全体表示

[ リスト ]

【 「聞こうとする」 と 「聞こえている」 
  

大阪府 吹田市豊中市で頼れる補聴器専門店

【 はじめて補聴器 】 です。

当店は、

スタッフは 【 認定補聴器技能者 】 として、

店舗は 【 認定補聴器専門店 】 として、

補聴器プロフェッショナルの資格を有する補聴器専門店として

認められているお店です。
 

北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅 徒歩1分

アザール桃山台 2階

郵便局さん向かい ・ カプリチョーザさん横


カスタムIEM(イヤモニ)専用ページ:http://hajimete-iem.jimdo.com/





当ブログに 訪問していただき、ありがとうございます!


初めての補聴器相談も

既にお持ちの補聴器調整も

お気軽にご来店ください。


店舗前には、

チラシ ・ 店舗ハンドビラ ・ ポケットティッシュ を準備しています。

ご自由にお持ち帰り下さい。


当店は事前予約をお勧めしています。

購入をするかしないかの関係なく 一人一人のお客様に

じっくり時間をかけてお話させていただいています。

お気軽に電話にてご予約下さい。

06-6170-1615です



【 臨時休業のご案内 】

6月9日(土曜日)はメーカーセミナー出席の為

臨時休業いたします。



オープンして3年目を迎えました。

当店や私に関わってくださった皆様のおかげだと

心から感謝いたしております。

オープン準備に走り回っていた日々。

オープン直後は本当に不安だった日々。

忙しくなりはじめて嬉しかったことも昨日のことのように思い出します。

ですが私の初心は変わりません。

オープン当初も今も同じ気持ちで おひとりおひとりに親切丁寧に取り組んでいます。

終日予約で一杯の日が多いので

飛び込みでご来店のお客様に対応できないのは本当に心苦しいのですが

お客様のほとんどの方は後日予約を取っていただいてご来店下さいます。

お客様のみなさまに丁寧に対応してベストな補聴器を提供したい。

この精神で今後も頑張っていきます。


全然話は変わりますが

昨年の晩秋、店内のエアコンが壊れてしまいました・・・。

業務用エアコン2基ですから出費の桁が一つ違います

当店は夏も冬もビル自体のエアコンが効いているので いらないといえばいらないのですが

汗をかきながらもご来店して下さるお客様を見ていて

やはりこれは購入しなければと

思い切って業務用エアコン2基を入れ替えました

イメージ 1
イメージ 2


今年に入ってウォーターサーバーも導入しましたので

暑い夏は冷たいお水と

新しいエアコンで快適な店内に是非お越しください。

ちなみに先月、プラズマクラスターの空気清浄機を もう一台導入しました。

お客様が居心地のいい空間を

今後も作っていきたいと思っています。








今回のタイトルは、

【 「聞こうとする」 と 「聞こえている」   です



先日、他のお店で3年ほど前に購入した補聴器を

全然使っていないので調整してほしいと

ご夫婦でご来店になったお客様がいらっしゃいました。

奥様が補聴器をお使いになるのですが

奥様は補聴器がなくてもそこまで不便ではないということでしたが、

御主人が奥様に使ってほしいというケースです。


非常に優しい御主人で

難聴は 人に無視しているなどといった誤解を与えたり

新聞で難聴が認知症の要因になるという記事を見たと

奥様を想ってのご来店です。



私が燃えないはずはありません!



