Night After Night 〜 今夜も(*^ー゚)b

服のサイズはM、性質はS、そして態度はXL ( ̄ー ̄)ニヤリッ

流浪の酒呑み(23区●東部編)

[ リスト | 詳細 ]

台東、墨田、江東、荒川、足立、葛飾、江戸川区の酒場探訪
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

小雪会とは何だったのか???
 
築地1号(黒姐)(♀):築地勤務だったはず。
築地2号(♀):同上
O嬢(♀):仲間の女性ブロガーを連れて、オレ様本丸を襲撃したことも有ったが...
B氏(♂):オレ様の本丸を荒らしまくった挙句、都落ち。
オレ様(♂)
 
オレ様以外は、ブログを辞めてしまったようですね。B氏は最後まで頑張っていましたが...
オレ様は忘れた頃に更新してるので、唯一の生存者となる訳ですな。
小雪会の権利関係は全て、生存者たるオレ様に帰属するので、他のメンツで小雪会を名乗っても
いいんだよね。(命名したのオレ様だけどさ)
 
 
小雪会以外で、ブログ上で交流のあった皆様方も、ほぼ絶滅されてしまったようです。
てかさ、ファン登録して頂いている皆様で、頻繁にブログ更新されてる人っているのかな
 
。・゜゜⌒(≧◇≦)⌒゜゜・。
 
 
↑誰も見てないと思うけど...
 
。・゜゜⌒(≧◇≦)⌒゜゜・。
 


イメージ 1
 
天串(串揚げの天ぷらバージョン)をウリにする立ち呑み屋。
立ち食い蕎麦屋の天ぷらより美味いですよ。揚げ置きしないし。
 
でもね、此処のホントのウリは
 
「家庭の味」
 
 
 
 
イメージ 2
日替わりのお薦めメニュー
ハンバーグなんて、マルシンでっせ。デミソースは自家製です。
 
 
個人的には「家庭の味」をウリにする店って、あんまり好きじゃないんです。
「誰でも作れます」的なものを感じますし、料理人として上を目指すのをハナから放棄してるみたいでね。
「当店はB級グルメです」なんて言っちゃうのも困りますけど。
 
自分的には「家庭の味」≒「B級グルメ」なんですが、店としては違うみたい。
この店で「B級グルメですね」等々と言ってたヤツが、店主にこっぴどく怒られていましたから。
 
 
 
イメージ 3
マーボーどーふ
あんまり辛くなくて素朴な味。具沢山。
 
家庭の味なのかな〜
 
 
 
 
イメージ 4
おでんの玉子、マヨネーズ(玉子に付けたくて出して貰った)、ポテトサラダ
ポテサラは野菜(玉ねぎ、人参、きゅーり)たっぷり。親が作りそうな感じ。
 
家庭の味
 
 
 
 
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
湯豆腐
野菜(白菜)たっぷり
 
家庭...(以下略)
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
〆メニューはレギュラーメニューで、焼きそば、焼きうどん(どちらも大盛り仕様)がありますが
最近、こんなのもやってるらしい。
 
 
 
イメージ 9
イメージ 10
ナポリタン
太めの麺&野菜たっぷり
 
家...(以下略)
 
 
完全にトドメを刺されたな、ってか
 
とっても素朴なんだけど、美味すぐる(*^ー゚)b
 
。・゜゜⌒(≧◇≦)⌒゜゜・。(嬉し涙)
 
 
 
メニュー構成とか具材なんかはモロ「家庭の味」なんですけど、「やっぱさ、お袋が作るのとは一味違うだよな〜」
って感じでしょうか。
 
村で一番料理が上手な、おばあちゃんの味
 
 
 
 
「ウチの会社は忘年会やりません」

友人、知人の何人かから、こんな話を聞きました。
忘年会と言えば、クリスマス、年越し蕎麦と並ぶ師走の3大風物詩。
年忘れの無礼講、下戸へのパワハラ...宴の後は悲惨です。街や駅には夥しい数の屍が並び、
マーライオンの奇襲、車内トラブルや線路内人立ち入りなどによる電車遅延等々。
勤勉実直な国民性とは、対極にあるイベントじゃないでしょうか。
かつての社内(課内)旅行のように、何年か後には忘年会も絶滅するかもしれませんね。

そんなこともあり、年間1000日位呑んでる酒呑みなのに
忘年会が大嫌いです!!!
もともと仕事関連の飲み会が苦手で、2次会なんか絶対に参加しません。群れから離れて、独り2次会、
3次会で呑みなおしです。

