ここから本文です

プレトレ魂

書庫全体表示

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【大山】 家族で登山

 
久しぶりに無理やり書くッ!
イメージ 1
8:40
 
ある日のことです。
 
前夜に雪がしとしと降り・・・
 
イメージ 2
雪化粧の大山登山。
 
 
白い地獄再びか!?
イメージ 3
 
アレは今まで一番の苦行となった一日でした。
走行距離はたいしたこたぁ〜ないんですけどね。
補給食なし、下調べなしでの担ぎ登山は精神的にもキツイモノでした。
 
・・・・。
 
大丈夫かなぁ子供達(^^;
 
 
イメージ 4
 
こま参道を寄り道しながら進みます
イメージ 5
 
イメージ 6
今回はケーブルカーには乗らず山頂を目指す。
 
 
 
イメージ 7
と言っても足元のコンディションの悪さから、嫁とは行けるとこまでで引き返しと話し済。
 
イメージ 8
登山初心者の我々は足元がスニーカーでアイゼンなしですからかなり滑るんですよ。
 
 
 
イメージ 9
当初の心配を余所に楽しみながら進む。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
10:20 大山阿夫利神社到着
 
イメージ 12
空気も澄んでいて江ノ島もクッキリ見える
 
イメージ 19
この写真を最後で足元の悪さに写真も撮れなくなり7丁目辺りで引き返す。
他の登山客も同じ地点でアイゼンを着けて登って行く。
登れないことも無いけど登頂後の下りが怖いのでうちらは安全にココまで。
 
9丁目辺りまで元気に先行していた子供達に携帯電話に連絡して引き戻す。
山って云ってもデンパ届いてるんだよねぇ(^^;
 
 
 
イメージ 13
再び神社で無事かえる。
 
 
 
 
 
イメージ 16
13:00
初ッ!清水屋ッ!
 
 
 
イメージ 15
2月だけどカキ氷ッ!
もちょっとバリエーションをさぁ・・・(^^;
 
イメージ 14
大人は味噌田楽とぜんざい
 
イメージ 17
14:00
鶴巻温泉をスルーし、東海大学前近くのさざんかさんで温泉ハント
料金はリーズナブルで◎
でも畳み間の休憩所が小さ目で△
バイクラック無し
営業時間が10:00〜23:00(最終入場22:30)とオーバーナイト仮眠所としては微妙
(評価は夜走自転車乗り目線での審査となります。)
基本施設を押さえた天然温泉ですッ!(笑
 
 
 
イメージ 18
 
 17:00
疲れたのか・・・嫁、子供達共に就寝により空振り(笑
あげパンを一人寂しくかじり帰宅
とある日曜 早朝。
今日はなかなか起きない子供達を車に寝かし直し
東京ディズニーシーへ
 
イメージ 1
入場後、例の如くファストパスゲットの為嫁が走る
(走るのダメですよ)
流石、ちみっ子、人波の合間をぬう様に走る。
走る方向を間違えてっけど・・・
あ、戻って来た。
はよいけ。
 
今回一番人気はトイ・ストーリー・マニア
TDRのバズライトイヤーのアストロブラスターと同じようにシューティング物
 
こっちは子供と一緒に人波に飲まれ、タワー・オブ・テラーに並ぶ。
イメージ 3

お連れ様とご一緒ではければ並べぬとは不覚。
嫁を待って並ぶ。
直虎(長女)にカメラを奪われ激写される。
イメージ 2
そんな像の写真いらん
 
 
イメージ 4
例に漏れず、しりとりしながら戻って来たカメラを手に俺も駄写真を量産する。
 

初っ端からのフリーフォール。
死ねた。
嫁と直虎は『また呪う』と言っているが聞こえないフリ。
 

ファストパスを取った時間まで間があるのでヴェネツィアン・ゴンドラへ
イメージ 7
出航直後、帰りの船とすれ違う。
船頭が歌い何故か乗客が全員厳粛に目をつぶっている。
ちょっと不安になる
 
