フィギュアの世界を学ぼう!!巡音ルカ特集

巡音ルカ VOCALOIDO3人目の刺客はバイリンガル!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

村上 隆(むらかみ たかし Takashi Murakami、男性、1962年2月1日 - )は日本東京都板橋区出身の現代美術家、ポップアーティストである。ルイ・ヴィトンとコラボレートした商品を発表するなど、世界的影響を有する。

人物・来歴
 自らの作品制作を行うかたわら、芸術イベント『GEISAI』プロジェクトのチェアマンをつとめアーティスト集団Kaikai Kikiを主宰し、若手アーティストのプロデュースを行うなど、活発な活動を展開している。Kaikai Kikiはアメリカのニューヨークにも版権を管理するエージェントオフィスをもつ。

日本アニメポップ的な作風の裏には日本画の浮世絵や琳派の構成に影響されている部分も強く、日本画のフラット感、オタクの文脈とのリンクなど現代文化のキーワードが含まれている。中でもアニメ、フィギュアなどいわゆるサブカルチャーであるオタク系の題材を用いた作品が有名。アニメ風の美少女キャラクターをモチーフとした作品は中原浩大の「ナディア」に影響を受けたと本人も認めているが、それをオタクマナーに沿ってさらに発展させ、海外でも高く評価されている。アニメーター・金田伊功の影響を強く受けており、自分の作品は金田の功績を作例として表現しているだけと話したこともある。

しかし、一方では村上のオタクカルチャーをさげすんだ上での活動態度に対し反感を抱く声も多く、漫画『ギャラリーフェイク』にて村上への批判とも取れるメッセージ性を持たせたエピソードが掲載されたこともある。

アニメ好きが高じて本郷高校卒業後にアニメーターを志すが挫折、当初から興味のあった日本画を習い、2浪後に東京芸術大学に入学、美術学部日本画科専攻。1986年に卒業。1991年に個展『TAKASHI,TAMIYA』にて現代美術家としてデビューした。

1993年、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士論文タイトルは「意味の無意味の意味」。ちなみに、これは東京芸術大学における日本画科初の博士号修得の事例である。


活動
1993年以前の活動としては『加瀬大周宇Z』などのプロジェクトで脚光を浴びる。古賀学のフリーペーパー『Pepper Shop』で『マンガ道場』を連載。白人の『ダッコちゃん』でタカラより非難される。

1994年、大学院卒業後の作品である『HIROPON』の評価を岡田斗司夫に尋ねると「発想が古臭い、とにかく顔がブサイクすぎる」と酷評される。その後、ニューヨークにロックフェラー財団の奨学金で留学。制作活動に専念。ニューヨークで現地フリーペーパーの表紙で作品を次々と発表。

2001年にアメリカロサンゼルスで、展覧会『SUPER FLAT』展が開催され全米で話題となる。

2003年春、ニューヨークのオークション会社・サザビーズにて等身大フィギュア『Miss Ko2』が50万ドル(約5,800万円)で落札、話題となった。これは当時の日本現代美術作品の最高額である。この成功の要因のひとつに、現在の世界における「多文化主義」が挙げられる。西洋に限らずその他の世界の出身者も含め、それぞれのアーティストが多様な美術表現(ポップ・アート、コンセプチュアル・アートなど)の方法を用いてそれぞれの独自文化的背景を武器にアートを実践するような美術の表現内容の多様な状況がある。日本の大衆文化のなかから成功する要素を欧米の文化圏へ持ち込む事で余剰価値を生み、ひとつの文化の中で生産、消費されただけでは想像もつかないような価値が付加される。本人は自らの作品がこのような高額で買い取られた理由について「女性の美意識に革命をもたらしたからだ」と分析する一方、「単に金持ちが作品の性的な要素に惹かれて落札しただけなのでは」とも話している。ちなみに落札したのは、会社を売って隠居したアメリカの80歳近い老夫婦である。

この村上の一連の創作活動について漫画家の細野不二彦は自身の作品『ギャラリーフェイク』を通して「既成文化の盗作に過ぎない。日本のオタク文化に詳しくない外国人が、これらの作品の引用的要素をオリジナリティと勘違いして高く評価するのは当たり前」と非難している(細野はかつてスタジオぬえのスタッフだった)。また、漫画原作者である大塚英志は教授として就任した大学のトークショーにおいて「現代美術のパチモノの村上隆は尊敬はしないし、潰していく。我々の言うむらかみたかしは4コマまんがの村上たかしのことだ」と強く非難している。大塚は現代美術家がサブカルを安易に取り上げることや後述のリトルボーイ展の戦後日本人のメンタリティを無視した展示内容に強い不快感を持っている。

