全体表示

[ リスト ]

耳を守るカスタムイヤホン
【Westone ES80】のご紹介
  

大阪府 吹田市豊中市の補聴器プロの店

【 はじめて補聴器 】 です。

当店は、

スタッフは 【 認定補聴器技能者 】 として、

店舗は 【 認定補聴器専門店 】 として、

補聴器プロフェッショナルの資格を有する補聴器専門店として

認められているお店です。
 

北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅 徒歩1分

アザール桃山台 2階

郵便局さん向かい ・ カプリチョーザさん横


カスタムIEM(イヤモニ)専用ページ:http://hajimete-iem.jimdo.com/



当ブログに 訪問していただき、ありがとうございます!


初めての補聴器相談も

既にお持ちの補聴器調整も

お気軽にご来店ください。


店舗前には、

チラシ ・ 店舗ハンドビラ ・ ポケットティッシュ を準備しています。

ご自由にお持ち帰り下さい。


当店は事前予約をお勧めしています。

購入をするかしないかの関係なく 一人一人のお客様に

じっくり時間をかけてお話させていただいています。

お気軽に電話にてご予約下さい。

06-6170-1615です


【 臨時休業のご案内 】

9月22日(土曜日)・10月6日(土曜日)

補聴器フォーラムやワークショップ参加のため臨時休業をいただきます。

恐れ入りますがよろしくお願いいたします。



9月に入ってやっと涼しくなってきました

お客様もご来店いただきやすい季節です

とはいえ最近の異常気象や地震・台風といった自然災害は

少し怖い気もします

日ごろの備えや、もしもの時の行動などを

改めて考えておくことが必要だと思いました。

停電した際の備え。

水道が止まった際の備え。

ガスが止まった際の備え。

それから、数日を過ごせるだけの乾パンのような日持ちする食糧。

車があれば普段からガソリンを満タンに入れておくなど…

怖さに怯えてしまいがちですが

そこは転んでもただでは起きない強い気持ちをもって

防災意識を高め、予期せぬことに備えたいものです





今回のタイトルは、

イヤモニピックアップ 【 Westone ES80 】 です。



今日のブログは久しぶりに補聴器からはなれて

カスタムIEM (イヤモニ) についてです。

※イヤモニとは簡単にいうとオーダーメイドイヤホンの事です。


当店は補聴器専門店ですが

耳型採取の技術を活かし、カスタムIEM(通称イヤモニ)を

取り扱っています。


イヤモニは日を追うごとに注目を受けているように感じています。

過去の私のブログの中でもイヤモニ関連のブログには

今でも毎日多くのアクセスがあり、

たくさんの方の参考になっているようです

問い合わせも多く

メール質問などもたくさんお受けしています。

そこでお願いしたいのですが、イヤモニの受注には時間がかかりますので

ご来店の前に ぜひご予約をお願いします。

耳型採取を含めると小一時間は時間を要します。


当店のイヤモニ専用ホームページでもお伝えしておりますが

良い耳型採取が出来なければ

イヤモニの性能を活かしきれません。

当店は補聴器専門店ですので

その耳型採取をこだわって行っていますので

せっかく作るイヤモニをいい商品に仕上げるために

お時間の余裕を見ていただければと思います。



さて。

今回は以前からリクエストを沢山頂いていた

【 ES80 】の試聴レビューを行いたいと思います。


イメージ 1



ちなみに過去の試聴レビューはこちら↓↓↓




発売直後に試聴したときは短時間でしたが

今回はしっかり時間をかけて【 ES80 】の試聴を行いました!


まずは価格から。

ハイエンド機となりますので価格は198,000円 (本体価格・税込)。

ここに耳型採取料金がプラスになります。



ドライバはバランスドアーマチュアドライバ8基搭載。

 (高域×4・中域×2・低域×2)

【 ES60 】に さらに高域のドライバが2基追加されていることになります。

・・・という事は高域が伸びるんだろうなーなんて言う安易な予想を

【 ES80 】は軽く飛び越える素晴らしいイヤモニでした!


