ここから本文です

プレトレ魂

書庫全体表示

記事検索
検索

伊東-石廊崎<2>

1:00 出発
睡眠時間は少し足らない3時間半ほど。
246に出て下鶴間から467藤沢街道で藤沢 鵠沼海岸134に出る
あとは、海岸沿いで大磯駅まで

4:45
イメージ 1
ペースはほぼグロス15km/h
大磯からは1号線で真っ直ぐ早川口まで
夜間で海沿いは街灯が有る区間はいいけど、
早川口を曲がった135号線は街灯が無い区間も有る様なので明るくなってからの走行できるよう時間設定
小田原に着くころには空も明るくなる。
 

6:20
イメージ 2
石橋付近だったかな?
もう、陽が出ています。
少し走ると湯河原街道から真鶴道路へ
 
6:30 
イメージ 3

同じ135号線なんだけどなぁ・・・
 
7:30 熱海到着
イメージ 4
プレトレ仲間が走った時は4:00頃に熱海到着。
7:30頃はすでに伊東マリンタウンに到着して温泉に浸かっていた頃でしょうか。

8:40 伊東マリンタウン到着
イメージ 5
この日は三連休の真ん中だったので渋滞が始まりつつありました。
でもまだ道的には快適に走れる。
プレトレ仲間が走った時は温泉入って〜朝食とって〜の休憩してココを9:00前に出発で復路。
自走で帰りました。
ろんぐらいだぁす!』では輪行で帰巣
僕は写真だけ撮って先を急ぐ
まだ目的地まで70kmほどあります(^^;
ボッチだと楽しさも半減ですな。
でも、自由気ままに自分のペースで走れるので楽です
それに孤高のロングライドは妄想全開モードで走れるので大好きですが。

10:20 赤沢日帰り温泉館前
イメージ 6
今回、最大標高(約240km)の伊豆市吉田を過ぎて下ると無料足湯を発見。
135号線沿いなので嫌でも目に付く。
これは帰りに寄ろうと脳内チェック。
サーファーが沢山いる白浜海岸も過ぎ淡々と走ります。
イメージ 9
 
 
イメージ 11
イメージ 10

海も透き通るほど綺麗。
柿崎を過ぎて まどが浜海遊公園 を通り・・・
ここで銅像ハンターの直感が働きます。
ん?何かいる・・・
 
13:00
イメージ 7
おおッ 坂本龍馬だ。
 
イメージ 8
残念ッ! イケメンではないッ!
(後日調べたら無料足湯が有る様子)
 
もう13時なのでそろそろ牽き返せねば無事帰れませんが・・・
まだ石廊崎まで15kmほどあります
あと1時間ぐらい先か・・・
長いなァ
 
ここまで約165km
 
もう、目的達成するまで引き返せないなァ(笑
 
つづく。

伊東-石廊崎<1>

 
去年の11月、真夜中に静岡県伊東までプレトレ仲間と走る機会がありました。
が、しかし。
翌日の都合があり、僕だけ大磯駅で折り返し涙ながらに帰ると云うことがありました。
 
ろんぐらいだぁす!』聖地巡礼的に、つきみ野駅から走って伊東で朝陽を見ようというモノ
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 

 
イメージ 3
葵ちゃん並みの光害でつきみ野駅に登場したさかけんさん(笑)や
134号線のみんな揃っての快走は楽しいモノでした。
 
 

そして大磯駅で別れた僕は多摩川で朝陽を拝んだ訳です。
イメージ 4
 

とまぁ、僕。
伊東まで行って無い訳ですよ
では・・・
行きましょう、石廊崎までッ!
(え? 行き過ぎてませんか?)
単独ですから当然限界まで行ってしまいますッ!
だって伊豆まで行くならあこがれの東大まで行きたいじゃないですかッ!
イメージ 5
自転車で石廊崎というとブルベ石廊崎400が浮かびますが違うんです
OVA 『究極超人あ〜る』 飯田線の旅スタンプツアー 聖地巡礼