 
イメージ 5
これに乗った人はこんな構図の写真を必ず撮ると思う

 
イメージ 6
後でコレもおかわり。
 
 
イメージ 8
それにしてもここら辺の造りは何所を撮っても絵になる。
 
 
イメージ 9
乗った順番なんて忘れてしまったのでズバっとお昼

イメージ 10
クマックマ人気なのか?持参した熊っ子と撮影に勤しんでる方多数。
 
 
銅像ハント
イメージ 11

 
イメージ 12
イメージ 13
で、トイ・ストーリー・マニア
引き金が西部調で紐引きタイプ
連射は超疲れる
イメージ 14
 回せ回せ〜
 
 
イメージ 15
クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー
ディズニーシー15周年をお祝いする期間限定のハーバーショー

人気の高いクリスタルブルーさん
イメージ 16
たしかにカッコイイ
 
 
イメージ 17
クリスタルグリーン
陣内君似?
 
イメージ 18
クリスタルレッド
三村か?
 
テーマは Wish(願い)らしいです
イメージ 19

イメージ 20
空いているアトラクションを狙って乗ったり二週目をしたりでいよいよ陽が落ち、
しりとりも一年分した気がします。
 
 
夜景取り放題
イメージ 21

イメージ 22
もうアレには乗りたくないなァ
 
イメージ 23

イメージ 24
イメージ 25
東京ディズニーシーに来るのは今日で2回目
1回目はディズニーシーが出来た年で、嫁と馴れ添い始の年でした。

今ではずいぶん賑やかになって・・・
早いもんだねとしんみり
 
イメージ 26

MTB-大野山

時は振り返り正月 快晴

怒涛号を車載で渋沢駅付近の駐車場に降り立つ。
そこでさかけんとチキンさんと待ち合わせだ。
いやぁ、ココまで来ると富士山も大きい。
先日、東京タワーから見た富士山よりもだいぶ大きい(笑
やっぱり、遠くの富士より近い富士の方が迫力がある。
 
さかけんさんが来たッ!
 
MTB2台を車載で登場。
 
実は今回、チームプレトレMTB部としてのライドで、
(もうMTBの時点でプレトレでない件はスルーする)
新車を借りてのライドなのである。
なので、怒涛号は持ってきただけだ(笑 
 
ほどなくして、チキンさんも合流。
 
チキンさんの案内でとある山に向かう。
イメージ 1

 
イメージ 2
 
ごめんなさい。
正直、正月早々のライドで舐めてた。
まさか、これほどの坂を案内してもらえるとは思わなかった。
路面状態は悪いものの、あざみラインの最大勾配と変わらないんだものッ!(笑
ム〜リ〜ッ!とさかけんさんと私はあえなく押し歩きを余儀なくされる・・・
うわぁ〜、案内役のチキンさんはこちらを振り返りながら平然と上がって行く。
イメージ 3

少し寄り道をして山頂へ。
イメージ 4

 
イメージ 5

木々で景色は抜けてないものの、気持ちいい
イメージ 6

 
イメージ 7

ピストン登山なので来た道を戻る。
で、下りなのだが・・・・
MTBと云うことでダート道ですごく怖い(笑
正直、コケないように必死で私は超スローで下る。

とッ突如、目の前のさかけんさんが転がるように落車ッ!
うわぁ!これはヤバイッ!
駆け寄って近くに在った東屋に移動
バイクの確認と身体の確認。
バイクは支障はないが、さかけんさんは落車の衝撃で消耗が激しそう。
どうやら、腰と肩は少々痛むが大丈夫な様子なので休憩をして出発。
無理はしないでほしい・・・

四十八瀬川を上流に向いホタルスポットへ向かう。
イメージ 8
あぁー!この風景がとても良い最高だ!
イメージ 9

イメージ 10

到着し、チキンさん御手製のサンドイッチ補給食をいただきます。
この後、松田を通り山北へ
イメージ 11
イメージ 12
洒水の滝に立ち寄り湧き水を汲み大野山へ
イメージ 13
イメージ 14
今回お借りしたMTB
 
 
イメージ 15

イメージ 16
おぉ?
 
