お魚奮闘記〜魚ニュース

魚の情報盛りだくさん!ニュースを見て魚博士になろう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

サンマ近年にない豊漁黒潮接岸で好転
串本漁港

 串本町の串本漁港でサンマの水揚げが好調だ。串本漁協は「多く水揚げする日がこれほど長く続くのは珍しい」と話している。県水産試験場によると黒潮が潮岬に近付いたためなどで、最近では1991年以降最高の漁獲高だという。

 サンマ漁のシーズンは冬から春で、試験場によると近年では2〜3月が最盛期。同漁港の水揚げは今季では昨年12月に243トン、1月も98トンあり、91年の冬以降最も多かった92年の246トンをすでに超えた。

 99年冬から2000年春にかけては0.1トン。以降8トン、152トン、66トン、241トンと黒潮の位置によって漁獲にばらつきがある。昨季もその影響で35トンと不漁だった。

 試験場によると、昨夏から離れていた黒潮が接岸傾向にあり、北の端は潮岬から20〜30キロ沖にある。それに伴い、漁場が潮岬から約1キロ沖につくられているため、今季の豊漁につながっているという。

 また、今季は全国的に資源量が多いのも理由の一つだという。サンマは回遊魚で、春に東北に北上し、秋以降に南下するが、東北で大型のサンマを大量に漁獲できたため、タック制度(資源保護などのため、一定量を超えて漁獲できない制度)で、多く南下したとみている。

 漁協によると、年末は需要が多いことから1キロ300円の値を付けたが、年明けから徐々に下がり、50円前後を推移していた。漁業関係者は「昨年は不漁だったが、今年は豊漁過ぎて安く、同じようなもの」と肩を落とした。

 年末は棒受け網漁が多かったが、2月から定置網漁が中心になっている。16日は1隻が出漁し、約2トンを水揚げ、1キロ130円と値を戻した。小さいサイズは40円だった。

 同漁港に揚がるサンマは脂が落ちているため、地元や三重県の加工業者で丸干しにされたり、すしねたにされたりと重宝されている。

【紀伊民報】

冬の味覚、早くも大漁 氷見で小型もブリ93本

 富山湾の冬の味覚・ブリ九十三本が二十四日、氷見沖や七尾沖で水揚げされ、氷見魚市場に運ばれた。小型のブリが中心だったが、二十日も八十一本が水揚げされており、寒ブリの季節到来を間近にして、市場は活気づいた。

 この日は氷見沖の灘浦定置漁業組合の定置網に二十本、七尾沖の佐々波鰤網に七十本、寒鰤大敷網に二本、岸端定置網組合に一本が掛かった。五キロ前後の通称「小ブリ」が中心だったが、八キロ級も一本あった。午前六時半過ぎから相次いで市場に運ばれ、仲買人に競り落とされた。

 県水産試験場では今季のブリの漁獲量は平年をやや下回ると予想しているだけに、市場関係者は「北海道から南下する太った寒ブリとは言えないが、冷え込めば大きさも期待できる。昨年に続き、豊漁を願いたい」と声が弾んだ。

 一〇キロ前後の群れがまとまって定置網に掛かる寒ブリ漁は、十一月下旬から来年一月に掛けて最盛期を迎える。 富山新聞ー10月25日

寒ぶりと言えば氷見ですね。もうそんな時期なんですね。値段は物凄く高いですが値打ちあるので機械あれば是非食べてください。

開く トラックバック(1)