「究極超人あ〜る」とは、1985〜87年に週刊少年サンデーで連載されていた学園ギャグマンガであり。春風高校光画部を舞台に、アンドロイドのR・田中一郎と鳥坂先輩を中心に繰り広げられる、マニアックな学園コメディなのである。
OVAは原作最終巻(9巻)の次という位置付けであり、「飯田線の旅スタンプツアー」で繰り広げられる珍道中が描かれている。
そして、ホントかウソか?いつからか誕生した『聖地巡礼』のはじまるキッカケになった漫画なのである。

本来ならばこのスタンプツアー
東京駅発-熱海 伊東 下田 石廊崎 修善寺 三島と回り一気に豊橋まで。
その後は飯田線で伊那市までのコース
えぇ、到底無理です。
だから聖地巡礼と云っても石廊崎限定。
(いつか伊那市や田切に行ってみたいッ!)

これを考えたのが出発当日前夜。
事前に調べたのは片道切符の行きのルート約180km
もちろんオール自走なので総距離約360km
やっぱりブルベ並みになってしまいました(笑
300kmでも24時間かかるのにこれを一日じゃ無理ッ!
ん?待てよ、残り60km・・・
通常時なら4時間で走破。
28時間で行けるなら・・・
お得意の夜中発で・・・・翌日・・・ってか翌々日早朝?に帰ってこれる。
これなら嫁も怒らず自分ルールでOKだッ!
ってことで行って来ますッ!
 
つづく・・・かな?
 

嫡男事件簿

これまで幾度となく問題を冒している嫡男。
 
ハワイで迷子になりパトカーで帰って来たり
 二ヶ領用水に落ちてびしょ濡れになったり。

アンパンマンミュージアムのすべり台では滑らずぶら下がったりと悪行三昧

そして今回も伝説を一つ残してくれたのであるッ!
 
 
 
 
率直に言おうッ!
 
 
 
 
コンビニで万引きしたッた!!
 
 
これは俺もビックリッ!
 
予想の斜め上を行く嫡男。
 
 
万引きして捕まって帰って来たよorz
 

今日も仕事を終え、事務所で打ち合わせ中に電話がなる。
 
『しもしも〜?どうした?』
 
『嫡男が万引きしたッ!早く帰って来てッ!』
 
『はぁッ!?』
『迎えに行ってくるから、直虎と茶々 帰って見ててッ!』
『最悪だよもォ〜ッ!』
 
焦ってるなぁ・・・いや、当然ちゃ言や当然だけど。
にしても、ついにヤッちまったかぁ・・・
まだ小1だぞ。
 
『ぁあ、すぐ帰るゎ、帰ったら電話する』
 
マジかぁ〜ッ!とりあえず落ち着け俺ッ!
内心、俺も焦ってるわ。
嫁はもう取り乱してたからなぁ・・・
冷静に行こうここは。
 
 

帰宅。
 
 
『ただいまぁ』
お?嫁も帰って来てる?
 
『お〜か〜え〜り〜』
お前、後ろにおどろ線見えんぞッ!(^^;
 
 
『とりあえず、嫡男、説明出来る?』
 
シーーーーーーン
 
ダンマリ、説明できません。
まぁ、そうだろうなぁ・・・
 
『嫁、ヨロシクッ!』
 
ことの顛末はこうだ・・・
 
今日はスイミングスクールの日だったのだが、
終わって帰って来る時間になっても帰ってこないから探しに行った。
何所を探してもいない、スイミングに電話をして確認するともう出ているとのこと
 
一旦、自宅に帰ると電話が鳴る。
電話に出ると警官からで、コンビニで保護しているから来てくれとのこと
まぁ、職場の連絡先やらなんやら色々聞かれ、学校にも連絡が行った様だ
そして、とった商品は 10円ガム 7個
ショボっ!
まぁ、小1ならそんなものか、ほんの出来心だろう
 
