銭から103円50銭までの狭いレンジで往ったり来たりとなっています。


4時間足

一昨日のNYで102円50銭のレンジ上限を抜けてはいます。 もし下に行った場合にどこまで行くかの目安としては、とりあえず102円50銭で、その下ならば101円82銭くらいになりますね。

本日の指標としては、主に中国関連で、10時に統計局のPMI、10時45分には財新PMIが発表になります。

そして一応、12時45分に本邦10年国債の入札があります。 こちらは通常であれば特に問題はないと思いますが、金利水準は少し気になるところです。

23時にはUSのPMIがあります。指標としてはこれが本日の本命ですね。


1時間足

かなり強い上昇トレンドが継続中です。


15分足

指標で上に抜けなかったのでもうしばらくはこのレンジでもむ可能性があります。下は拾って、上は叩きながらどちらかに抜けるのを待ちましょう。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

いやー、来ましたね。 103円まで。

月曜日に引き続き、火曜日も強い指標とフィッシャーさんに支えられて、最もドルブルなシナリオ展開になりつつあります。

あくまでもメインの注目指標は金曜日の雇用統計ですが、本日は21時15分にADPの発表する雇用数変化があります。

この指標に対して、いつもより反応が大きくなる可能性があることと、8時50分に発表される日本の工業生産には留意しておく必要があります。


4時間足

4時間足ベースでは、実線ではまだ103円を超えておらず、レジスタンスされた形になっています。

このあと発表になる日本の工業生産の内容が強いようだと再び103円台に乗せる可能性がありますが、仮にそうなったとしても一旦は102円50銭までの戻りがあると考えています。



1時間足

おととい、昨日とは、結局102円40銭が抵抗線となって、そこを天井にダブルトップを形成し、一旦跳ね返されて、抵抗線直下で激しいもみ合いをした後、上に抜けました。

典型的なチャートパターンでしたが、103円をしっかり超えるためには、線で示したような同様の過程を経るのではないかと思われます。

これもやはり、高値を更新するのに失敗すれば、102円40銭と103円の間の三角持ち合いになるものと思われます。



15分足

工業生産の結果が悪いようだと、こっから落ちていく流れももちろんあり得ます。

このあと一旦は指標待ちで、発表後の動きを見ながら103円半ばで止まるようなら一旦は売ってみたいと思います。


よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

皆さん、おはようございます

昨日は21時30分にUSの個人消費等の指標発表があり、良好な数値だったのですが、ドルブル側の反応は限定的で、むしろその後の流れで売られる展開となりました。


4時間足

ただその売られる流れも、一旦は101円85銭で止まった模様です。 今は再び102円に下からトライをしています。

このあとは、恐らくもう一度高値を更新しに行こうとするのではないかと思われます。

しかしブルの考えとしては、高値更新に失敗して三角持ち合いになっていく確率が最も高いと思います。

もし102円50銭を超えてくるようだと少し違った展開もあり得ます。


1時間足

1時間足で見ると、102円10銭のところにダブルトップのネックラインがありますね。 あっさりとここで跳ね返されるかもしれません。 その場合には反対に、下の101円85銭を切り下げに行くでしょう。


15分足

うーん。 ロングする場合には、101円85銭は底と思わない方が良さそうですね。 金曜日からの上昇に対してまだ充分に下げたとはいえず、中途半端な位置で止まっています。 その意味では、どちらかというとショートが有利な状況です。

ここからの流れを引き継いで、東京時間には多分102円台に戻すのではないかと思いますが、102円10銭あたりか、その上の102円35銭とかで高値更新に失敗して、その後ロンドン時間にかけては売られるような流れを想定しておきます。



よろしければランキングご協力お願いしますm(__)m

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事