ここから本文です
気軽に釣り日記・・・in北海道
今年も皆さん、宜しくお願い致します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全118ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

世は平成から令和へ
すっかりご無沙汰で今年初投稿が令和となってしまいました💦

相変わらず元気にオフショアの釣りに出掛けていました

イメージ 1

3月に日本海で釣った3キロオーバーのサクラマス

イメージ 2

平成最後の釣りは中深海(水深550m)で釣り上げた、メヌケ

これからは太平洋ショアのサクラマスも始まりマスので、朝晩忙しくなりそうです😊

台風が来る前に?

あれ? 前回の投稿も台風が来る前に・・・でした^^;

今回も台風(24号)が来る前に行ってきました

18時、現地着

イメージ 1

準備を済ませて、2本遠投、2本近投に投げ分けあたりを待ちました

開始早々に近投の竿に小さなあたり、あわせを入れて巻き上げるとちょっと重い

イメージ 2

70cmの大物でした

その後も小さなあたりはある物の、リリースサイズの鉛筆アナゴ

小さなソイ、オモリと同じ大きさのガヤが釣れ

20時過ぎには時合いも終了

その後粘ってみた物の、22時半終了しました

イメージ 3

釣果、70cm・65cmの2本
鉛筆アナゴ 3本(リリース)

以上でした。


台風が心配です
地震も心配です
けど、自粛していては経済も成り立ちませんので、釣りに行きます!
被災された方の早い復興と、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


台風が来る前に・・・

台風19号・20号が接近している北海道
天気が崩れる前にアナゴ釣りに行ってきました

船の動向をチェックし18時に前に現着
18時に船が離岸し、警備員さんからの入場許可を得て釣り開始

イメージ 1

4本体制で投下



イメージ 2

20時に1本目


イメージ 3

22時に2本目


イメージ 4

以上2本とまだまだ釣果はうなぎ登りになりません


台風が接近しています
被害無く皆様が無事であることを祈り
次回に向けての仕掛け作りに精を出します



ずっと投げ釣りをしてきましたが、
釣った魚はバッカンの中で野締めされる場合が多く、魚にストレスを与えている状態でした
(これは故S原さんにも言われたことがあります)

型物だけは血抜き程度の処置をしていたと思います

船でブリ、ヒラメ、五目といろんな釣りをする様になって変わった事は

今まで以上においしく食べる為に
神経締め・血抜き・熟成(保存)と行った手順を行うこと


一例ですが

イメージ 1

開きホッケですが、血抜きが不十分で血合いに血が残ったままです
(店頭で売っている開きに血が残っているのを見たことありませんよね)

私はこの血まで水圧で抜き取ります
そうする事で干物にするときに血の匂いが移らないのです




船上でも、神経締め、血抜きは欠かさず行う様になりました
新鮮だからおいしいを全否定はしませんが
神経締め、血抜き、熟成をさせた魚は身に脂が廻りさらにおいしくなります
先日釣った魚も4日熟成させましたが、2日目までは内臓を入れたままでした


釣りに行った魚、釣った魚をおいしくいただく為に、手間を掛ける事は大事ですね



オホーツク遠征

8月4日 ちょっとおいしいお魚が食べたくて遠征してきました

遠征先 ・・・・ 興部!

釣り物は、アオゾイ

イメージ 1
前日21時に家を出て、直行4時間のロングドライブ
現地25時着、船の横に車を止めビール飲んで車中泊

4時起床しくじ引きで釣り座を決定

イメージ 2
4時半 興部を網走方面に向け出向・・・1時間の移動

イメージ 3
スタートからお隣様は釣れてます

イメージ 4
忘れた頃に型物ゲット!


イメージ 5
クーラーボックスは2本持って行ったのですが
辛うじて1本決まったところで終了

イメージ 6
煮付け (1日熟成後)

イメージ 7

刺身にして、いただいています!(4日熟成)

10月にリベンジ予約入れちゃった(^0^;)

全118ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事