ここから本文です
長良川と郡上竿の世界
ディープな世界にようこそ!

書庫全体表示

飛騨のカラス毛バリ④<漆黒のイワナ毛バリ>

あらためて、偏屈爺が巻いたバリを詳しく見てみたい。
イメージ 9
まず先に「キジ毛針」310円。
イメージ 7
イメージ 3
こちらは「カラス毛バリ」の倍もする。
この完成度でこの価格・・・さぞかし釣れるにちがいない(笑)
蓑毛(ハックル)は雌キジの胸の羽根で、胴は孔雀(ピーコックハール)を太く巻いてある。
逆さ毛バリとは巻き方も違うが、この雑なボサボサ感が意外に虫らしくも見える。

次は本題の「カラス毛針」160円。
イメージ 8
イメージ 1
黒の蓑毛に木綿糸で太く巻いた胴である。
張りの強いハックルは、黒く染めたチャイニーズ(インド)コックハックルか?
胴色違いの「白黒」も、「銀ラメ胴巻き」もある。
イメージ 6
イメージ 2
環付き針に巻いたものと他の糸で乳をつけたものがある。
上記の銀ラメ胴巻きの毛バリの針は、特大極太の鯉針であり、サイズは10号ほどもあろうか。
やはり、このゴツイ針は、山岳渓流で大きなイワナを有無も言わせず抜きあげるための毛バリであろう。
確かに黒い毛バリは、夏のイワナに効く。
イメージ 4
山国である飛騨では、昔からイワナは重要なタンパク源であった。
やはり、山奥の温泉宿などにイワナを納めた職漁師が使っていたものだろうか?
漆黒のイワナ用毛バリ・・・
飛騨の「カラス毛バリ」
イメージ 5
あの偏屈爺によると、飛騨に古くから伝わる毛バリだと言っていたが、過去の文献等を探しても出て来ない。
口からデマカセだったのだろうか?
うーん・・・
しかし、実はそれを知るヒントが飛騨の山向こうの信州側にあった。

次回(最終話)につづく

  • 顔アイコン

    今か今かと遠く信州よりお待ち申し上げております(笑)

    [ Kebari and Fly ]

    2018/11/25(日) 午後 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > Kebari and Flyさん
    結局、そちらに伺うことになりました(笑)
    古の毛バリ文化の広がりを実感しました。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/25(日) 午後 4:59

    返信する
  • 顔アイコン

    佳境とは山の向こうなんですね!! 削除

    [ 満月 ]

    2018/11/25(日) 午後 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    > 満月さん
    山のあなたの 空遠く・・・
    です。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/25(日) 午後 6:00

    返信する
  • 顔アイコン

    引っ張りますね〜(笑)
    カラス毛鉤、日光湯川のブルックが好きそうな感じがします。
    イワナ系は黒が好きなんですかねぇ。

    [ gor*kun**te ]

    2018/11/25(日) 午後 10:57

    返信する
  • 綺麗に巻いたからって釣れる訳でもないですもんね、鮎毛鉤なんか人間釣る鉤ですもんね(笑)。無骨ながらシルエットがハッキリして釣れそうな毛鉤ですね(^^)

    [ 眩影 ]

    2018/11/25(日) 午後 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > gor*kun**teさん
    引き延ばして申し訳けございません(笑)
    来年の夏に使ってみたいと思っております。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/26(月) 午前 6:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > 眩影さん
    たしかに。
    人を釣る毛バリが必ずしも魚がよく釣れるわけではないです。
    鮎毛バリや蚊頭バリでも真っ黒な「カラス」がありますね。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/26(月) 午前 6:14

    返信する
  • > 鮎たわけさん
    マタギが使っていた毛鉤もこんなのだったんだろうな、と思いました、ごつい手で顔をしかめて巻いたような(^^)。鮎毛鉤でも「壊し」といって、わざと乱して巻いたのが大当りって事もあるようですし、お魚の好みは謎ですね(^^;

    [ 眩影 ]

    2018/11/26(月) 午前 7:27

    返信する
  • 顔アイコン

    拡大写真、有難うございました あれで十分です。
    思って居た{鮎毛鍼の}巻き方とはかなり違いますねー
    「カラス」と言うので、カラスの羽を正巻、逆巻にするのかと思い
    連絡をした次第です。 削除

    [ F ]

    2018/11/26(月) 午後 1:59

    返信する
  • 顔アイコン

    > 眩影さん
    そういえば、何匹も釣ってボロボロになった毛バリの方が釣れたという経験も何度もあります。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/26(月) 午後 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > Fさん
    そうですね。
    これは無骨な漁師毛バリでした。
    その昔はカラスとかカワガラスの羽根だったのかもしれませんが・・・。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/11/26(月) 午後 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    撮影されることは全く念頭にない無骨な作りで、雰囲気出てますね。
    自分は長い間、カラスの羽で胴巻きした毛鈎を使っていたのでそういうものかと思ってしまいましたが。
    いつも楽しいネタをありがとうございます。 削除

    [ はじめまして. ]

    2018/12/4(火) 午前 2:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > はじめまして.さん
    ありがとうございます。
    もしかしたら、仰る通り最初はカラスかカワガラスの黒い羽根で巻いた毛バリだったのかもしれませんね。
    これからもご覧いただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    [ 鮎たわけ ]

    2018/12/4(火) 午前 6:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事