ここから本文です
長良川と郡上竿の世界
ディープな世界にようこそ!
  • イメージ1 2019年7月15日【長良川本流 特大鮎出る」 今年の長良川は解禁からパッとしない。 掛かる鮎も中サイズ以下の小型ばかりで、私はちっとも楽しくない。 しかし、この出水で鮎は動くはず。 7月13日(土) 今日も雨。 刻々と下がる水位のを見計らって、午後2時から長良川本流で竿を出す。 この水位になってやっと竿を入れられる場所。 平水より20センチ以上は高いか・・・ しかし、1週間以上まだ誰も触っていないはず。 掛かるのは、着きかけの新垢か?それとも残り垢か? 竿で探る。 答えはすぐ出た。 「新垢だ」 高水の流心で掛かる鮎は、見違えるほど大きくなっていた。 満月に曲がる竿が気持ちいい。 ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 洋式郡上毛鉤竿の話⑥<もうひとつのブランクス> (ここまでの洋式郡上毛鉤の話は下記の書庫からご覧ください) https://blogs.yahoo ...すべて表示すべて表示

    • 長良川の伝統漁具が動画になる 先月、郡上魚籠職人の益田君と郡上竿師の福手さんの二人から、一緒の番組に取材されたと聞いていた。 長良川の舟大工「那須」さんとの3 ...すべて表示すべて表示

    • ステッキ竿と幻の渓

      2019/2/16(土) 午前 7:35

      ステッキ竿と幻の渓 今回は、実用性を極めた郡上竿とは対極にある竹竿の話。 皆さんはステッキ竿という竹竿をご存知だろうか? 特殊な仕込み竿の一種である。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事