普段はそれで済みますが、忘年会は普段の飲み会に比べ、気疲れが半端じゃありません。馴染みの店で、
知り合いや店の人間と会話するのも億劫になることも。(元々、超の付く気分屋なんです)
とはいえ、行ったことが無い店というのも面倒。店のシステムや客層が分かっていて、むやみに話し掛けられ
ない店がいい。


           味の笛
イメージ 1

この店にお上り系や若いお客さんはいません。店の左右にあるカウンターは壁に面していて、
いとも簡単に壁の花になることが出来ます。
奥に置かれた惣菜のパックを取って、酒を注文してお会計(キャッシュオン・デリバリー)。
店の人との接点はこれだけ。
根暗クンのパラダイスです!!!


           チューハイ、緑茶ハイ、マグロぶつ、田舎煮(各\200)
イメージ 2

イメージ 3

店の人間と接する機会を減らす為、ドリンクもツマミも大人買い(何度も買いに行くのが面倒)。
スーパー・吉池の経営。刺身の質はいつも確かで、ハズレが無いので毎回食べます。
惣菜の味付けも気取りがなく、甘くしていません。「田舎煮」のボリュームも見事です。


              味の笛汁(通称、笛汁)(\300)
イメージ 4

店名を付したこの店の名物。
シャケ3切れ、大根、牛蒡、白菜、ジャガイモ、なめこ、絹ごし豆腐、こんにゃくが入った
具沢山かつ甘さ控え目の粕汁です。マストの逸品!!!


           ウイスキー水割り(\400)
イメージ 5

水割り瓶自体キンキンに冷やしてあるので、氷は不要!って毎回思うんだけど...




しばしの間、壁の花を堪能させていただき、英気を養うことが出来ました。
ありがとうございます。
晩秋の土曜日、日暮里の夕焼けだんだんに行ってきました。
誰にも言ったことないんだけれど、実はこの地を訪れるのは初めて。
バリバリの童貞、おのぼりさんでございます。

事前に調べていた情報どおり、ニャンコ多数。それに群がる人間様も...
呑み歩き用の缶ビールを所望しようと、脇の酒屋を覗けば店頭に生ビールのサーバーが。
観光地化してますな

イメージ 1


夕焼けだんだんに続く「谷中銀座」も凄い人の波。
名物の「谷中メンチ」を購入すべく、商店街に入ってすぐの肉屋を覗くも、ココも観光地化
されているようで、メンチ1個200円也。
どこかのB級グルメランキングで5位になったらしいけど、オレ様にはちょっと無理やねぇ
で、スルゥ

歩いているお客さんも地元民だけではなく、というよりオレ様同様おのぼりさんが多い感じ。
お店の人々も観光客相手モードなのかな???変に、客慣れしてるような...

商店街を抜ける直前で肉屋を発見。
やっぱさ、オレ様もおのぼりさんなので、揚げ物頬張りながら歩きたいですよね。
さっきの店より安い(\150)だしさ。

イメージ 2

ナツメグが効いてます。肉屋の揚げ物らしくラードの香りもイイっすね。中身もしっかり詰まって食べ応えも。


商店街を抜けて...
この辺りの土地勘は無くても周辺地域は分かります。そんなことで適当に歩いていたら

イメージ 3

店を閉めちゃったという噂を耳にしました。
「おせん」というおばあちゃんが独りで営むお店です。カウンターと小上がりのみで、
ツマミは基本的におでんだけです。
訪れたのは一度だけ。おのぼりさん(一見さん)が行く店じゃないって思ったな



「おせん」のある上野桜木を抜け、坂を下れば鶯谷

イメージ 4

駅北口を出てすぐに、24時間営業の食堂兼呑み屋「信濃路」。
店の上に元三島神社があります。(ともに訪問童貞)

ここから南口に出るにはホテル街を横断するのが最短コースです。

イメージ 5

南口に程近い場所に公園があります。
夜になれば街娼さんが屯っており、営業かけられたりするので
成人男子にはデンジャラスなプレイスかもしんまい。

子供用の遊具が設置されてますが、昼でもホテルに出入りする男女を目にする
この場所で子供を遊ばせたりするのでしょうか???