イメージ 17
だぁ〜
 
 
イメージ 18
超絶キツイっ!
 
イメージ 19
ナイスワインディング!!
 
イメージ 20
風景も貫けて良い気持ち
 
イメージ 21
UFO?
トンビ(笑
 
山頂手前でお昼を過ぎてしまい自炊。
イメージ 22
さかけんさんが、ガスバーナーでカレーを温め
チキンさんが、アルコールバーナーでご飯を炊き
俺が応援する(笑
 
イメージ 23
すげぇ〜!綺麗に炊けてるッ!
 
イメージ 24

各自、持参したレトルトカレーを食します。
イメージ 25

イメージ 26
貴族の様な優雅で至福の時
 
会話も弾みます。
このままキャンプも楽しそうだが重い腰をあげて進む
イメージ 27
イメージ 28
実はワインディングの所辺りからさかけんさんと私は押し歩き(笑
私はただの体力不足ですが、さかけんさんは落車の影響で腰かな?キツイ様子
平地で大丈夫でも、上りだと力がかかるから思った以上に腰に来る。
私も2度目のあざみラインの時、仕事で少々腰を痛めていてそうでした。

イメージ 29
まぁ、さかけんさんの搭乗バイク(左)は荷物積み過ぎでして、余計ですよね(笑
やっとのこと山頂に到着。
イメージ 30
丹沢湖を見下ろす。
おぉ!行ってみたいッ!
 
イメージ 31
残念ながら霞み富士
 
イメージ 32
イメージ 33

激坂。
ダート走行。
自炊。
絶景。
落車。
とあり、今後の回復が心配ですが・・・
オンブに抱っこで何も出来ずすみませんでした
また、案内 MTB貸出ありがとうございました。
 
イメージ 34
大野山最高でしたッ!
 

伊東-石廊崎<4>

漫喫一泊を決め込んだふらっく。
 
駄菓子菓子。
 
彼にはやらなければいけないことがあった・・・
 
 
嫁への連絡だ。
やはり無断外泊は良くない
 
 
その結果・・・・
 
 
イメージ 1
一見、文面上は何も問題無いように見えるが
 
くッ!なんだこの威圧はッ!?
あの笑顔の装飾が怖い・・・
癒しだッ!
俺に癒しをッ!

4:00
イメージ 2

6時間ほど寝ただろうか?
精神的にも身体的にも重い気がする・・・
気のせいだろうか?
気のせいであろう。
 
うん、決めた。
 
今日は双龍に行くッ!
 
プレトレ仲間と果たせなかった『ろんぐらいだぁす!』聖地巡礼モドキ
更に、究極超人あ〜る聖地巡礼 石廊崎編
を成し遂げて漫画喫茶に一泊と云うベタな展開。
 
もうベタベタついでに北京料理双龍へも訪問してまうッ!
やはり、帰路と云っても目的意識を持たないとモチベーションが保てない。
(だって帰ってからのことを考えると憂鬱な気がする・・・)
 
5:45
イメージ 3
オスッ!昨日っぷり!
 
 
イメージ 4
あれ?
 
6:00
イメージ 5
二度目の朝陽
 
 
7:40
イメージ 6
ぶらっと無計画に小田原城に寄ってみる。

反対側の方が良かったのかなァ
面倒臭いからいっか。
 
 
 
 
この後はこれといったスポットもなく双龍へ
 

11:20
イメージ 7
到着ッ!
あ、開店間もないのに結構入ってますね。
 
 
イメージ 8おッ!雛子だァ!
一気にテンションが上がる
 
裏メニューを女将?に注文して写真撮影の許可も得ます。
ヤベェこの女将に惚れた(笑

何というか・・・どうぞ来店してみてください。
 
 
イメージ 9
お店の内装もアニメと同じ。
ん?この場合はアニメがお店に似せたのか
イメージ 10
イメージ 11
ヤマト推し?
 
