全体表示

[ リスト ]

商売って何だろう?

【 商売って何だろう? 

大阪府 吹田市豊中市の補聴器プロの店

【 はじめて補聴器 】 です。

当店は、

スタッフは 【 認定補聴器技能者 】 として、

店舗は 【 認定補聴器専門店 】 として、

補聴器プロフェッショナルの資格を有する補聴器専門店として

認められているお店です。
 

北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅 徒歩1分

アザール桃山台 2階

郵便局さん向かい ・ カプリチョーザさん横


カスタムIEM(イヤモニ)専用ページ:http://hajimete-iem.jimdo.com/






当ブログに 訪問していただき、ありがとうございます!


初めての補聴器相談も

既にお持ちの補聴器調整も

お気軽にご来店ください。


店舗前には、

チラシ ・ 店舗ハンドビラ ・ ポケットティッシュ を準備しています。

ご自由にお持ち帰り下さい。


当店は事前予約をお勧めしています。

購入をするかしないかの関係なく 一人一人のお客様に

じっくり時間をかけてお話させていただいています。

お気軽に電話にてご予約下さい。

06-6170-1615です




【 臨時休業のご案内 】

11月13日(火曜日)〜14日(水曜日)

補聴器メーカーのセミナー参加のため臨時休業をいただきます。

恐れ入りますがよろしくお願いいたします。




毎日予約でいっぱいの日が続いております。

お気軽にご来店いただきたいのですが

飛び込みのお客様にはしっかりと時間が取れない状態です

申し訳ありません。

特に初めてのお客様にはぜひご予約いただければと思います。

お気軽にお電話ください♪

06-6170-1615 です。

空いている時間をご案内いたします。



先日東京でのセミナーの後

山梨県に立ち寄り富士山を見に行きました!

初めて近くで見る富士山にワクワクでしたが・・・雲で裾野しか見えず

日頃の行いをもっとよくして

またリベンジで見に行きたいなぁ〜なんて思っています







今回のタイトルは、

【 商売って何だろう?   です



ここ最近、メーカーのセミナーや展示会などで

いろんな方と話す機会がたくさんありました。

皆さんそれぞれの考えがあって

補聴器販売を業とされていますが

最近なんとなく感じているのが

補聴器販売店の店主の方は

大きく二つの考え方に分かれているなぁという事。



補聴器関連の場で話をしていますので

補聴器が話の中心になるのは当然なのですが

そこで 「売上」 を話題の中心にされる方と

「お客様」 を話題の中心にされる方に分かれるように感じています。




もちろん補聴器を販売して生活していますから

売上は大事です。

それは否定しませんが

「どうすれば単価が上がるか?」

とか

「どうすれば購入に結び付くか?」

などの話を熱く語られても

私からしたらまったくもって 「?」 って思ってしまいます。


それって販売側の勝手でしかないのではないか?

少しでも高いものを買ってもらうことが大切なんでしょうか?

とにかく一台でも売れればいいのでしょうか?