イメージ 6

その隣は、居酒屋スナック「一(はじめ)」。
元々開店時間は遅い(不定休もあり)店ですが、辞めちゃったような雰囲気が漂っていますな。
ある日、クサヤが出てきたことがあり、聞けばさっきの公園で焼いたんだって...
凄いママさんでした。

ホテル街を抜け、南口

イメージ 7

「やきとり・ささや」
お客さんの注文とは関係なく、焼き鳥が焼かれ焼き台脇に置かれていきます。客はそれを勝手に取って、
最後に串の本数で会計です(1本70円だっけ?)。
歩道部分で食べてる限り、酒は持ち込み可(歩道なので、持ち込みとは言わないか)



イメージ 8

オレ様の立ち呑み原点のお店です。
当時とは従業員さんも変り、創立時からのメンバーはカズさんだけ。
そして、土曜限定のMYちゃん。
新顔の男女は...カズさんの娘夫婦だそうです(確かに似てる)。


               小松菜おひたし(\200)、ホッピー黒(400)
イメージ 9

立ち呑みなのに、こういう野菜メニューがあるのがココの特徴。健康を考えてくれてるのかな。

キャッシュオン方式。食券購入の方が100円お得です。

               餃子(\300)
イメージ 10

特大!!!

               マルシン(\200)
イメージ 11

マルシンハンバーグだす!!!
こういうのがイイんだよな〜
てかさ、マルシン童貞だったんだけど(油なしで焼けるとは???)。


イメージ 12

イメージ 13


「イ舛磴鵝△燭泙砲牢藐せてね〜」
カズさんの声に見送られて、店を後にしたのでした。

イメージ 14
               
「インスパイア」がマイブームです。
今日は記事タイトルをインスパイアしましたyo( ̄ー ̄)ニヤリッ

8月16日(mon)・・・夏休み5日目!

夏休みといってもこの暑さでは何処にも出掛ける気にならず、連日、日中はエアコン&扇風機を併用した
快適な我が家でゴロゴロしていました。
唯一この日だけは、KMさんと丸千葉で昼呑みの予定でしたので、12時半過ぎに家を出発。
この時点で練馬アメダスは38℃を記録していたらしいです。
4月半ばに雪が振った時点で、冷夏を予想したんですけどね。「厳冬の年は猛暑」が正解でした。

1時半前に三ノ輪駅に到着。前回(GW)、開店時間の2時早々に満席になり、KMさんに席を
取って貰っていたので、その教訓で少し早めの時間設定です。
日差しが強烈です。信号を渡ったところに在るサンクスでビールを購入して、歩き呑みしながら
丸千葉に向かいます。

時間帯にも拠るのでしょうが、この辺りは日陰が殆どありません。その数少ない日陰ルートを歩きます。
土手通りを渡って、「いろは会商店街」というアーケードに入りました。この商店街は山谷の中心に
位置しており、土手通りから吉野通りまで続きます。全長370メートル、幅8メートルと大きな商店街
ですが、地方都市の様に半数程の店はシャッターを閉めており、路上生活者の皆さんが寝泊り&屯する、
他の都内の商店街とは一線を画す空間になっています。

ココでは写真を撮ることが憚られます。初めて山谷を訪れた時に、お巡りさんに「むやみにカメラを
向けないように」って念を押されましたし、実際、何が起きても不思議は無いのです。ココを歩いていて、
いきなり「酒奢ってくれ!」言われたこともあります。
そんな訳でココの写真はありません m(_ _)m

イメージ 1

13時45分到着。待ち客ゼロ、暖簾も出ていません。日陰で2本目のビールを呑んで、開店を
待ちましょう。
開店5分前、常連さんが自転車に乗って相次いで登場です。そのタイミングでY氏(丸千葉の
フロントマン)のお兄さんが暖簾を出し、打ち水を始めました。こんな段取りになっていたのですね。
常連さん達に続いてワタシも入店です。シャッター1番手でしたが、入店は3番目〜


イメージ 2

イメージ 3


またまたビール!ツマミは「だだ茶豆」。正しい日本の夏!!!
ホントはKMさんからプレゼン(現場からの実況メール)されていた、新メニューのカレー(ルー
のみでも可)の予定だったんでが、初日で売り切れてしまい、以降やってないとのこと。

【業務連絡】
 新しいお姐さんが入店しました。
 明るくて可愛いタイプの熟女さんです♥
(風俗誌みたいな表現ですいません〜)

姐さん:どんな人がこのボトル(愛のボトル)呑んでるのかな、って思ってたんですよぅ
ワタシ:こんなんでゴメンナサイね〜 。・゜゜⌒(≧◇≦)⌒゜゜・。


平日だからなのでしょうか、お客さんの出足はそれほどでもありません。Y氏曰く「暑くて、みんな
出て来れないんじゃない」。
しばらくしてKMさん登場。空席の目立った店内も予約席を含め、ほぼ満席になりました。
丸千葉おそるべし!!!
遠征組は万全を期して口開け狙いが無難なようです。


