沖縄あまはいくまはい

「あまはいくまはい」とは「彼方走い、此処走い」です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 「ふぃんぷん」また「ひんぷん」でえ大概(てえげえ)や屋敷(やしち)ぬ門(じょう、ぞう)から入(い)っち直(しぐ)ぬ所(とぅくる)んかいある「屋敷がたか」やん。
 大概や石(いし)なかい造(つく)らっとおしが垣(かち)んまんどおん。
 物退(むんぬ)きぬ積合(ちむええ)んあしが、実(じゅん)ねえ外(ふか)から家(やあ)ぬ中やあ(なか、なあか)、すう見(み)さらん為(たみ)ぬ物(むん)なとおん。
 「屏風」んでぃ書(か)ちゅる事(くとぅ)んあん。
 あんせえ、何(ぬう)んでぃち、くぬ名護(なぐ)ぬかじゅまるゆ「ひんぷん」んでぃ言(ゆ)が。
 今(なま)あ国道(くくどう)58号線(しん)ぬどぅ大道(うふみち)なとおしが、4,50年前(ねえぐる)頃迄(ぐるまで)え、くぬ県道(きんどう)84号線がどぅ山原(やんばる)んかい通(とぅう)ゆる大道やたる。
 あんし、くぬかじゅまるお名護ぬ入口んあたくとぅ、名護ぬ内(うち)とぅ外(ふか)かたかする物(むぬ)やんでぃぬ積合なかい、あんし名付(なあじ)きさっとおるばすやん。
 名護ん大町(うふまち)けえなてぃ、道々んけえ変(か)わとおくとぅ、なあ「ひんぷん」でぃぬ役(やく)お無(ね)えらんなとおしが、ゐいりき見物物(ちんぶちむん)とぅしち、うみはまてぃ、ちゃあ立(た)っちいそおん。

【語句】
「ふぃんぷん」また「ひんぷん」でえ大概や=「ふんぷん」また「ひんぷん」とは、普通、
屋敷ぬ門から入っち直ぬ所んかいある「屋敷がたか」やん=屋敷の門から直ぐの所に設置された「遮蔽」のことである。
大概や石なかい造らとっおしが垣んまんどおん=普通は石で造られるが生垣である場合も多い。
物退きぬ積合んあしが、実ねえ外から家ぬ中=魔除けの意味もあるが、本当は外から家の中を
すう見さらん為ぬ物なとおん=覗かれないようにするためのものである。
「屏風」んでぃ書ちゅる事んあん=「屏風」と表記することもある。
あんせえ、何んでぃち、くぬ名護ぬかじゅまるゆ=では、どうして、この名護のがじゅまるを
「ひんぷん」んでぃ言が=「ひんぷん」と呼ぶのか。
今あ国道58号線ぬどぅ大道なとおしが=今は国道58号線が幹線となっているのであるが、
4,50年前頃迄え、くぬ県道84号線がどぅ=4,50年頃前迄は、この県道84号線こそが、
山原んかい通ゆる大道やたる=北部方面へ通じる幹線だったのである。
あんし、くぬかじゅまるお名護ぬ入口んあたくとぅ=そして、このかじゅまるは当時名護の入口にあったことから、
名護ぬ内とぅ外、かたかする物やんでぃぬ積合なかい=名護の内と外を遮蔽する物であるという意味で
あんし名付きさっとおるばすやん=このような名前が付いたのである。
名護ん大町けえなてぃ、道々んけえ変わとおくとぅ=名護も都会になってしまい、道路網も激変し、

なあ「ひんぷん」でぃぬ役お無えらんなとおしが=もはや、「ひんぷん」としての役目は無くなったが、
ゐいりき見物物とぅしち、うみはまてぃ=観光名物として、頑張って、
ちゃあ立っちいそおん=建ち続けているのである。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事