全体表示

[ リスト ]

勇人とアランダが楽しそうだった。二人とも攻守の切り替えが早く、とにかくよく走る。CBからボールを預けられてもターンが早いので3人に囲まれても平然とプレーする勇人を見て、勇気をもらった感じだ。

------------------------------------

GKはユーヤ、4バックは左からボムヨン・近藤・岡野・マサキ、その前にイッセイ・勇人・アランダ、トップは清武・指宿・船山の4-3-3というフォーメーション。岡野が今季初出場で、アランダがボランチから前目に職場を移動している。




雨で荷物が多いのでアウェイ側に引っ越して、のんびりと試合観戦。コイントスに勝ったので、前半のうちに目前でゴールシーンを見たいと思っていたら、開始5分で実現する。長崎CBのクリアミスがCKになり、船山がボムヨンのヘッドの軌道を変えて先制ゴール。


長崎はそこそこラインが高いのに前線のプレスが中途半端で、こちらのSBがフリーになる確率が高いので、そこに北爪のような「自分が走る選手」ではなく、マサキのように「味方を走らせる選手」を入れておいたのが奏功する。6番のインテリジェンスを見ているうちに前半を終了。




後半頭からイッセイをヤマトに交代。そのヤマトは得点に対するエゴを消して勇人の近くまで降りてきて、リズムを作ってくれる。するとハーフカウンターからマサキのアーリークロス、それを清武がヒールでトップの指宿に渡すと、ヘッドで折り返しのボールが小さなスペースに降りてくる。走り込んだ清武自身が右足アウトでダイレクトボレー。ちょっと大袈裟だが、ジェフの歴史に残るファインゴールである。


次も清武。指宿が得たイエロー物のFKをニアに直接蹴り込んで3-0。その次も8番。カウンターから大外で我慢していた清武にラストパスが渡り、それを冷静に流し込んでハットトリックの完成である。




完全に集中力を失った長崎からプレゼントパスをもらった船山がそのまま自分でドリブルしてゴールで、5-0だ。


お互いに決定機がもう2回ほどあったが、それはそれということで。




イメージ 1

(お疲れ様です)




最後に乾も見れたし、言うことなし。大勝の中で途中で足を攣って交替させられた岡野は悔しい夜を過ごしたと思うが、充分に合格点だったので、あとは試合用のスタミナだけ。




ユーヤのプレーが安定してきた。練習とここまでの試合経験が実を結んできたのではないか。これは物凄く大事なことだじゃないだろうか。

----------------------------------------

まだまだやれる。俺たちはこれからだ。

この記事に

閉じる コメント(4)

清武のあのゴールは、イングランドプレミアリーグみたいなすごいパス交換とシュートでしたね。わたしは行けなかったので、夫に激しく自慢されました。なんか悔しい。

2017/5/15(月) 午前 8:26 ふうちゃんP4 返信する

顔アイコン

あアあア〜♪
長崎は〜今日も〜あめえだった〜♪

まだまだこれからですぜ。2位まで勝ち点差6。
それに比べ、わがドラゴンズ最悪です。

2017/5/15(月) 午後 1:55 昨日のジョー 返信する

ふうちゃん様
あれは見たら自慢できます。が、アウェイ側にいた馬鹿なサポがいましてね・・・(汗)

2017/5/15(月) 午後 7:31 [ 湾岸 ] 返信する

ジョー様
突っ込んでくれるジョーさんの優しさに感謝です‼(笑)
今年の名古屋は将棋の藤井四段に全部持ってかれてますから・・・。

2017/5/15(月) 午後 7:33 [ 湾岸 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事