私が聞いた感想は

単に【 ES60 】に高域のドライバが追加されただけではないという事。

【 ES80 】はESシリーズとはいえ音の調整を

改めて専用にセッティングされていると感じました。


とにかく音が深くて美しい。

これ以外に表現のしようがありません。


プロ用にフラットにモニターするなら【 ES60 】でも十分だと思いますが

こういうプロ用のイヤモニというのは

あまりにも音がフラットで

耳の肥えた人にしか

違いがわからない事もあるのですが

【 ES80 】の深くて美しい音色は

ある意味イヤモニ初心者の度肝を抜くことになるでしょう。


私は個人的には【 ES50 】のメリハリある音が好きなのですが

【 ES80 】はそこに透明感と美しさ・深さを足した感じ。


聞けば聞くほどにその音の深さと美しさに引き込まれ

あの曲も、この曲もと

延々と色んな楽曲を聞いてしまいます。

ボーカルの息遣いや吐息など

すぐそこで歌っているようにすら錯覚する素晴らしさです。


エレファントカシマシの「今宵の月のように」は

歌いだし時にボーカルの息遣いが聞こえるのですが

【 ES80 】で聞くと口が開くのが見えるような気すらします。


また私はレビュー時には必ず葉加瀬太郎を聞くのですが

高域といえばHistory of futureと言う曲がキレイなので聞いてみると

バイオリンの美しさこの上ないです。

この感動を言葉で伝えられないのがもどかしい。

また高域がキレイなアーティストの歌声は

ホントに美しく聞こえます。

Superflyや広瀬香美など聞くと とても気持ちがいいです。

布施明の「君は薔薇より美しい」を聞くと

素晴らしい歌声・・・音がきれいに聞こえると

本当に歌がうまい方の歌声は聞きほれてしまいます。



Westoneのイヤモニはどれも素晴らしいですが

はっきり言って【 ES80 】は別格です。

もうこれ以上のものはないのではないでしょうか。


特にWestoneはフレックスカナルという技術が素晴らしいので

音楽の世界に没頭できます。

それがゆえにESシリーズはそれぞれに特徴があり

その違いをリアルに感じることが出来る訳ですが

あくまでこれは私の個人的感想ですが

ESシリーズは大きく分けて2つに分類できる音作りと思っています。


フラットでクラシックやジャズ向きの【 ES60 】・【 ES30 】と

割とパンチのあるロックやボカロ向きの【 ES50 】・【 ES20 】。

楽曲作りやレコーディングには【 ES60 】・【 ES30 】が

向いていると思っていて、

逆にステージでなら【 ES50 】・【 ES30 】が合うのではと。


神バンドベーシストのBOHさんも

楽曲仕込みモニター用途では【 ES60 】を使い

ステージでは【 ES50 】を使っておられるようです↓


では【 ES80 】はどうか?

答えは明快でどちらで使っても素晴らしいでしょう。

販売店の私もはっきり言って所有したい!!

そう強く思うイヤモニです。


超ド級が出てしまったな・・・というところでしょうか。



何度も言いますがホントに音がキレイです。

原音に忠実なWestoneですから

例えば古いタイトルを聞いたら

それはそれでとてもいい。

またロックで例えますが

UFOの「C'mon Everybody」 は

レコードで聞いているような古さが逆にリアルに感じますし

YellowMagicOrchestraの「RYDEEN」は

電子音なので逆に新しい録音を聞いているような気がしました。




なんとなく感想ばかりになっていますが

総評で言うと

やはりWetoneらしいバランスでありながら 深くてきれい。

ちょと突っ込んであえてどこがキレイか言うなれば

中高域の深さと美しさが少し際立っているかなと思います。

まあ何を聞いても気持ちよいです。

周波数帯域が【 ES60 】より広がっている分、

倍音が味としてとても大切なクラシックなどは

【 ES80 】の方が味わい深い音になって当然といえば当然です。

ただ、高域2ドライバ追加とはいえ

利得的に際立っている訳ではありません。

何度もしつこいですが高域がキレイに聞こえるんです。

高域のドライバ追加ですからキレイで当然かもしれませんが

ドライバが多くなれば本来はバランスを合わすのが難しいはず。

逆に言えばバランスが崩れる。

それを新しく合わせ、なおかつ整える事で

ここまでフラットに仕上げて来るわけですから

Wetoneはドライバ自身がとてもいいんでしょうね。

開発は相当苦労されたことでしょう。


では低域はどうか?

イヤモニの良さは外音を防ぐことで得られる低域の

リアルサウンドでもあります。

新しく見直したであろう低域のドーンとくる感じも

ものすごく深いです。


【 ES60 】とも【 ES50 】とも違う深みがあります。

葉加瀬太郎の「ZERO HOUR」という曲の

冒頭を是非聞いていただきたいのですが

そこだけ聞いても【 ES80 】を購入して良かったと、感動を覚えるはずです。

やはり低域も新たに見直されていると思います。




今回レビューに使いました【 ES80 】は

Westoneさんにお願いしてお借りしたものですが

まあはっきり言って 聞いた瞬間にこれはすごいと

ホントに感動しました。


イヤモニでもスピーカーでも同じなのですが

最初感動しても、だんだんその音になれてしまって

感動が薄れゆくものですが

【 ES80 】に関してはそれがなかったです。


約半月レビュー用にお借りしましたが

いつまででも聞いていられるし

いつ聞いても感動は褪せなかったです。

逆にあの曲を聞いてみたい、この曲も聞いてみたいと

欲が出るくらいです。


価格ははっきり言って高額ですが

【 ES60 】のご予算がある方は

少しがんばって【 ES80 】を購入なさった方がいいと思います。

そのくらい差があると私は感じました。


あと最後に一つ。

【 ES80 】はMMCXケーブルもプレミアムケーブルが

標準となっています。

ALOケーブルというのですが

通常のESシリーズに付属されるケーブルより明らかに太いです。

スピーカーケーブルなどもそうですが

ケーブルが太くなると音はよりフラットになり

クラシックを聞かれる方などには好まれます。

今回はこんなところにも

Wetoneのこだわりを感じる【 ES80 】のレビューでした。








皆さまからのご意見や ご質問 大歓迎です。


ブログに コメントを入れていただくのは大歓迎ですが、

「コメントはチョット・・・」というお客様は、お気軽にメールをくだされば

個別にて ご返答いたします。

メールアドレス:n.makoto.ha@gmail.com



お読みいただき ありがとうございました!




大阪府吹田市 補聴器専門店

補聴器を「優しく易しく」

【 はじめて補聴器 】

桃山台店

大阪府吹田市桃山台5−2−2
アザール桃山台2F
06-6170-1615

認定補聴器技能者が常駐しています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

店長の感想からミスチルや、六甲おろしが聴いてみたくなりました。

2018/9/18(火) 午後 1:31 [ じぇ〜〜ん ] 返信する

顔アイコン

> じぇ〜〜んさん
六甲おろしいいですね!
ここはあえてオマリーバージョンの六甲おろしを聞いてみたいです

2018/9/21(金) 午前 9:26 [ はじめて補聴器 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事