ここから本文です
無題な濃いログ
PCセキュリティ情報、ウイルスメール、迷惑ソフト感染駆除削除、ネットの話題を書き出してるhttpsブログ (*´w`*)ノ

書庫全体表示

Windows DefenderとMSEの違い? マイクロソフトのウイルス対策ソフト


Windows OS の生みの親である米国 Microsoft(マイクロソフト)が提供してる常駐監視機能をサポートしたセキュリティ関連のフリーソフト…

  • Windows Defender
    ウィンドウズ デフェンダー

  • Microsoft Security Essentials (略称、MSE)
    マイクロソフト・セキュリティ・エッセンシャルズ

この2つの内、Windows Defender については Windows OS ごとに対応内容が異なっていて紛らわしい?

まず、マイクロソフトはマルウェアの分類として、大きく2つの区分けをしており、ウイルス定義データの内部を確認すると2つのファイル が用意されてます。


【Microsoft Security Essentials(MSE)】

対応する OS → Windows XP、Windows Vista、Windows 7
対応する脅威 → ウイルス & スパイウェア


【Windows Defender for Windows XP/Vista/7】

対応する OS → Windows XP、Windows Vista、Windows 7
対応する脅威 → スパイウェアのみ


【Windows Defender for Windows 8/10】

対応する OS → Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
対応する脅威 → ウイルス & スパイウェア

Windows 8/10 に MSE は導入できない

Windows 8 や Windows 10 に Microsoft Security Essentials(MSE) は導入できません。

…というのも、OS に最初から組み込まれるウイルス対策ソフト Windows Defender が Microsoft Security Essentials に取って代わったためです。

Windows 8 や Windows 10 に、市販のセキュリティソフト 「ウイルスバスター・クラウド」「シマンテック・ノートン」 インストールすると、機能が被ってトラブル発生するのを防ぐため、自動的に Windows Defender が無効化されます。

Windows Defender for Windows 8/10

脅威から守ってくれる防護層(対応してる機能の数)に違いがあって、Windows Defender はウイルス定義データを使った単純ファイル判定による1重です。

  • ウイルスバスター、ノートンなど → 総合セキュリティソフト

  • Windows Defender → 基本的なウイルス対策ソフト

1日に万単位で投入される脅威を前に、対応がとても間に合ってないウイルス定義データ以外に、総合セキュリティソフトは複数の防護層を用意して対処してます。

ウイルスバスター(トレンドマイクロ)なら、コチラのページ で言うところの「ウイルス/スパイウェア対策」以外の機能たち、ノートン(シマンテック)なら コチラのページ で言うところの「ウイルス対策」「スパイウェア対策」以外の機能たちです。

関連するブログ記事

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事