全体表示

[ リスト ]

様々な感情

【 様々な感情 

大阪府 吹田市豊中市の補聴器プロの店

【 はじめて補聴器 】 です。

当店は、

スタッフは 【 認定補聴器技能者 】 として、

店舗は 【 認定補聴器専門店 】 として、

補聴器プロフェッショナルの資格を有する補聴器専門店として

認められているお店です。
 

北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅 徒歩1分

アザール桃山台 2階

郵便局さん向かい ・ カプリチョーザさん横




当ブログに 訪問していただき、ありがとうございます!


初めての補聴器相談も

既にお持ちの補聴器調整も

お気軽にご来店ください。


店舗前には、

チラシ ・ 店舗ハンドビラ  を準備しています。

ご自由にお持ち帰り下さい。


当店は事前予約をお勧めしています。

購入をするかしないかの関係なく 一人一人のお客様に

じっくり時間をかけてお話させていただいています。

お気軽に電話にてご予約下さい。

06-6170-1615です




今回のタイトルは、

【 様々な感情   です



あっという間に2019年も2月になりました!

相変わらずバタバタの日々です。



先週は色んなことが起きすぎて

心の整理がつきにくい1週間でした。


この仕事をしていると

高齢のお客様と接客させていただく事が多いです。

私は話をするのも聞くのも好きなので

殆どのお客様と仲良しになります。

これは補聴器を快適に使っていただく上でも

どういう生活環境で、どういう音が好みで

どういう性格の方で、どういう人生を歩んでこられたのか

などなど、お客様の情報は沢山知れば知るほど

補聴器フィッティングにも役立つと思っています。

だからお客様が嫌でなければ

世間話など出来るだけ話をするようにしています。

また補聴器はネガティブなものだととらえられている方もいます。

ですのでお店は出来るだけ明るい雰囲気を心がけています。

お客様にはお店に来るのが楽しいと思っていただきたい。

だからお客様と出来るだけ多くコミニュケーションを取ることは

とても大切な事なんです。


お孫さんのお話を嬉しそうに話されるお客様や、

昔話を懐かしそうに話されるお客様の姿を拝見すると

私も嬉しくなります。

この仕事だからこそ感じられる感情です。

お客様には本当に感謝です。



ただ高齢のお客様が多いだけに

体調を崩される方もいらっしゃいますし

本当に悲しい事ですが

お亡くなりになる方もおいでになります。


私がこの仕事をしていて一番悲しいことは

お客様がお亡くなりになったという一報を聞くときです。

ホントに言葉に言い表せない悲しみに包まれます。


先週はそのご連絡を続いて頂いた為、

いろんな心の整理が辛かったです。



人間である以上、

いつかは命が絶えますが

それは私も同じこと。


亡くなった時に

「あの人はいい人だったね。」

と言ってもらえるように

私は補聴器道に邁進しなければと思っています。




でも、悲しんでばかりもいられません。

お客様は毎日たくさんお出でになります。

私にできることは補聴器しかありません。

補聴器でご来店いただいているお客様の生活が

豊かになる努力をしっかり頑張って行きたいと思います。




今日も元気出して頑張ります!!







皆さまからのご意見や ご質問 大歓迎です。


ブログに コメント大歓迎です

「コメントはチョット・・・」というお客様は、お気軽にメールをどうぞ

個別にて ご返答いたします。

メールアドレス:n.makoto.ha@gmail.com



お読みいただき ありがとうございました!




大阪府吹田市 認定補聴器専門店

補聴器を「優しく易しく」

【 はじめて補聴器 】

桃山台店

大阪府吹田市桃山台5−2−2
アザール桃山台2F
06-6170-1615

閉じる コメント(4)

顔アイコン

店長ご無沙汰しております。さすがだなぁ〜。
ぜひこれからも邁進してくだい。店長をお待ちになってるお客さんもおおいはずですから。

2019/2/6(水) 午前 10:19 [ じぇ〜〜ん ] 返信する

顔アイコン

> じぇ〜〜んさん
ありがとうございます!
お店にいると色々なことがありますが、自分にできることはホント補聴器だけなので、補聴器を通じてお役に立てるよう精進します

2019/2/6(水) 午前 10:44 [ はじめて補聴器 ] 返信する

確かに、その人のことをよく知ってるのと知らないのとでは、勧める補聴器やフィッティングに大きな違いが出てくると思います。そして、それにはお客様が店長さんに心を開いて、自分の色んなことを話してくれることが大切で、店長さんはそこのところをとても頑張ってらっしゃると思います。
それだけに、そのお客様が亡くなられたことを知った時の店長さんのお気持ちは察するに余りあります。
が、亡くなられたお客様も人生の最後の補聴器を店長さんにお世話していただけたことで、人生のプラスマイナスのプラスが少し増えたのではないでしょうか。(少なくとも私はそうです😊まだ生きてますが…)
私も店長さんを見習って、誰かの人生のプラスが増えるお手伝いができるよう頑張りたいと思います。

2019/2/6(水) 午後 4:20 [ のはら ] 返信する

顔アイコン

> のはらさん
のはらさんのピアノやエレクトーンのレッスンお話を聞くと、実は私は結構刺激を受けています。さすがプロだなーと思うことが多く、私もお客様に様々なことを伝えられているだろうかとか、本当に良い聞こえを届けられているだろうかと色々考えます。
きっとピアノも補聴器も似たところがあって、どのように伝えればいいかはお客様によって違ってくると思うんです。そのためにはお客様を知ることは大切なこと。私は補聴器。のはらさんはピアノ。お互い頑張りましょうね!

2019/2/7(木) 午後 7:54 [ はじめて補聴器 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事