全体表示

[ リスト ]

試合結果を知ってから見たので、あまり印象がないのだが、とりあえず義務感でレビューなど。

---------------------------------------

GKは高木、4バックは左からタイスケ・大岩・キム・金井、真ん中に健太郎とパウさん、2列目にヤザ・ヤマト・ユースケ、ワントップにネイツのスタメン。ヤマトが初先発でアドと交代した格好。ユースケとハルヤのチェンジの意味が不明だが、ターンオーバーなのかも知れない。




とにかく熊本のセットプレーの守備がぬるい。ゾーンで守っているのだが、ただスペースを埋めているだけで、ゾーンの中に入ってくるジェフの選手に対するマークも甘いし、そもそもボールに行くのが遅い。ネイツの頭での落としに走りこんだヤマトが顔を蹴られてPKを奪取し、それをネイツが決めてあっさりジェフが先制する。


次はパウさんのFKを何故かフリーのキムがヘッドで決めて、これで2-0。




だが、これで腹を括った小野監督が巻を投入するとリズムが変わる。巻をリスペクトするのは構わないのだが、ラインが自爆的に下がって押し込まれてしまい、セカンドボールが拾えなくなる。試合序盤はあれだけヤマトのプレスに苦しんでいた熊本の中盤に自由を与える格好になり、苦しい時間が続く。


熊本は両サイドにロングスローを出来る選手がいるだけに、そのシンプルなロングボール攻撃に苦慮したまま前半を終了する。




でも、いつもなら「2点差は危ない」なんて考えるところだが、今日は4-0で勝つのを知っているので暢気なままの俺。


後半もいくつかピンチが続くが、熊本のゴール前での精度が低いのに助けられ、そのまま時間が流れる。プレスする相手が遠すぎるヤマトを諦めて田代を投入して高さ対策をすると、タイスケの折り返しのクロスをパウ様がスーパーミドルを左足で叩き込み、ゲームを決めてくれる。




北爪と伊藤という新人の教育の場所に残りの時間を使う関塚監督が素敵。


キムがおまけのようなゴールを決めて、4-0で試合が終わる。






先制パンチが効いた試合だった。逆に放り込みを徹底されるとロングカウンターに課題があるのが浮き彫りになったが、そこは宿題を頂いたと思いたい。


それにしても熊本はどうしたのか。確かエース候補のブラジル人選手が大怪我をしているはずだが、それ以前に守備が悪すぎる。小野監督はリアリズムに徹するべきなのかも知れないが、それをするために呼ばれた訳でもないので、難しいところだ。

----------------------------------------------

当方は、監督のおかげで少しずつだが若い選手が経験を積んでいる。ネイツやパウリーニョが不在になるケースを想定すると、これは心強い上積みである。あとは水野と鈴木という即戦力の頑張りを見たい。無論、岡本を忘れてはいけないのは当然である。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事