何とか良い聞こえをと思い

聴力を測定し補聴器をフィッティングしたところ

今迄との聞こえの違いに驚かれ

「これだけ良く聞こえるんだったら慣れる様に努力します。」と

奥様が仰って下さり

御主人も、「よく聞こえているなあ。」 と感心しきり。


補聴器は慣れるまでのトレーニングが必要で

慣れた後もこれ以上は やかましいというポイントを見つけるまで

繰り返し調整が必要だということと、

慣れた後も定期的なメンテナンスと

年に一度の聴力測定が必要であるし

お使いになる方それぞれに

場面や希望に合わせた音作りが必要で

「購入したら終わり というものではないですよ。」

とご案内して、約一カ月調整を続けましたら

奥様はすっかり良く聞こえるようになられ

補聴器と言われるだけで毛嫌いされていたのに

今では自ら喜んでお使いになってくださっています。


御主人からは「ウソみたいや・・・。」なんておっしゃっていただき

私も嬉しい気持ちでいます。


ある時 奥様が仰った言葉が私の胸に残っているのですが

それは、


「聞こうとする」 と 「聞こえている」 は違う。


という言葉。



補聴器がフィットしていなかった時は

補聴器をつけてもよく聞こえなかったし

補聴器をつける以前もよく聞こえていなかったので

別に聞こうともしていなかったそうです。

だからなんとなく聞こえている音も

だだ耳に聞こえているだけで理解しようとしていなかった。

でも補聴器を調整してよく聞こえるようになってから

自分からいろんな音を「聞こう」としている自分がいて

「聞こう」としているからこそ理解できるし

色んな事を考える。

補聴器で聞こえるようになってからは

最初は いろんな音が聞こえて少ししんどかったけど

それは、自分が今まで聞こうとしていなかったからで

いわば聞こえに対してサボっていたから。

今はスッカリ慣れたので

今まではなんとなく「聞こえてる」だったけど

今では自分から「聞こうとしている」から全然違う。



私の方が圧倒されるモチベーションです。

そしてお話しがとてもうまくてわかり易い。

素晴らしい説明力、説得力です。


凄いなあ…なんて圧倒されていましたら

ご職業は

なんと北新地の老舗クラブの現役ママさんという事でした。

なるほどー 私の方が勉強になりました。



音楽がお好きな方で

グランドピアノがお店にあるそうで 時々ご自身も

ピアノ演奏をなさるそうです。

補聴器を装用することで

今迄と違った味のある音色を奏でてほしいなぁ

なんて思いました。



補聴器を装用することで

「聞こえる」という事にはなりますが

このお客様のように、

ご自身の「聞こうとする」気持ちや努力が伴うと

その効果は何倍にもの大きなものになります。

調整する私も真剣です。

お互いの真剣さがあればこそ

補聴器は本当の真価を発揮するのかもしれません。



補聴器販売は

自動車教習所の教官の様なものと聞いたことがあります。

お金を払って生徒となり、お金を頂いている方が教える側になるから。

でも今回のお客様と出会って

決してそうではないと思いました。


私は決して教官ではない。

確かに補聴器のプロですが

お客様から教えていただく事もいっぱいです。

ましてや多くのお客様は人生の先輩です。


当店もオープンから3年目を迎えましたが

これからも謙虚な気持ちで初心忘れず、

先義後利の精神で頑張っていきます!!!









皆さまからのご意見や ご質問 大歓迎です。


ブログに コメント大歓迎です

「コメントはチョット・・・」というお客様は、お気軽にメールをどうぞ

個別にて ご返答いたします。

メールアドレス:n.makoto.ha@gmail.com



お読みいただき ありがとうございました!




大阪府吹田市 認定補聴器専門店

補聴器を「優しく易しく」

【 はじめて補聴器 】

桃山台店

大阪府吹田市桃山台5−2−2
アザール桃山台2F
06-6170-1615

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

僕も補聴器の時はケアがなくて、聞こうとしてませんでした。避けるというか逃げてました。でも人工内耳となって店長のおっしゃるように「聞こうとする」気持ちが強くなって、改善したと思ってます。

朝からいい話をありがとうございました。

2018/5/10(木) 午前 10:33 [ じぇ〜〜ん ] 返信する

顔アイコン

> じぇ〜〜んさん
聞こえにくくなると、聞き返したら悪いとか、頓珍漢と思われたくないとか思ってしまって、人との接触を避けてしまったり、だんだん聞こうという事から目を背けてしまいがちです。
補聴器を装用することでネガティブだった気持ちがポジティブになって、「聞こうとする」に変わる。そうなることで再びコミニュケーションが復活して社会生活が円滑になる。
難聴って社会的認知が低い様にも感じていますが、聞こえるようになる事はホント素晴らしい事ですよね。

2018/5/10(木) 午後 0:57 [ はじめて補聴器 ] 返信する

あ、もしかして、この奥様はピアノか何か楽器を演奏される方なのでは…?
と思いながら読み進めていたら、やっぱりそうでした!

昔ピアノを習っている時によく注意されたのが(今は注意する方ですが)「自分の音をしっかり聞きなさい。聞こえてる、ではダメ。聞こうとしなければ本当には聞こえない」ということです。
弾いてる時は、もちろん自分が出してる音は聞いてるわけですが、「ただ聞こえてる」のと「聞こうとして聞こえる」のは全く違うんです。それは必ず演奏に表れます。
耳と脳の関係だと思うのですが、本当に不思議です。

ちなみに、私はレッスン中は補聴器のボリュームを上げています。生徒の話をできるだけちゃんと聞き取りたいからですが、レッスン以外の時、例えば家で同じボリュームにしたら、うるさくて我慢できません。家ではレッスンのように一生懸命聞こうとはしないので、補聴器が拾う音をやかましく感じてしまうのだと思います。レッスンでは全くやかましく感じないのに…

「聞こえ」というのは本当に複雑ですね。

2018/5/10(木) 午後 4:52 [ のはら ] 返信する

顔アイコン

> のはらさん
ピアノを演奏される方にとって「聞こうとする」ってとても大切な事なんですね!

音って単純に感じがちですが、「聞こうとする」ことでニュアンスや音色と言った味の部分を感じるんだと思います。
耳と脳の関係は医学的にもいまだにわからない部分が多いのですがそういう複雑なところからなんでしょうね。

ピアノを演奏される方って、やっぱり通じるものがあるんですね。読みながらそう思われたってすごいです

2018/5/12(土) 午前 11:03 [ はじめて補聴器 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事