ゲンブツ

 カブカップで、とくにマフラー交換出来ないノーマルクラスで苦労するのが(マフラー
が邪魔してスイングアームが使えない)レーサースタンド。
 各チームのアイデアの見せどころではある。
 なんとかノーマルのセンスタを加工して、簡単かつスマートにできないものかと、
チームメイトのU氏がフレームとスタンドの現物合わせをしながら頑張ってくれた。
 イメージ 1
 センスタピボットに乗せられるように上だけカットすれば…だが予想に反してイマ
イチ不安定でボツ。
 イメージ 2
 大工さんが作ってくれた、こんな木の台がピッタリだったりする(笑)。
 イメージ 3
 CBでツーリングした翌日に右手が痛くなったと以前ブログで書いたら、
 “ROOSTER”さんが、スロットルにはめる靴ベラのようなものがあると教えてくれた。
 先日ご来店のお客さんのスクーターにその現物が付けられていて、握力が弱い
ので非常に助かっているとのこと。
 イメージ 4
 握らせてもらったが、見た目の違和感に反し意外と馴染みやすい感触だ。
 ネットでみると、いくつかのメーカーから数百円〜千円台くらいで販売されている。
 まずは一度、スクーターツーリングで試してみようかな?

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

地味…

 天気が良ければバイクで見に行こうと思っていた昨日の全日本大学駅伝関東
地区予選会。
 今年はさいたま市の陸上競技場で午後5時半に1組目がスタート、ということで
鎌倉を昼過出ようとしたらやっぱり予報通りの雨がポツポツ…で断念。
 しかし現在は本当に便利だ。ご親切なユーチューバーさん?が数時間後には
映像ネットアップしてくれる。
 昨年度はアクシデントで予選落ちしてしまった我が母校だが、各組上位(2名×
4組 計8人)で走り切り、見事予選トップで11月の本戦出場権を得た。
 だがもともと地味な学校のせいか、トップ通過の報道も比較的地味(笑)。
 シード権の6校を何校食えるか、出来れば青学をやっつけないと目立たないか。
 イメージ 1
 先日の関東インカレの時の写真は、準エースの山藤(やまとう)選手(右)とエースの鈴木健吾選手。右端の草むらに地味に写ってるのが私のエスケープ ミニ(笑)。
 さて便利なユーチューブで、先週たまたま「マルサの女」を観ていて、主人公の宮本信子さんが尾行でバイクに乗るシーンは、確かビラーゴ250だったよな…
と思っていたらレブルだった(笑)。
 持ち主にも印象の薄い地味なバイクだ。
イメージ 2
 レブルが不憫に思えて、今朝、江の島をバックに七里ガ浜の丘という目立つポイ
ントで記念撮影。私はけっこう気に入ってるレブルだが、お客さんに代車等で貸し
ても何の反響もない(笑)。

この記事に

開く コメント(6)

プラスアルファ

 梅雨入りしたというのに、なんだろうこの爽やかな陽気は…という今日の鎌倉。
 
 昨晩、仕事帰りに立ち寄った自宅近所のスーパーで声を掛けられた。
 現在大学1年の娘の幼稚園年長時の担任の先生で、昨年幼稚園を退職され、自宅でガレージカフェをオープンされていた…
 娘を連れて行こう行こうと思いつつ、すっかり時間が過ぎていた。
 
 ということで、心地よい陽気のせいもあり、リードのマフラー交換後のテスト走行+サボりで表敬訪問。
イメージ 1
 くるま好きのご夫婦が自宅で昨秋オープンした“Garage Cafe 105”は、内装も素敵で、週末はマニアも集まる。
イメージ 2
イメージ 3
 息子さんが作ってくれる美味しいカフェラテをいただきながら、積もる話も尽きないが、仕事中ゆえ泣く泣くおいとま。
 先生、今度は+娘で行きますので、よろしくお願いします!

この記事に

開く コメント(8)

どうでしょう

 ライフワークとまではいかないが、行動パターンの一つになっている学園祭巡り。
 基本的に同じところには行かないので新鮮なのだ!ということでどうでしょう。
 昨日は、今年から娘がお世話になっている大学の他キャンパスの学園祭に行って
来た。
 イメージ 1
 横浜郊外の緑が多い住宅地という立地にあるキャンパスは、環境学部、メディア
情報学部という新領域の学部を有し、21回目の学園祭同様まだ新しい。
 東大の5月祭の規模(広さや人の多さ)に圧倒された中年の私には、どのブースでも混雑がなく、親切・丁寧に学生が説明してくれるこちらの方が楽だった。
 ゆっくり・じっくり廻れる学園祭が好みの方にはおすすめ。来年どうでしょう。
 イメージ 2
 森林と砂漠地帯について一生懸命に説明してるのに、手の影を投影させて邪魔
してるこども(笑)。一緒にいて注意しない親はどうでしょう。
 ユニークだったのは環境学部ということで、模擬店の食べ終わった容器の処理
方法。
 イメージ 3
 二重(トレー&シール)になっている容器の汚れた部分(シール)だけ剥がして、
トレー再生を効率化。これで50円返金のシステムで、350円の焼うどんだと実質
300円になる。
 分別自体はどこでもやっているが、返金とトレーは目新しい。他でもどうでしょう。
 さて、昨日の目玉企画は“水曜どうでしょう”のディレクター、嬉野氏の講演会。
 イメージ 4
 事前予約+有料(¥1,000)ということで行かなかったが、“水曜どうでしょう”と
いえば、カブの旅。駐輪してあったリトルカブが目に入った。
 イメージ 5

イメージ 6
 もしかしたら嬉野氏の…それともヘビーなファンのものか…どうでしょう?
 
 

この記事に

開く コメント(4)

モノの価値

 中古車にしようか迷っていた原付スクーター2台を、結局今朝処分した。
 再生費を考えると販売相場からして利益が出ない。それでも売ったほうが後々利益に繋がるじゃないか、という考えもあるが、保証や諸々…そうでもない気がする。
  
 市役所から市民税・県民税の通知書がきた。中の案内を見ると“よくあるご質問”の欄があり、
 「鎌倉市は他市に比べると高いのでは?」に対し、
 「市民税が他市に比べて高いということはありません…県民税は高い場合があります」とある。なるほど、なるほど…って、やっぱり高いのかい!                           
イメージ 1
 高いといわれるのが恥ずかしくなる低額納税者ゆえせめて早めにということで、
早速支払いに行って来た。ついでに図書館でCDを借りるのを忘れずに(笑)。
 
 久しぶりに図書館に行ったら窓口横に図書館存続の募金箱があった。資金難は
どこも同じということで、小銭を入れたが…
 図書館は貧乏の私には非常に助かるのだが、ただでも本が売れないご時世、作家さんにとっては死活問題のようで、新刊本は各館一冊まで、と訴えている売れっ子作家もいる。
 音楽教室にも著作権料を、ということだし、みんなが納得できる線引きができるといいのだが…
 
 そういえば“ROOSTER”さんのブログで、お友達のZX−10が登場していて、我が青春のZX−10(旧)でもあるのだが、なんと3諭吉で手に入れたとのこと。
 イメージ 2
 今さらだが、モノの価値がよくわからない時代になってきている。

 

 

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事