ガム6個をズボンのポケット入れカモフラージュにガム1個をレジ持って行き買う
当然、しっかり見ていただろう店員さんにポケットのモノは?と尋ねられて御用。
 
 
お前何やってんだよッ!と思ったが帰宅前までに今回は怒らないと決めている。
と、いうのもこれは転機とでも言うべきか、
この問題を巧くクリア出来れば嫡男を成長させるチャンスなのでは?と考えた
正直、今まで嘘をついたりギャン泣きしたり問題児だったのだ。
これからも問題児だろう(笑
そして父親としての接し方にも問題があったのだろう。
 
これは嫡男のメッセージかも知れない。
嫡男も変われる様、示してやらなきゃならない
もちろん俺もだ・・・
 
 
とまぁ、俺的にシンミリした所で、嫁ッ!
冷静に成れ!怒って追い打ち掛けてもしょうがないだろう。
 
たかが小学生の出来心だ。
最初は流石に動揺したが誰かを怪我させた訳でもないし大したことではない。
 
 
と言ったら嫁に怒られた
『だって犯罪者だよッ!』
大げさだってッ!(^^;
怒ったかと思うとコッチもわんわん泣く(笑
 
お〜ま〜え〜も〜かぁ〜(^^;;;;
犯罪者ぐらいがなんだ、お前それを言ったらこの国は犯罪者大国だぞッ!
とは言っていないが内心思う
こ、これは今日は話に成らなくて無理かも・・・兎に角もう少しモチつけ
 
この日、俺も話したいことがまとまらないし明日、ちゃんと家族会議をしようと思い
最低限、云えなければならない事だけ伝えて終わりにした。
 
 
お店で謝っているママを見てどう思った?
『かわいそうだと思った。』
そんなママを見てどこか痛くなかったか?
心が痛くなかったか?
モノを取ったことは確かに悪いことだ。
モノは直したり返したり謝れば済む
 
だけどもっと悪いのは誰かの心や体を壊してしまうことだ。
 
今回お前はママの心を、自分の心を壊したんだ。
 
だからこれからは一生懸命、心を治していかなきゃならない
 
 
言ってから考える・・・・
コレ、俺暫く夜走りにいけないんじゃね?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俺の心は誰が癒してくれるんだろう(笑
 
 
 
 
 
 

東京タワー初登り

あけましておめでとうございます。
 
ども、ふらっくです。
もう2月も終わりですが当ブログとしては今年初のまともな更新になるかと思います。
(夜景を2つあげてますがw)
と、いうのも年明け早々、体の調子がイマイチだったのとモチベーションが上がらず
放置状態でした。
 
と言う訳で2016年の走り収めは
イメージ 1
直虎、嫡男と3人で多摩サイを二子新地まで軽くサイクリング。
 
翌日明けて元旦、東京タワーにお出かけです。
イメージ 2
嫁以外東京タワーに上るのは初めて
昼間に見るのもいいものです、いつも夜間ですから(笑
 
 
イメージ 3
階段で展望台まで
 
 
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
なかなかハードですよ。
 
それにしても、どーも保守の人は大変だよな〜とか考えてしまいます(^^;
イメージ 9
イメージ 10
ん?東京ってどちらの方面に向かえば良いのでしょうか・・・
 
 
イメージ 11
イメージ 12
えぇ、疲れましたよ・・・
まさか峠以外でいきなりゼェハァするとは思わなかった(^^;
 
イメージ 13
 
イメージ 16
 
 
イメージ 14
 
 
イメージ 15
素晴らしいッ!
 
少し霞んでましたが富士山も
(夜景も凄そうだなぁ、観たいなぁ)
 
イメージ 17
クロスタワーも探して見ましたが、これだけビルが有ると見つからずじまい
 
イメージ 18
謎の軟式ボールを眺めつつ
 
イメージ 19
子供達にご褒美を。
 
次は山へ行くぞッ!
 
 
 
 
イメージ 1
東京方面、東名高速
 
 
イメージ 2
東京タワーとスカイツリーも見える
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 3
少し左側を見ると新宿副都心方面
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事