フィッシングトラベラーZ

栃木発!楽しみ求めてどこまでも♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6日目朝。

クルーズ船は、フィンランドの首都ヘルシンキの港に入港。

イメージ 1

下船後は、港から歩いて最初の観光地ヘ。

イメージ 2

イメージ 3

港では朝市が行われていて、美味しそうなお姉さん、いやフルーツに思わず立ち止まってしまう(笑)

イメージ 4

路面電車のレールが敷かれた石畳。

これだけでヘルシンキの街を期待させてくれる。

街角を曲がると、一番人気の観光スポット、ヘルシンキ大聖堂が見えてきた。

イメージ 5

イメージ 6

写真で見ると、真っ白でスケール感が今一分かりづらかったけど、近づくと意外と巨大な建物だ。

北欧では珍しいネオ・クラシック様式の建築で、ギリシャ神殿を思わせるファサードが特徴的。

イメージ 7

注目すべきは、そのファサードの中心。

イメージ 8

これって、あのフリーメイソン!?


続いて訪れたのは、北欧最大のロシア正教の教会であるウスペンスキー寺院。

イメージ 9

イメージ 10

赤煉瓦造りの重厚な外観は、日本名の「生神女就寝大聖堂」(しょうしんじょしゅうしんだいせいどう)の方がしっくりくる。(読みづらいけど)

儀式の最中だったので残念ながら写真は無いが、内部の装飾も素晴らしいものだった。


次に向かったのは、シベリウス公園。

イメージ 11

イメージ 12

これは、フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの顔面彫刻。

そして、金属製パイプのモニュメント。

イメージ 13

イメージ 14

写真撮影が終わると、そそくさと公園を後にし、次の観光地へ。


住宅街の中に突如現れたのは、岩の教会と呼ばれるテンペリアウキオ教会。

イメージ 15

ヘルシンキで一番楽しみにしていた建築だ。

外観は、建物と言うよりまるで洞窟の入口。

その薄暗いエントランスを通過すると、岩盤をくり抜いて造った広い空間が現れる。

イメージ 16

イメージ 17

天井には、直径24mの銅製ドームと、それを支える放射状の格子からたっぷりと自然光が差し込んでいる。

イメージ 18

イメージ 19

柔らかな光と自然の岩肌につつまれた空間は、とても神秘的で神聖な気分にさせられる。

教会の裏手から上がってみると、岩山をくり抜いたのが良く分かった。

イメージ 20

お昼は、レストランで牛肉の煮込み料理。

イメージ 21

それに、カラクッコと呼ばれるニシンに似た魚が入ったライ麦のパイ。

イメージ 22

余談ですが、たまたま写真に写ってたので北欧のビール事情を。

イメージ 23

北欧では、レストランでビールを注文すると必ずグラスに目盛りが表示されている。

ビール大は0.5L(写真は切れてるが)、小は0.33Lの線にピッタリと注がれる。

このような法律があるのかは定かではないが、これなら誰が注いでも文句は言われまい。

因みに小サイズでも800円〜1100円するので、1杯注文するだけでも躊躇する(^^;

それにしても、このライ麦のパイ。

口の中の水分が全部持っていかれる。

ビール小では、とても完食出来ません(笑)






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

5日目の夕方

ストックホルムのバッタムン港ターミナルへ。

イメージ 1

これから、タリンクシリアラインの船で、フィンランドへと向かう。

イメージ 6

この船は、全長203m、12階建てで、乗員数が2852名。

なかなかの大きさ。

スウェーデンとフィンランド両国の首都を結ぶ、バルト海クルーズ船である。

イメージ 2

イメージ 3

何やら怪しげなマスコットキャラクターに出迎えられ、いざ乗船!

イメージ 4

吹抜けのプロムナードには、レストランやお土産屋が軒を並べ、もう既に外国人がお酒を飲んでいる(笑)

イメージ 21

取り敢えず荷物を置きに、エレベーターで10階の部屋へ。

イメージ 5

奥まで長〜い客室入口の廊下。

手前で良かった(^^;

イメージ 7

イメージ 8

部屋には、2つの収納ベッドにトイレ、シャワー、TVと、ビジネスホテル並みに揃っている。

疲れた体を休めていると、「ゴーーー」という低い振動音。

4時45分、出航!

船は、振動音こそあるが、全くと言っていい程揺れは無い。

これなら寝れそうだ。

12階のデッキに行ってみると、街を見下ろすように入江を移動していた。

イメージ 9

イメージ 10

デッキを振り返ると、ガラス張りの部屋にスパとサウナがあるのが見える。

イメージ 11

ガタイのいい裸の北欧人の中に入って行く勇気は、もちろん無い(笑)

イメージ 12

船内には他に、ナイトクラブやカジノ、プールなどがあって、飽きる事はない。

でも、一番時間を費やしたのは、免税店だろうか。

結構品揃えが豊富で、物価が高い北欧ではありがたい。

イメージ 14

夕食は、レストランでのスモーガスボード。

スモーガスボードとは、スウェーデン発祥のビッフェ形式の料理。

要するに、お馴染みのバイキング料理なわけで・・・(笑)

魚介類から肉料理、デザートまで何でもある。

嬉しいのは、生ビールとワインが飲み放題!

