ここから本文です

プレトレ魂

書庫全体表示

記事検索
検索

宇都宮300

さて、彩湖の記事でも前フリをしてしまったのでそろそろ記事に起こしましょう(笑
と、言っても余りにも走りに余裕が無かった為、写真やらも殆ど撮っていないので記録的な簡単なものです。
 

 
イメージ 23
 

 
こ、これは俺向けの企画だろッ!
ってことで参加
 
baohさんとUcchy-T さんと3人で宇都宮駅を目的地として周る24h300kmチャレンジ
 
集合は荒川、羽根倉橋近くの711富士見岡ノ坂店に早朝4時
 
イメージ 1
1:30に自宅を出発と思っていたが余裕の寝坊。
嫁のファインプレイに救われる。(行くんじゃないのぉ〜?って起された)
これから出発しますって送ったが実は起されて速攻メール
全然出発できない
そしてスマホの充電が何故か充電率50%
自宅を出たのはこの10分後
 
『怒涛号フルバーニアン出るッ!』
『まだ機体のエネルギー充電が終わってませんッ!』
『構わんッ!出るぞッ!』
 
集合場所までの試走では2時間弱かかってたので間に合わない算段
 
最初からの全開走り
 
イメージ 24
 
 ヤベっ!もうみんな余裕で4時前に・・・
ってもう、うっちーさん着いてんじゃんッ!
 
 
イメージ 2
5:00頃
いきなり大宮駅
 
無事4時丁度に集合場所に着き出発
ルート間違えてたら遅刻だった。
試走しといてよかった・・・
 
 
 
イメージ 4
 
イメージ 5
8:00頃
利根川を渡る
 
 
イメージ 3
見ての通りの機種
今回、一番スピードの遅い俺がペース主導権を握ると予想
 
イメージ 6
まくらがの里こが
宇都宮まで平坦と言っても微妙に登りなのでガマンの頑張らない走行(もう遅い)
 
イメージ 7
9:00頃
自転車で初の栃木県入り
 
 
イメージ 8
 11:00頃
宇都宮駅到着
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
大休憩
 
 
イメージ 12
 
イメージ 11
三色セット送りました・・・
 
 
 
イメージ 13
14:00頃
どこ?
宇都宮を越えて微妙に下りなのでペースを上げる
時間的に押し気味か?
 
イメージ 14
15:50頃
今日の最高標高地点
あ、もしかして俺トンネル好きかも
 
イメージ 15
渡良瀬川
 
イメージ 16
渡良瀬橋
 
イメージ 17
17:10頃
ポチっとな
 
イメージ 18
  
 
イメージ 19
20:00頃
離脱、ソロ走行
この後ぐらいから危険回避の為、別れてソロ
 
そして終始充電しながらの走行だったスマホ充電問題
背中に収納する度の『パボッ♪充電してください』
どうやらコードが半死・・・・からのスマホ電源ブッチ(-_-;)
ソロ走行になってからで良かった。
 
コンビニで地図を確認して帰る記憶ナビで帰宅
 
 
 
イメージ 20
 
イメージ 21
300km走行達成ッ!
 
baohさんうっちーさんお疲れ様でした
また、心配や応援してくださった皆様ありがとうございました。
楽しい一日でした^^
 
 
 
 
 
 
 
後日談
イメージ 22
300km走行未達成ッ!!
 
 

庚申坂

 
宮前区は丘陵地帯に位置し、坂道が多いところ。区内には公募によって愛称が制定された坂道が18カ所あり(昔からの呼び名を持つ坂道も含む)、それらの坂には命名の由来を記した標識がそれぞれ設置されています。
地域の人々に親しまれ続けてきた18カ所の坂道を上って下って、周辺を散策してみましょう。
 
 
と、いうことで自宅からほど近いこともあり、空き時間でコツコツ18ヵ所回ってみる。 

【庚申坂】こうしんざか
距離150m 高低差11m 平均斜度7.5%
イメージ 1
交通量は少なめ
 
イメージ 2
両側にイチョウ並木が続く
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
標識は坂下のスタートにある
イメージ 6
坂上から
 
 
 
 
 
人・車両の多さや道路・信号の分りづらさなどの理由から訪れることを出来るだけ避けていた都内近郊。
 
200km、300kmと挑戦する走る距離が増えるにつれて峠越えならず都内越えを無視できなくなって来ました。
 
神奈川に住む私は埼玉・群馬なら走り馴れた八王子方面を抜ければ良いだけですが
 
栃木・茨城・千葉となると都内越えは必須。
(え?お前プレトレでどこまで行くの?)
 
これまで都内越えをしたのは筑波山に行った1度きり。
 
まだまだ行きたい所はいっぱいあるので苦手意識は払拭しようと都内中心部を走って来ました。
 
まぁ、走って来たと言っても夜中で車も人も少ないんですがね。
地理的にも慣れてくれば、都内走行時もゆとりができ、人・車両の多いのにも対処できるようになるでしょう
 

目指すは道路の始点となる道路元標のある日本橋
国道1号線や15号線の始点です
(詳しくはwikiで)
 
まずは世田谷通りで246に合流、渋谷にて寄り道
 
イメージ 1
尾崎豊の歌碑があるクロスタワービル
 
ここは歩道橋を登った二階部分にあるので早速担いでます(笑
 
イメージ 2
イメージ 3
ま、今日は尾崎ゆかりの何の日でもないので誰も居ません
(夜中の4時前ですからとーぜん)
 
ココには誰も居ませんが、こんな時間なのに通りには人がいっぱいいますね、流石は眠らない街
 

引き続き246を走り三宅坂・・・・と、その前に赤坂見附で標識発見ッ!
イメージ 4
イメージ 5
説明文を読むと江戸城外堀跡の石垣の様です
 
しかし・・・ここに来るまでの246と表参道の交差点は自転車泣かせですね。
(左折レーンが2車線で矢印信号付きですよ)
 
そして三宅坂
イメージ 6
三宅坂から〇Xkmポストとかの三宅坂ですね
0kmポストを探してウロチョロしてみましたが見つかりませんでした。
イメージ 7
この後、国会議事堂
 
 
 
 
 
 
と思ってたのですがすっかり忘れて皇居外苑 和田倉門
イメージ 8
ん?
 