村上は自らの作品について「日本人よりも外国人のほうが面白がって評価してくれる」と語っている。またオタクからの批判も多い。オタク知識のない海外で紹介する上では「何の情報を持たない海外では、まずは分かりやすい”サビ”の部分を繰り返し演奏する仕掛けが必要」と考える反面「それはオタクの方々には”否”でなんでしょうね」と批判を分析している。また、戦後の日本の美術界が西洋のモノマネで終わっていたが、マンガやアニメの表現方法で日本独自の芸術性が欧米のアートシーンの文脈に乗って紹介することで日本人独自の方法論でも世界のアートシーンで戦えると考えている。村上曰く、「マティスのような天才にはなれないがピカソやウォーホール程度の芸術家の見た風景ならわかる。彼(ウォーホール)らの行ったマネージメントやイメージ作りなどを研究し自分のイメージ作りにも参考にしている」と語っている。

一方、作品の多くをアシスタントに描かせる工場制を取っており、それらの作品からはウォーホールなどの情熱を感じないという指摘もあり、村上がテーマとしている“萌え”にも“萌え”ない人々も多い。評価も批判も多いが、作品コンセプト作りやプレゼン、作品や版権ビジネスのマネジメント、新しい作家の発掘などの才能を同時に持ち合わせた人物である。

取材を受けた際美少女ゲームについて語ったり、青年時代には劇場版『銀河鉄道999』を見るために1週間並んだりしたが、最近はオタク的な作品の閲覧はしていない。現在多くのアニメファンに支持されているGONZO社制作のアニメを低レベルと発言したり、新進アニメーションに対して挑発的な言動もある。

2003年2月25日、村上がルイ・ヴィトンの依頼でデザインした鞄が3月1日に発売されるのに合わせて東映アニメーションが制作したアニメ『SUPERFLAT MONOGRAM』が公開される。同年12月8日、海洋堂とのコラボレーションにより、自らのフィギュア作品をわずか350円の小さなフィギュアにしてナンバリングされた証明書を添付したアート食玩『村上隆のSUPER FLAT MUSEUM〜コンビニ エディション〜』を発売したことで話題を呼ぶ。食玩は本来菓子が商品でありフィギュアは「おまけ」であることから、村上は「5,800万円の作品が無料で大量に複製生産されることの面白さ」がこの商品の意義であると述べている。

2004年7月、ナルミヤ・インターナショナルのキャラクター・マウスくんが村上のキャラクターDOB君に酷似しているとして、ナルミヤを著作権侵害で提訴。2006年4月に和解が成立し、4,000万円の和解金を受け取る(これについてはそもそもDOB君がミッキーマウスをモチーフとしている(近似している)のに何故著作権を侵害されているなどと言えるのかといった大塚英志や東浩紀等からの批判がある)。なお、現在のマウスくんは村上の著作権を侵害していないとされる。

2005年1月末よりPHS会社・ウィルコムのCMに出演。同年4月、ニューヨークで個展「リトルボーイ展」を開催。自身の作品の他、ジャパニーズ・オタクカルチャーや日本人アーティストの作品が展示され好評を得た。またリトルボーイ展では「父親たる戦勝国アメリカに去勢され温室でぬくぬくと肥えつづけた怠慢な子供としての日本と、そうした環境ゆえに派生した奇形文化としてのオタク・カルチャー」、「それがゆえにオタク・カルチャーのきっかけはアメリカにもあるのだ」との考えが提示された。なお、翌年2006年にリトルボーイ展はキュレーターに送られる世界で唯一の賞であるニューヨーク美術館開催の最優秀テーマ展覧会賞を受賞した。

近年は六本木ヒルズのトータルプロデュースの一員やイメージキャラクター『ロクロク星人』のデザイン、フロアガイド冊子のデザインを手がけている。また『ルイ・ヴィトン ミーツ ネオ・ジャポニズム』と題し、高級ファッションブランド、ルイ・ヴィトンをクライアントとするコラボレーション製品などを発表。

アメリカの歌手カニエ・ウェストの2007年9月11日発売の『グラジュエイション』のジャケットのデザインを担当。同年10月以降、アメリカ・ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で大規模な展覧会「村上隆回顧展(C)MURAKAMI」が催される。ニューヨーク、フランクフルト、ビルバオを巡回予定。アート界を巨額の資金が動くアートビジネスへと牽引する貪欲さを見せている。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ベルサイユ宮殿の個展で〜決定的でしょう!
日本のオタクに、未来は無さそうだけど〜
村上の未来は、輝きに満ちていそう!

2010/9/4(土) 午前 4:34 [ オタク君 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事