FIRE LIGHTS 〜焚き火の灯り〜

ご来訪、ありがとうございます。コメ&ポチ、よろしくお願いします!

狂騒

ハロウィーン なる祭りが近年流行りだした。

名前は知っていたが、どのような祭りかは

全くもって知らなかったのだが、

アメリカでは、子どもたちがお化けや悪魔に扮装して、

各家々を周り、お菓子をもらうというものらしい。

では日本では・・・。

大きな子どもが繁華街で馬鹿騒ぎする。

という祭りらしい。

なんだろうか?これは?

しかも、暴れているのは10代じゃない。

結構な大人のようだ。

そうしたことに参加している人たちの心理は

私は全く理解できないのだが、

なんとなく言えることは、

「みんな、ストレス溜まってんな!」

ってこと。

欲求不満、ネット社会特有の精神的負荷。

ってところだろうか?

でもまぁ、一応法治国家たる日本で法に触れることはいかんね。

暴れたい気持ち、がわからないリア充ではないけれど、

ほどほどに、ほどほどに。

開く コメント(0)

流山市という所。

私が住む流山市という所は最近開発とか進んで、大分住みやすく(旧住民には住み辛く)なった東京近郊の市だ。

ここでなんか勘違いしている人たちがいるようなので一つ声を大にするわけでもないけれど言っておきたい事がある。

昨年、市は中学校の体育祭での組体操を辞めるように指示をした。

まぁこれはこれで悪いことではないのだけれど、これは裏を返せば、流山市では身体における教育を怠ってきた事を明確に市として認めたことであると言えるだろう。

なぜ?

と、思うだろう。
なぜなら、幼年期(保育・幼児教育時)から運動教育をしていれば、出来ないこういう宣言は必要ないわけだからだ。

つまり、流山市では子どもたちの発育に必要な身体作りの教育や活動を推進していない。

と、認めたのだ。

体育の人としてホントに恥ずべき市政だなと思う。

そういうことを改める発言や行動をしてみたけど中々理解されないのでそろそろ見捨てようかなー。

なんて思う夜でした。


もしかしたら、こと記事削除するかもねw

開く コメント(0)

雪が降った。

何年かに一度は今年のように大雪が降る。

今回は前もって予報が出ていて

結構対応できた方なのではないだろうか?

それでも色々と影響が出ている。

まぁ自然のことなのでしょうがないと思わざる得ない。

私のことを言うならば、こんな雪の日に限って

愛車が車検で、代車で動くという不運。

愛車ならば、四駆でスタッドレスタイヤを履いているので

難なく過ごせたであろうが、なかなかどうして、

こういう時に、、、

という感じだ。

しかし、日本人はこういうことに

弱くなってしまったのではないか?

と、思う。

無論、雪国であればこれくらいの雪で?

と思うだろうけれど、都心部の人間はなかなかこうした天候についていけない。

でも、何年かに一度は起きることなのでわかるだろう?

と思っているのだけれど、世の中はそうじゃない。

もう少し、強くならないといけませんな。

日本人は!

開く コメント(0)

イメージ 1



久しぶりに小説を読んだ。

なんとなく本屋で見つけた。

「烏に単は似合わない」

「烏は王を選ばない」

という2つ。

作者は「阿部智里」という方。

正直、本当に、久しぶりに良い作者・良い作品に出会った感じ。

続きもあるらしいので近いうちに手に入れようかと思う。

オススメです!

開く コメント(0)

普通。

「『普通』に生きられないのか!?」

二十代の頃、キャンプの仕事がしたくて、

とりあえずバイト生活をしていた時に、

父親によく言われた言葉。

で、『普通』ってなに?

と問うと、

「そんなことも知らんのか!」

と、また怒鳴られる。

わからないから、教えてくれよ。その通りにするかさ。

と再び問うても、帰ってくる答えは、

「自分で考えろ!」「知らん!」「馬鹿野郎!」

などなど罵声。

そして、四十過ぎた今だに、『普通』ってよく解らない。

どんなことが『普通』なんだろうね?

そんなことより『らしく』生きることの方が、

楽しいし、大切だと思っている。

というわけで、今年も、『らしく』生きていければ。

と思います。

あけましておめでとうございます。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事