奄美の養殖クロマグロ 中国へあす初輸出

 水産大手、マルハ(東京)は24日、奄美で養殖されているクロマグロを中国に輸出する、と発表した。日本の養殖クロマグロが外国に輸出されるのは初めてといい、まず1匹から始め、今後富裕層を対象に本格的な売り込み攻勢をかける。26日、鹿児島空港から上海に向け、第1便が空輸される。
 輸出されるのは、マルハの関連会社、奄美養魚(瀬戸内町)で養殖された体長1メートル、重さ約60キロのクロマグロ。同社は2003年から国内でとれた稚魚を瀬戸内町で養殖しており、年間生産量は500トンにのぼる。輸出される生マグロは、血抜きなどの処理後、保冷して空輸。解体処理後、上海の日系デパートや日本料理店などに卸される。
 養殖魚は国内価格低迷が続いているが、経済発展著しい中国国内で、質、安全面で信頼性が高く日本食が富裕層に好まれている点や、ノルウェー産のサーモンの刺し身が食されていることに着目。9月、中国向けの輸出手続きが緩和されたことも後押しした。
 今後の販売量や売り上げ見通しは未定だが、マルハ増養殖事業部の草野孝部長は「黒ブランドで売り出している鹿児島の特産品となれば」と期待している。南日本新聞ー10月25日

マグロが本格的に養殖されるようになりましたね。気になるのは質と値段なんですが日本で出回るのはまだ時間がかかりそうですね。

 五所川原市の十三漁協(工藤伍郎組合長)は八日、組合員が出荷した十三湖産シジミの生産履歴をQRコード(二次元バーコード)で確認できる「トレーサビリティーシステム」の運用を開始した。産地偽装を防ぎ、消費者に安心を届けるのが狙い。

 システムは、同組合の依頼を受けて公立はこだて未来大学(函館市)と北日本港湾コンサルタント(札幌市)が共同で開発した。十三湖のシジミ漁業権を持つ組合員百五人全員が事業に参加している。

 組合員は個人データの入ったQRコード付きラベルを、シジミ十キロ当たり二十枚ずつ添付して出荷。

 漁協は落札時に仲卸業者名と重量のデータとともにスキャナーで読み込み、サーバーコンピューターに転送する。ラベルは小売り段階でシジミとともに小分けされてパッケージに張られる。

 消費者は、買ったシジミに付いているQRコードを携帯電話で読み込めば、出荷した組合員の名前と顔写真、出荷ロット重量、産地(十三湖)、同漁協の住所と電話番号、落札日、シジミ料理のレシピなどを見ることができる。
※写真=QRコードを携帯で読み込めば、シジミ出荷者のデータなどが見られる(十三漁協荷さばき施設)
ー東奥日報


凄くなりましたよね。携帯電話も捨てたもんじゃないですね。やりすぎのようではありますが、産地や期限などの偽造などによりこのような処置がとられるんですね。もっと管理しやすくなれば良いのですが・・・

開く トラックバック(2)

サバ3年ぶりの大漁、田辺漁港で110トン
8月末まで不漁 今後に期待

 サバの巻き網漁は2年連続で不漁が続き、今シーズンも漁獲が少なく心配されていたが、30日、田辺市の田辺漁港に約110トンのサバが水揚げされた。3年ぶりの大漁で漁協関係者は「これをきっかけに漁が好転してほしい」と大きな期待を寄せている。シーズンは12月下旬まで続く。
 田辺漁協によると、マサバとゴマサバ合わせた漁獲量は、2002年は2300トンあったが、03年には1600トンに激減した。04年はさらに減って1000トン。今年も8月末までに昨年並みの900トンの水揚げしかなかった。

 不漁に加え、昨年から続いている石油高騰のあおりを受けて燃料が値上がり。厳しい状況が続いており「このままでは死活問題」と嘆く漁業者も少なくなかった。

 29日夜から田辺漁協所属の5船団が出漁。白浜沖約11キロで漁をして同日深夜に帰港した。水揚げと出荷のための箱詰め作業は夜通し続き、30日夕方までかかった。久しぶりの大漁に市場は活気づいた。9割弱がマサバ。重さ500グラム前後の中型が多かった。市場値は1キロ当たり200〜300円だった。

 船団の一つ「土佐丸」は、関東や京阪神方面などの市場をメーンに出荷。重さ650グラム以上ある脂の乗った大物を「紀さば」ブランドとして、1キロ当たり1000円前後の高値で取引されているという。
【2005年10月2日付ー紀伊民報掲載記事】
 

 さばがこれからも多く獲れたら良いですね。漁師さんは最近原油価格の高騰で出港回数を減らすという話があるところもあるようですが、豊漁が続けば生き残れそうですよね。消費者にとっても多くの魚を食べるチャンスですね。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事