全体表示

[ リスト ]

バッテリー

バッテリー管理

走って、曲がって、止まる。
自動車の安全走行のために重要なことだが、
消防車両はエンジンが確実に始動することも重要である。

車検ではバッテリーのターミナルの点検程度で、
バッテリーの性能(始動性)は点検項目には無い。
しかし、消防車両はバッテリーの点検を怠らない。
バッテリー上りはあってはならないからである。

頻繁に走行していればエンジンに付属する発電機(オルタネーター)で充電されるため、
バッテリーが上がることは殆どない。
(寿命を迎えていては充電しても無意味だが)
最近は消防職員数の割りに消防車両が多くて、動かす時間が無い車両も多い。
そこで「ずぼら充電器」なんて常時満充電状態にする装置もある。

救急車は消防車両の中でも走行する時間が多く、充電はバッチリ。
かと思っていたが、救急車のバッテリーが頻繁に上がる現象が起きた。

1日目、患者さんを病院へ搬送し、消防署へ戻る時にエンジンが始動しなかった。
  応援を呼びブースターでエンジン始動し消防署へ戻り充電。
2日目、救急出動後にバッテリー点検すると比重が下がっている。
  修理工場へ、
  オルタネータの発電容量が少ないためオルタネーター交換

オルタネーターの発電容量が少ない。こんな故障を見つけるのは困難だ。
しかし、バッテリーが弱っていく過程で様々な兆候が現れる。
1、ライトが暗くなる
2、スターターの回りに勢いが無くなる
3、アンメータが−側に頻繁に触れる

様々な兆候を見逃さないこと。定期点検を怠らないこと。

患者を搬送する時でなくて良かった。
   

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事