 
イメージ 9
とりさんだッ!寝てらっしゃるッ!(笑
 
イメージ 10
東屋なのか?
すげぇ〜立派な造りだなぁと思いながら後にします
(当方、生業は建築業です)
 
 
イメージ 11
新しくなった東京駅ですね。
まだ外構回りは工事中かな?
 
イメージ 12
(職業柄、何となく造りが気になります)
 
イメージ 13
日中に工事できない性か、夜間工事が多く走りずらいので歩道をしばし走行します
流石都会ッ!
 
イメージ 14
そして日本橋 道路元標ッ!!
のレプリカ
 
帰宅後調べてたらレプリカってことが判明(笑
 
本物は橋の真ん中、道のど真ん中に埋まってるみたいです(^^;
 
そしてさらにミス。
これぞ日本橋ッ!と書いてある写真も気付かず無し(笑
(とっても私らしい・・・)
 
 
照明灯に鎮座している獅子と麒麟
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
何度も書きますが建築業なので人工構造物は気になってしまいます
(建築業と言ってももっぱら壊す方ですがナニか?)
 
イメージ 17
 
イメージ 18
素人なりに頑張って撮ってみましたが被写体(プレトレ?)がカッコイイのか?
それなりに見える気がします・・・
 
と、まぁ・・・早くも夜が明けぬ内に本日のミッション終了であります
この後、余力で武道館に寄って林家たい平さんを応援しに行こうかとも考えたのですが・・・
(この日は24時間テレビの100kmマラソンでした)
 
追跡
班の情報によると、どうやら昭島辺りで大休憩している模様
まだ遠いなぁ〜ヤメ(^^;
 
折角だから日本2位の東京タワーに寄ることにしました
 
イメージ 19
大門から潜入
でっけぇー梁と柱使ってるなぁー
(当方、建築業です)
イメージ 20
 
イメージ 21
あッ!ネットで見たことあるぞッ!?
 
イメージ 22
キターっ!初めて来ました。
以前、スカイツリーも見ましたが個人的には近代的なスカイツリーより
昭和感漂う東京タワーの方が好きですね
 
イメージ 23
これを支える足って・・・・?
 
 
イメージ 24
凄ッ!!
 
イメージ 25
基礎なんて植栽に隠れて・・・更に地中だから分らないけど凄いデカイんだろうなぁー
当方、建築業ですが解体屋なので壊すことしか考えていません
如何に安全に早く壊すか?それが難しい(笑
 
さて次は都内一番に行きましょう
 
品川駅を過ぎ五反田 幻坂
イメージ 26
最大勾配29%とからしいですが・・・
頂上付近が最大勾配ですかね
イメージ 27
難なく登攀成功
あれあれ?こんなもんなの?
どうやら日頃の激坂アタックで感覚が可笑しくなっている模様です(笑
 
 
この後、帰路に着きながら洗足池に寄り道
イメージ 28
和田峠っぽい(笑イメージ 29
 
これ最後で帰宅
 
都内はまだまだ訪れてない見所が多いので慣れる為にも来ることにしよう
 
お疲れ様でした
 
 
 
 
 
 

長坂

 
宮前区は丘陵地帯に位置し、坂道が多いところ。区内には公募によって愛称が制定された坂道が18カ所あり(昔からの呼び名を持つ坂道も含む)、それらの坂には命名の由来を記した標識がそれぞれ設置されています。
地域の人々に親しまれ続けてきた18カ所の坂道を上って下って、周辺を散策してみましょう。
 
 
と、いうことで自宅からほど近いこともあり、空き時間でコツコツ18ヵ所回ってみる。 

【長坂】ながさか
距離370m 高低差18m 平均斜度3.5%
イメージ 1
通りはそこそこあるが路肩が広めなので走りやすい。
宮崎台駅へ向かう逆走チャリが多い
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
標識は坂下のスタートにある
 
イメージ 6
坂上から
 
 

宮前区の坂18ヵ所

 
宮前区は丘陵地帯に位置し、坂道が多いところ。区内には公募によって愛称が制定された坂道が18カ所あり(昔からの呼び名を持つ坂道も含む)、それらの坂には命名の由来を記した標識がそれぞれ設置されています。
地域の人々に親しまれ続けてきた18カ所の坂道を上って下って、周辺を散策してみましょう。
 
 
と、いうことで自宅からほど近いこともあり、空き時間でコツコツ18ヵ所回ってみる。
 

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 15
 
 
イメージ 14
 
 
 
さくら坂
イメージ 3
 
 
堂脇坂(どうわきざか)
イメージ 16
 
 
八幡坂(はちまんざか)
イメージ 13
 
 
白井坂(しらいざか)
イメージ 4
 
たいら坂
イメージ 5
 
 
島坂(しまのさか)
イメージ 6
 
巴坂(ともえざか)
イメージ 7
 
 
くぬぎ坂
イメージ 17
 
 
権六坂(ごんろくざか)
イメージ 8
 
 
 
梅の木坂(うめのきざか)
イメージ 9
 
 
 
日向坂(ひなたざか)
イメージ 18
 
 
 
神明坂(しんめいざか)
イメージ 10
 
 
 
春待坂(はるまちざか)
イメージ 11
 
 
 
富士見坂(ふじみざか)
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事