でもこれ、うす〜いビールと、うす〜いワインなんだけどね(笑)

料理は全種類食べようとしたけど、無理なので好きな物だけ食べることに。

イメージ 13

日本人がそこそこ多いせいか、はたまた日本食ブームのせいか分からないが、海苔巻きも並んでいた。

ごはんが食べたかったので、迷わず口に放り込むと、

なんじゃこりゃ〜!

表現すると、米粒が壊れてくっ付いた御飯(酢飯ではない)を1日放置して、水分が抜けきったパサパサの状態(笑)

う〜、飲み込めない程まずい!

この激マズの海苔巻きを美味しそうにバクバク食べる、恐るべし外国人!

でも、普段滅多に食べれないキャビアがあるから、許してあげよう♪

んっ!?

このキャビア、ニセモノだ〜!

このコンニャクみたいな食感の黒い粒々。

沢山取って来ちゃったの、どーすんだよー(笑)

イメージ 15

・・・・・

翌朝。

イメージ 16

イメージ 17

朝食を済ませ、下船の準備をしたら甲板へ。

ヘルシンキの港に着く少し前に、世界遺産のスオメンリンナ島を通過。

イメージ 18

イメージ 19

水辺の要塞と呼ばれるこの島は、フィンランドで最も人気のある名所の一つ。

残念ながら今回観光はしないが、気付くのも遅くてしっかり見る事さえ出来なかった(^^;


船は間もなくフィンランドの首都ヘルシンキの港に入港する。

イメージ 20

次は、ムーミンとサンタクロースの国に上陸です♪






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

5日目早朝4時45分。

朝食弁当を抱えて、オスロ空港へ。

イメージ 1

期待はしてないけど、やっぱり丸ごとリンゴは海外弁当の定番だ(笑)

イメージ 2

イメージ 3

オスロ空港のターミナルは、北欧らしく木材をふんだんに使った構造。

職業柄どうしても「仕組み」を詳しく観察してしまう。

時間までは、売店で暇つぶし。

イメージ 4

チュッパチャプス、でかっー!

1個1500円もする(^^;

イメージ 5

飛行機は1時間程のフライトで、あっという間に2カ国目のスウェーデンに入国。

イメージ 6

空港からストックホルム市街地に入り、そのまま観光スタート。

最初は、ノーベル賞の晩餐会が行われる市庁舎を見学。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

なんとなくこの階段から受賞者が正装して下りてくる来る姿が思い浮かぶ。

しかし、我々一般凡人には階段を下りる事も、階段で記念撮影する事さえ許されない。

でも階段を上がる事は、1回だけ許される(笑)

イメージ 12

市議会場の天井は、ヴァイキング船の船底のようなヴァイキング様式。

イメージ 10

イメージ 11

パーティーが行われる黄金の間は、金箔を貼ったモザイク壁面で覆われた大広間。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

他にもノーベル賞にちなんだ展示など、見所は結構ある。

イメージ 16

イメージ 17

続いては、スウェーデン国王の王宮へ。

イメージ 18

イメージ 19

外からじゃ分からないが、600もの部屋がある世界最大級の宮殿。


街を散策しつつ、お昼のレストランへ。

イメージ 20

スウェーデンといえばミートボール!

IKEAでしか食べた事のない本場もの(笑)

クリームソースのミートボールにマッシュポテト。

ここに、リンゴンベリージャムをかけて食べるのがスウェーデン流。

最初「ミートボールにジャム?」って違和感あったけど、これが絶妙に合うのだ。

食べてるうちに、もうジャムなしでは物足りなくなってしまう。


食後は、数少ない自由時間。

まずは、メダルチョコを買いにノーベル博物館へ。

イメージ 21

イメージ 22

博物館内のショップでしか買えないので、記念に買ってみたが・・・。

イメージ 23

これ1枚で200円位するのに、中身は普通のチョコ(^^;