 
イメージ 12
ろんぐらいだぁす!セットです。
あ、これアカン
少しお高いですけどボリュームが凄いッ!
ギリ完食。
満腹。
 
常連客も自転車客も来てまして、いい感じにアニメと共存しているお店。
と何となく感じました。
亭主の方も『折角だから写真とろっかッ!?』と気さくに声を掛けてくれます・・・
いや、一度は断ったのですけど、帰り際にね。(^^;

2度3度となると失礼にあたります。
 
ここは一枚撮ってもらいましょう(笑
 
 
 
 
貼りません(笑

14:30
イメージ 13

イメージ 14
走行距離378km
累計時間37:30
無事、怪我なし事故なし帰宅。
 
イメージ 15
お疲れ様でした。
 
この後、新たな戦いが始まるのでした・・・
 
ルートラボ 
 

伊東-石廊崎<3>


14:20
イメージ 1

まどが浜海遊公園から一時間ほどで石廊崎漁港、石廊崎参道に到着。
車両通行止となっているが前情報で駐車場の業務員の話だと
自転車はそのまま行って良いとの情報が有ったのでそのまま進みます。
ですが観光客が多いので、そこは配慮して邪魔にならない様押し歩き。
イメージ 2

 
イメージ 3

14:30
イメージ 4

そしてついにあこがれの東大への到着ですッ!
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 
今日の走行はほぼこの為に来たと云っても過言でもない(アフォ)
ここまで約180kmの道のりです、長かった〜
感無量(T_T)
これ原作通り東京駅からスタートしようものならとんでもない距離になってしまいます。

約180kmを13:30時間で走行ですから・・・
グロス13.3km/hですね
ブルベ的にはアウト。
まぁプレトレですから恐らくこんなもんでしょう。
さて、まだこれで終わりではないんです。
ここで怒涛号にお留守番してもらって
灯台の先へ行ってみましょう。
イメージ 11
灯台の横に伸びる細い道を進んだ先には、伊豆半島の突端となる岩場があり、
絶景が広がり、伊豆大島や三宅島を眺めることができるらしいのですが・・・
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
ん?あれが三宅島か?
イメージ 15
イメージ 16
とさか先輩がこの柵の向こう側から
 
イメージ 17
イメージ 18
ここで光画部の記念撮影がされたのです
(危ねェー)
イメージ 19
イメージ 20
 
これでめでたく目的達成でありますッ!
ですが、この時点でもう15:00な訳ですよ。
つまり、ここまで14:00時間かかってる
当初の予定では往復28時間ですから・・・・
ぴったり予定通りッ!(笑
ってことは帰宅は早朝5:00ですね。
このまま寝ずに走れば・・・
寝ずにッ!
(嗚呼、心が折れそう・・・)
 
ここまでで体力的にも相当きつくなってますから(笑
急いでも仕方がないのでまったり帰ります、というか急げない。
 
19:40
イメージ 21

イメージ 22
目を付けていた赤沢の無料足湯温泉に入ります。

ライド中に初めて足湯に入りました
『こりゃたまらんッ!気持ちいい^^』
だいぶ足が回復しました、この効果は絶大だッ!
 
 
 
と思ったのも束の間。
今回最大標高(約240km)の伊豆市吉田を過ぎた頃には身心共にボロボロ。

光画部の様に駅に野宿を決意します。
イメージ 23
と云うのは止めて(笑
 
伊東市吉田を過ぎた所に漫画喫茶が有ったので、ここで一泊してしまいましょうッ!
20:30
イメージ 24
 
イメージ 25

この日、走行距離256km
イメージ 26
お疲れ様でした。
 
明日に続く・・・
 

カラオケルーム併設なのでルームサービスの電話の音が酷かった
自転車は照明に地球ロック(ただし凄い目立つ所)高級自転車は無理ッ!
 

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事