ここから本文です

プレトレ魂

書庫全体表示

ども、ふらっくです
今年最後の挑戦として岩エルグに行ってまいりました。
先人の古代文献の伝承を調べると、東京近辺で最強ではないか?と伝わる激坂
なんでも、ここを登ればフロント多段化の道が開けるとの
 
 
行くっきゃねーッ!
 
 
イメージ 1
ルートとか場所とかは省略
 
イメージ 4
(そこ!いつもたいして書いてないじゃんとか言わないッ!)
 
イメージ 2
入り口に到着
 
ん〜、なんかどっかの土木屋の資材置き場ぽい中を行く・・・・
奥の斜度が上がってるとこからが始まりか?
 
ざ勝負ッ!
 
と、駆け上がろうとダンシングを始めると1台の軽トラックが下りて来た。
 
自転車と車が安全にすれ違えるような道幅でもないので下で待ちやり過ごす。
当然、えせサイクリストとして会釈程度は忘れずにする。
 
が、相手の反応がイマイチ。
大概は、手を軽く上げてくれたり同じように軽く会釈してくれたりが多いのだが・・・
なんか不愛想、怪訝な顔。
 
む?むむむこれはもしや、やっぱり、私道なのか?
 
まぁ、でも立ち入り禁止等のカンバンも見当たらないので気を取り直して登坂開始ッ!!
 
イメージ 3
なッ!?
動画とか散々見たがこんなカンバンなかったぞッ!
 
しかも檜原村だとッ!
と言うことは住民が村に訴えてカンバン設置に至った訳か?
 
むむむむ・・・・
 
もう目の前には激坂が待ち受けているのに・・・
イメージ 5
良心が痛むッ!
 
 
 
 
ダメだッ!
 
 
撤収ッ!!
 
 
 
 
こうして、今年最後の走り収めが終わった・・・
 
 
フロント多段化の道も永遠に閉ざされた・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやッ!待てよ!?文献には断の場所として書かれていたもう一つの場所があった筈だ。
 
(そこならばいいんじゃねぇ?)
 
幸い、少ない情報ながら場所も特定している。
 
ってことで替りに再挑戦ッ!
 
 
 
 さほど時間もかからずに発見。
 
入り口から怪しい雰囲気を発している…
 
ここを行くのか?
 
いやいやいやッ!ここはマズイっしょッ!?
 
でも檜原村くんだりまで来てこのまま帰るのは勿体無い。
 
 
行くか?
 
 
 
 
 
行ってしまえ〜〜〜〜ぃッ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
5mも進まないで足つき(笑
 
ココは無理ッ!
 
 
たしかに舗装路なのだ。
 
がしかし斜度もヤバイし道幅もヤバいッ!
 
事実上、攻略不可能なのではないか?
 
 
 
いろいろな思いを抱えながら怒涛号を押し上げ上を目指した・・・・
 
 
 
 
イメージ 6
えぇいッ!!(怒涛号を投げ出したくなる)
 
ビンディングシューズが滑る・・・
SPDなのにだ。
SLなら押し歩きも無理だろう
 
さっきからアキレス健がピキピキ悲鳴を上げている。
イメージ 7
上空は電線が走っていて行く先を示している・・・
 
私は頂上には必ず何かがあるハズッ!と先を急いだ。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
頂上だ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして目の前にはッ!?
 
 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
 
 
 
 
 
撤収ッ!!! 
 
 
 
 
 
文献の通りここは観てはいけない場所だったのだ・・・
 
 
イメージ 9
道の途中、名もない地蔵をみつけた
 
せめて、次に来るであろう冒険者が無事帰れるように・・・祈ろう。
 
 

 
 
さぁ、仕切りなおそう。
 
今日は峠や激坂らしい所をまだ登ってない。
 
ここまで来てるのに(笑
 
となると・・・湯久保か?
 
 
ダメだ、あそこはスペック、場所共に未検索だ。
なんも調べてない。
きっと気づかず通り過ぎてしまうだろう
(実際、通り過ぎた)
 
となると、入間白岩林道か?
 
ん〜・・・
いらん登山しちまったから脚がもう終わってるなぁ・・・(遠い目)
折角、28Cなのだから入間白岩林道が丁度いいのだろうけど・・・
距離がな・・・
 
 
ッ!!!
 
 
日の出山登山道
 
 
たしか梅ノ木峠の近くで、そのスペックは悪路で小岩エルグをも引けを取らない激坂だとかの伝承だったハズ
入り口はたしか・・・うる覚え、まぁ、そんな分りずらくないだろう。
 
入間白岩林道を通って檜原街道で帰って来ればそれほど距離はないハズなのですが
私の中では入間白岩林道と鶴峠がセットなのです。(更に松姫峠・・・)
 
イメージ 10
ってことであっちゅーまに井橋
 
 
イメージ 11
あのゲートを突破して裏側に行くと素晴らしい秘境(林道)があるって伝承もあるし行きたいなぁ〜
(アプローチの仕方すら調べてない)
 
イメージ 12
ウロウロしていると『こらッ!』と声を掛けられた(笑
baohさんと遭遇
暫くヤンヤ ヤンヤと話をして別れ、先を急ぐ。
梅ノ木峠で走り収めだそうだ。
昨年はいろいろとありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
 
イメージ 13
ここか?
 
進んでみよう。
 
イメージ 14
 
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 ヤベェ!!滝だけで行き止まりだッ!!
貴重な時間を使っちまった。
 
戻る
 
ちなみに私は滝には全く萌えない(笑
 
 
 
イメージ 20
ん?アレか?
 
イメージ 21
奥に熊野神社のカンバン
 
イメージ 22
間違いない、ここだッ!
 
イメージ 23
それにしても手前の橋の先も気になるな〜
 
 
イメージ 24
見た感じダート道だけど・・・
後で調べてからまた来るか・・・
 
今は先に進もう。
 
イメージ 25
進むと右にもダートが・・・
 
イメージ 29
 
 
 
 
イメージ 26
 
イメージ 27
イメージ 28
 
 
イメージ 30
 
イメージ 31
この先が目指す所だ・・・
 
 
イメージ 32
熊ッ!?
 
今日、鈴持ってないぞ・・・
 
 
 
。。。
 
 
 
 
 
撤収ッ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
まさかの3撤収
 
 クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
 
2015年が終わった・・・
 
 
 
 
イメージ 33
2014からの総走行距離
そろそろ電池交換なんじゃないか?
記録しておこう
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事