イメージ 4

KMさんは緑茶を500mlパックで貰ってお茶割り、ワタシは黒ホッピー。
KMさんのことはブログを通じて知り、ワタシの地元中野でお会いしてからのお付き合いです。
お互い、呑み歩きが好きなのですぐに意気投合しました。特にKMさんは行動範囲がとても広く、
丸千葉にも中野にも遠い23区南部にお住まい。この前の日も某ブロガーさんと、いろいろ広範囲に
呑み歩いてたそうです。ワタシ自身、最近は馴染みの店しか行っておらず、KMさんに教えて貰う
ことが多いんです。


イメージ 5

私的かつ煮ランキング1位!!!
ベースとなるトンカツは胡椒が効いて肉厚。天ぷら屋さんのご子息というKちゃんの揚げ物は
Y氏も太鼓判を押しています。ふわトロの玉子でとじたら、美味しくて当たり前じゃないですか!


KMさんと結構話し込んで長居をしてしまいました。またまたニューボトル!!!(毎回やな)





唐突に一句御披露もお約束〜
そら豆の お歯黒淡き みどり色
                                  ナ譟複沓敢弌忘
「ブログもインスパイア系」シリーズ第2弾!!!
てかさ、第1弾がどの記事だったか、誰も分かりませんよね〜

。・゜゜⌒(≧◇≦)⌒゜゜・。



先週、携帯電話を機種変更した。当初はスマートフォンにするつもりだったが、i-modeに対応して
いないことを知り予定を変更。見た目がスマートフォン、中身がi-mode携帯というdocomo PRO
SH-03Bに決めた(「なんちゃってスマートフォン」とも言われてる)。
今年の冬モデルでありながら、今もdocomoオンラインショップで2位をキープしている人気機種だ。

話が戻るが、i-mode未対応というのはi-modeメールが使えないということだ。コレは痛い!
迷惑メール対策で「ケータイ以外のメール拒否」の設定している人は少なくないだろうし、
メアドが変ること自体が嫌なもの。
オイラと同じような考えで、スマートフォン購入を断念してる人が結構いるんじゃないかな。
(メールソフトを使って、擬似的にi-modeメールを送信出来るという話もあるが)



そして、唐突に本題が始まる...



5月4日(tue:みどりの日)

GWも残すところ、今日を含めあと2日。昔に比べ、連休中も営業してくれる店が増えたこともあり、
今年も居酒屋難民にならずに済んだ。この店もGW中の休みは定休日の日曜のみだ。

イメージ 1


3時開店の2階の様子は分からないが、4時開店の立ち呑みの1階は連休中ということを忘れて
しまいそうなぐらい、いつも同様、オッサン連中で一杯だ。その殆どが独り客で、スポーツ新聞を
読みながら、あるいは近くの馴染み客と話しながら昼酒を楽しんでいる。

イメージ 2

先ずはハーフ&ハーフだ。ツマミは定番の刺身。今日はマグロぶつとイカの2点盛り。1種類でも
200円なので、2種で300円という値段は、オイラのような懐の寂しいオッサン呑兵衛としては
嬉しい限り。
海老マヨも貰おう。この店は奥にこれらのツマミ類が陳列してあり、事前に内容を確認出来る。
海老が沢山入っているので、コレは「買い」だと思った。

イメージ 3

2杯目は緑茶ハイ。サワー類は全品200円。他に日本酒、ウイスキー水割りがある。
瓶ホッピーは保管スペースの問題上、無理としても生ホッピーをやってくれないかな。
そうそう、ココは乙類の本格焼酎も無い。日本酒の店だから、しょうがないのかなぁ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

最後にチューハイと「味の笛つゆ」(通称「笛つゆ」)。大根、人参、ゴボウといった根菜類、
大きめに切られた絹ごし豆腐、こんにゃく、そして鮭の切り身が幾つも入っている。
呑兵衛好みの塩っ辛い味付け。具沢山なので煮込み風の良いツマミになる。



オイラは普段と変らない気楽な空間で、ボーっと呑んでいるのが好きだ。
元来、内気で口数も少ない人間なのに、職場ではいつも満面の笑みで
一生懸命尻尾を振っているんだもの。
休みの日ぐらい、こんなささやかな自由を認めて貰ってもいいよねぇ???





『味の笛』・・・東京都台東区上野5-27-5

開く トラックバック(1)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事