イメージ 24

イメージ 25

椅子には、日本人受賞者のサインもあった。

その後は、街をぶらぶらと散策。

イメージ 26

イメージ 27

こちら世界一細い道。

イメージ 28

両手が着けるから、1m無い位かな。

イメージ 29

教会があったので入ってみた。

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

素敵なステンドグラスもあって、落ち着くわ〜。


集合の時間となり、中心部から約5km離れたバッタムン港へ。

イメージ 33

次回は、この船に乗っての旅です♪


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

4日目朝。

ロフトフースのホテルを後にし、オスロまでの長距離ドライブ。

イメージ 1

見慣れたフィヨルドの景色とも、これでお別れ。

イメージ 2

バスは、岩だらけの山間部へと突入する。

イメージ 3

イメージ 4

標高が上がるにつれ、残雪もちらほら。

イメージ 5

そして、頂上付近ではすっかり雪景色。

イメージ 6

たまに雪に埋もれた家があるのは、別荘だろうか。

イメージ 7

イメージ 8

まるで丘を越えたような感覚で緩やかな坂道を下ると、また雪が無くなってしまう。

ここでは僅かな標高差でも、全く違う景色を楽しむ事が出来るのだ。


お昼のレストランに早めに着いてしまったとの事で、近くの観光スポットで時間つぶし。

イメージ 9

三角屋根のバンガローのある敷地に不思議な建物が。

イメージ 10

イメージ 11

これは、スターヴ教会と呼ばれる中世の木造教会。

ノルウェー国内には28棟残っていて、世界遺産に登録されてるものもある。

因みにこれは、復元された教会。


少し見学したところで、昼食時間となりレストランへ。

イメージ 17

イメージ 12

魚介類ばかりで肉が恋しいところに、がっつり リブロースポークとピザ。

北欧でピザが食べれるとは、嬉しい。


食後は再び長いドライブ。

イメージ 13

川幅も徐々に広がり、交通量も増えてきた。

イメージ 14

対向車が増えると、トンネルの消し忘れかと思っていた車のライトが、昼間点灯の国なのだとやっと理解出来た(笑)

オスロに到着したのは夕方4時頃。

イメージ 15

イメージ 16

ロータリー交差点には噴水があり、その上を路面電車が走る。

なんて素敵な街なんだろう。


オスロでの観光は、国立美術館から。

イメージ 18

有名なムンクの「叫び」を鑑賞。

イメージ 19

人も少なかったので、お馴染みのポーズで記念撮影もクリア(笑)

続いてヴィーゲラン公園へ。

イメージ 20

ノルウェーを代表する彫刻家のヴィーゲランがデザインした大型公園。

イメージ 21

ユーモラスな彫刻が公園中に点在する。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

凄い彫刻なのは確かだが、作者が解説を一切残して無い為、作品の意味は誰も分からない。

イメージ 25

それにしても、天気が良い日はノルウェーでも結構暑い。

日が長い為、夕方6時頃に最高気温に達するのだ。

6時近いので、半袖になりたいくらい暑くてたまらない。

現地の人は、水着で日光浴してるし(笑)

イメージ 26

さっきまで雪景色だったのに・・・

ほんと着る物に困る国だ(^^;


観光後は、オスロ市内のホテルにチェックインして、ホテル内レストランでの夕食。

イメージ 27

お馴染みの魚とポテト。

イメージ 28

ビールには、ちょっと物足りない(^^;




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3日目午後

フィヨルドを眺める展望台から、再びフロムの港に帰って来た。

イメージ 1

ここから今度は鉄道に乗り換え移動。

イメージ 2

イメージ 3

フロム鉄道は、世界でも有数の急勾配を行く山岳鉄道。

標高差865m、距離20Kmを1時間かけて走る。

鉄道ファンには、も〜たまらない鉄道♪(鉄ちゃんではありませんよw)

イメージ 4

おっと、駅中にも居たトロルに挨拶したら、出発進行!

イメージ 5

しばらく渓谷沿いをゆっくりと走る。

イメージ 7

イメージ 8

徐々に深い山間部へ。

イメージ 6

すると突然、列車がトンネルに頭を突っ込んだまま停車。

イメージ 9

ぞろぞろと降りる乗客に付いて行くと、こんな山奥にホームが!

実はここ、有名なショースの滝を見るためだけの駅。

妖精に出会える滝として、こんな映像を観たことがあるのでは?


こんなダイナミックな滝を思い描きながらホームに立つと・・・

えっーーーーーー!

イメージ 10

み、水が、無い・・・。

ある旅行案内には、こうも書かれていた。

「ショースの滝は落差が225メートルあり、その猛烈な勢いに圧倒されること間違いなしです!」

あまりの静けさに圧倒されました(笑)

シーズンオフって、こういう事だったのねん(^^;


さて、ショースの滝改め、ショースの谷を出発すると、さらに標高の高い地へ。

イメージ 11

イメージ 12

辺りは、すっかり雪景色。

そして、標高866mの終点ミュルダール駅に到着。

イメージ 13

ここからはベルゲン鉄道に乗り換えて、ヴォス駅へ。

イメージ 14

イメージ 15

ヴォス駅近くのヴァングス湖とヴォス教会・・・の近辺でトイレ休憩(有料トイレなので我慢w)

ここからバスで、連泊するホテルのあるロフトフースへと帰る。


ところでノルウェーを走っていると、大都市以外では全くと言っていい程信号を見る事はない。

イメージ 16

交差点は、この様なロータリー式(ラウンドアバウト)になっている。

イメージ 17

驚くことに、トンネルの中にもロータリー交差点があるのだ。


ホテルに戻ると、昨日散策出来なかったホテル内を散策。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

庭には、グリークの作曲小屋も。

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

グリーク先生、やっぱりちっちゃい(笑)

建物内にはラウンジが幾つもあり、どれも歴史ある調度品で飾られている。

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

まだまだ奥まで散策したいところですが、怪しげな東洋人と思われるのでこの辺でやめときます(笑)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事