そういった話を熱心にされる思考の中心に

お客様は存在していないように感じます。

結局目標は「補聴器販売を業とする=お金」だけなのでは

と思ってしまいます。

熱心になるポイントが私とは違うなって思うんです。





単価がどうの、台数がどうの、

そんな話は私には興味がないです。

そもそも補聴器を台数って言い方するのも

私はあまり好きではないです。



補聴器販売は、そういうものではないと

私は思っています。


私はメーカーさん含め 同業の方と

「この補聴器はこういうケースの難聴に

このように調整したらフィットした」

とか

「こういうアドバイスをしたら喜んでいただいた」

といったような

どうすれば補聴器がより難聴者の役に立つかという

話をしている方がよっぽど有益で楽しいです。


私は以前このブログでも述べましたが

補聴器販売業は 「 やさしさ 」 がまず最初にないと

成立しないと思っています。

そのためには販売側も常に勉強しないといけない。

責任も伴います。




「お客様にどうすればより良い聞こえを届けられるか?」

まず最初にそういう事を考えておられる補聴器専門店の多くは

お客様に本当の意味で支持されていると思いますし

お客様の満足度も高いと思います。

私の知っている補聴器専門店さんでも

そういうお店は沢山あって

そういうお店のほとんどはお客様でにぎわっています。


以前このブログで

他店で購入された古い補聴器の調子が悪いというお客様の

ケースを紹介したことがありますが、

私はそこでまず今お持ちの補聴器を

何とか調整して差し上げたいと全力を尽くします。

フィッターが変わるとよく聞こえるようになったなんていうのは

よくある話です。


そうでなくても日本の補聴器満足度は39%しかないわけですから

私は、認定補聴器技能者のプライドとして

他店で購入されていても、現在お困りの補聴器を

何とか聞こえるものしたいと燃えます。

それでもダメなら最新型を試聴いただきますが

お客様が今の補聴器を聞こえるようにして欲しいとおっしゃっているのに

販売側の勝手で「なんとか買い換えてもらうように提案する」ことは

私にはできません。

もし自分の身内がそのような対応をされたらイヤです。

だから私も当然そんなことはできません。


こういったお客様は

自分が買ったのとは違う補聴器専門店に勇気を持って来店され、

助けを求めている訳です。

補聴器専門店はそこで購入してもらう事がゴールなんでしょうか。

お客様が求めていることは買替ではないはずです。

そのお客様の期待を裏切るから

補聴器専門店は敷居が高いと思われたり

買わされるのではという不安をあおる結果になると思うのです。

・・・、そもそもですが

販売したお店がお客様が満足される最後まで対応していないことが

最も問題なんですけどね・・・。

でも現実はそういうケースが多いのが日本の実情です。



私は補聴器販売店の店主の中で

考え方が変わり者なのでしょうか…。


でもそれでもいいです。


お客様に満足していただきたい!

こんなお店があってもいいはずです。



そう信じてこれからも持論を貫いてやっていこうと

思っています。

それしか自分にはできませんから



当店をご利用してくださっている多くのお客様や

このブログを通じて共感してくださる方がいらっしゃれば

これからも もっともっと私は理念を貫きがんばれます。

よし!がんばるぞ〜



最近色々思うことがあったので

今回はなんだか愚痴っぽいというか

独り言のようなブログになりました。


失礼いたしました








皆さまからのご意見や ご質問 大歓迎です。


ブログに コメント大歓迎です

「コメントはチョット・・・」というお客様は、お気軽にメールをどうぞ

個別にて ご返答いたします。

メールアドレス:n.makoto.ha@gmail.com



お読みいただき ありがとうございました!




大阪府吹田市 認定補聴器専門店

補聴器を「優しく易しく」

【 はじめて補聴器 】

桃山台店

大阪府吹田市桃山台5−2−2
アザール桃山台2F
06-6170-1615

この記事に

閉じる コメント(4)

私達難聴者は補聴器を所有したいがために高いお金を払っているのではありません。
私達が手に入れたいのは、補聴器という「モノ」ではなく「聞こえ」です。

単価がどうの売上がどうのと、そちらにばかり心を奪われてる方達は、それを忘れておられるか、最初からわかっておられないか、だと思います。

はじめて補聴器さんが売ってらっしゃるのは「聞こえ」ですよね。
それは私達難聴者が一番売って欲しいものです。

ですから、はじめて補聴器さんはどうかそのまま進んでください!
心から応援しています。

2018/10/22(月) 午後 2:59 [ のはら ] 返信する

顔アイコン

店長のような方には出会ったことなかったです。「いかにして売るかばっかり」。

だから初めてお話をさせてもらったときはびっくりでした。
そんな素晴らしい心を持ち続けてくださいね。

2018/10/22(月) 午後 6:00 [ じぇ〜〜ん ] 返信する

顔アイコン

> のはらさん
ありがとうございます!

補聴器専門店は本来「聞こえ」を届けるために商売をしている筈です。それがいつの間にか「売上」を上げるために「聞こえ」を商売道具にしてしまっている人もいます。そういう人と話していると「野村君は甘い」とか言われてしまうのですが、なんかすごく悲しい気持ちになってしまいます。その「甘い」と言われる意味を知りたくない・・・いやな気持になるから聞きたくない。
補聴器はいったい誰のものなのか? 間違いなく難聴者のものです。目的はよく聞こえるようにすることです。
補聴器販売店もすごくいっぱいありますが、原点を忘れず販売されているお店に多くの難聴者めぐり合ってほしいと思ってやまないです。

2018/10/22(月) 午後 8:47 [ はじめて補聴器 ] 返信する

顔アイコン

> じぇ〜〜んさん
補聴器販売店も遅くまで残って、補聴器の勉強会をしているところもあれば、販売戦略ばかり練っているところもあるし・・・熱心の方向が違うんじゃないですかって人も結構います。悲しい現実です。

でも私と同じような考え方の人もいて、尊敬できる先輩もたくさんいます。
そんなお店に難聴者が出会ってほしいです。
ほんと心からそう思います。

2018/10/22(月) 午後 8:58 [ はじめて補聴器 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事