沖縄あまはいくまはい

「あまはいくまはい」とは「彼方走い、此処走い」です。

遠浅(うるま市)

イメージ 1

 与勝(かっちん)半島(はんとう)ぬ北側(にしむてぃい)から平安座島(ふぃんざじま)迄(までぃ)ぬ間(うゑえだ)あ、引(ふぃ)ち潮(うしゅ)ないね地(じい)ぬ大連(ううちる)があし、潟原(かたばる)風儀(ふうじい)ぬ遠浅(とぅうあさ)なゆん。
 橋(はし)ぬ架(か)きらりいる前迄(めえまで)え、いいくる、歩(あ)っち渡(わた)らりいんでぃち、思(うみ)いばぺえし、歩(あ)っち中(なか)らんじ、溺(んぶ)きてぃ亡(ま)あする人(ちゅ)ぬまんどおたん。
 あんし、くぬ遠浅(とぅう)あ幽霊(ゆうりい)所(どぅくる)んやたん。
 戦後(いくさあとく)ぬ一時(いっとぅちゃ)あ米軍(びいぐん)ぬ上陸艇、造(つく)い直(のお)ちぇえる海上トラックん歩(あ)ちょおたん。
 屋慶名人(やきなんちゅ)とぅ平安座人(ふぃんざんちゅ)お長(なげ)さ費(てえ)ち、海中道路迄(まで)造(つく)たん。
 うぬ後(あとぅ)、地(じい)ん人(ちゅ)ぬ反対(はんたい)押(う)し退(ぬ)きてぃ、平安座んかい石油(しちゆ)工場、造たる石油会社(しちゆぐぁいちゃ)ぬ石油かやあする為(やみ)なかい今(なま)ぬ海中道路造たるむぬやん。
 石油基地(ちち)ぬなゆる前(めえ)やくまぬ海ぬ浜(うみぬはまはま)あ人(ちゅ)ぬ歩(あ)っからんあたいがちちゃあぬぐぁさないし、まんどおしが、今(なま)あむさっとぅ居(をぅ)らんなとおん。
 今あ新(みい)海中道路お毎朝(めえあさ)、あまくまぬガソリンスタンドんかい石油かやあするトラックぬ大群さありそおん。

【語句】
与勝半島ぬ北側から平安座島迄ぬ間あ=与勝半島の北側から平安座島までの間は
引ち潮ないね地ぬ大連があし=引き潮になれば、すっかり地続きになり、
潟原風儀ぬ遠浅なゆん=干潟のような遠浅になる。
海中道路ぬ造らりいる前迄え=海中道路ができる前までは、
いいくる、歩っち渡らりいんでぃち、思いばぺえし=よく、歩いて渡れるものだと勘違いして、
歩っち中らんじ、溺きてぃ亡あする人ぬまんどおたん=歩いている途中で溺れて死ぬ人が多かった
あんし、くぬ遠浅あ幽霊所とぅんなたん=そしてこの遠浅は幽霊の名所ともなった。
戦後ぬ一時あ米軍ぬ上陸艇、造い直ちぇえる=戦後の一時期は米軍の上陸艇を改造した
海上トラックん歩ちょおたん=海上トラックも通っていた。
屋慶名人とぅ平安座人お長さ費ち=屋慶名の人々と平安座の人々は長期間費やして、
海中道路迄造たん=海中道路を造った。
うぬ後、地ん人ぬ反対押し退きてぃ=その後、地元の反対を押しのけて
平安座んかい石油工場、造たる石油会社ぬ=平安座に石油工場を造った石油会社が
石油かやあする為なかい今ぬ海中道路=石油を輸送する目的で海中道路を
新に造たるむぬやん=新しく造ったのである。
石油基地ぬなゆる前やくまぬ海ぬ浜あ=石油基地ができる前はここの浜は、
人ぬ歩っからんあたいがちちゃあぬ=足の踏み場もないほど、ウニが
ぐぁさないまんどおたしが=うじゃうじゃ、いたが、
今あむさっとぅ居らんなとおん=今はすっかりいなくなった。
今あ新海中道路お毎朝、=今は新海中道路は毎朝、
あまくまぬガソリンスタンドんかい=あちこちのガソリンスタンドに
石油かやあするトラックぬ大群さありそおん=石油を運ぶトラックの群れで賑わっている

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

ブログリンク

更新

うちなあぐち日記で勉強する沖縄語

毛遊びや琉球文化ぬ原点(あひゃあ)がやら

 うん如(ぐとぅ)うし、ウランダア達(たあ)ぬ琉球(るうちゅう)んかい来(ち)ゃあに、何(ぬう)んくぃいん、見物(ちんぶち)さい、調(しら)びたいさる...

はいさいニュース

核戦争は当時国・者すべてが敗者

 米国とぅ北とお首脳同士ぬ童ぬ喧嘩ねえし、互えに目くす鼻くす、笑てぃ、悪口、言い喰え合そおん。  安倍内閣お北ぬミサイル問題ぬ起くりとおる間なかい、...


.


みんなの更新記事