ここから本文です
ライバルは30歳の自分

穴場@菰野HC

2017/3/26

↓参加賞は日本手拭い。なかなかいい。
(^^)

イメージ 1

この大会、5回目にして4回目の雨天だとか。僕は3回目の参加で晴1雨2。

↓それでも皆さん頑張ってアップしている。おっ?偶然知った顔が写ってる。

イメージ 2

目標34分切り。最近の調子から34分台はかたいのだが……。
それも思い過ごし。
結果は前回より30秒悪く、なんとか35分台。
今日は最後尾近くからスタートしたため抜かれることがほとんどなく、競る相手がいなくてつまらなかった。来年はもう少し前に並ぼ。

↓はぁ〜っ。菰野町役場裏の足湯につかりながら暫し呆ける。大会の後なのにいつも空いている穴場なのだ。

イメージ 3

↓足の甲だけは血管がすごい。

イメージ 4

この大会は会場から四日市ICの間にある食べ物屋がいつも混雑していて、毎度帰り道で昼食難民になってしまう。今日は帰り道とは逆方向、菰野役場からスタート地点に移動する途中に見つけたトンテキの看板を出していた店(ごっちゃんまんまさん)へ行ってみた。参加者で混雑?と思いきや駐車場は空っぽ。もしかして休業日かなと思ったがやってた。脱難民。
(^^)/
↓トンテキ。ニンニクがゴロゴロ。スゲー!

イメージ 5

いやー旨かった。まさに穴場。
気さくで感じのいいご夫婦がやっていて、昭和40〜50年代のフォークソングや歌謡曲がかかっていて長居したくなるなあ。

久しぶりにあべ静江聴いたわ。あらためて聴くといい声だなあ。
フォーリーブスもかかってた。「わっかーものならぁーあ♪」ジャニーズ節だあ。
比較的新しめのではピンクレディー。渚のシンドバットって、よく聞いたらかなりキワどい歌詞だな。うっとりさせるテクニックが噂になってる?って、いったい…

僕にとっては小中学生頃の曲だけど、ご主人らには青春ど真ん中だって。来年も来ますと言って店を出た。

イメージ 6

この記事に

2017/3/19

来週から突入するヒルクライムシーズン前に、ボロボロになりたい……。
Mさんのリポートに刺激され決定。洗濯板コース(白川町周回)。ちょっと軽め。

大まかに言うと木曽川を含めて、木曽川→赤川→黒川→白川→佐見川の谷筋とそれぞれを隔てる山々を横断していく。って訳で洗濯板と勝手に命名。

やや遅めの7:45スタート。
八百津町の中心部から小屋ヶ根峠で久田見に向けて登る。このルートは来週の鈴鹿スカイラインに感じが似ていて、効果はないだろうけどビジュアル的予行演習なのだ。

↓こんな感じ。たしか昨年も菰野HC前に登ったよなあ。
イメージ 1

久田見から福地までは県道402。今日は下落合からではなく、福地から福地峠を目指してみた。ちょっとわかりにくかったが山勘を頼りに迷うことなく乗り切れた。

福地峠で最初の休憩。
↓今日はこんなに持ってきた。
イメージ 2

↓ここからは念のためこれ
イメージ 3

赤川沿いの蘇原に降りたら右折して赤川沿いに切井に向かい、今日のメインディッシュ胡麻草峠(ゴマクサ)。この峠、きついけど雰囲気が好き。途中メイタンCCCを補給したら妙に調子が上がった。胡麻草は頂上が2つあるので疲れたときは難儀する峠だ。

下って、黒川着。そのまま東白川に向かわず、一旦川上へ3kmくらい遡上して最初の目的地、大黒屋さんに到着。
イメージ 4

去年来たとき新作として売り出されていた「あんぱん饅頭」がお目当て。しかし、バラ売りは売り切れらしい。せっかくなので、聞いてみたら、わざわざ箱詰めして包装したものをばらして出してくれた。さらに赤飯のオマケ。ありがとうございます!これからも贔屓にしますんで。

↓いろいろ買って、シュークリームはその場で食べた。
イメージ 5


↓黒川にて。樹齢500年には社務所も遠慮する。

イメージ 10



黒川の中心まで戻り、黒川中の近くから無反峠(ムソレ)に入る。Mさんは更に上流の大多尾峠(オオタオ)というでかい峠を登ったようだけど、僕は楽な方を選択。東白川側に降りたら、本日の食のメインディッシュである鶏ちゃんを食べるのだ。

↓本日最大の目的。念願の白草さん。峠から降りてすぐのところにあった。大型バイクの兄さんらで賑わっていた。
イメージ 6

さあ食べるぞぉ。ご飯は小盛りを頼んだつもりがなぜかどんぶりに山盛り一杯。ニンニク醤油を付けて食べると、ご飯がすすむ。それに、普段はほとんど酒を飲まない僕でもビールが飲みたくなってしまう味なのだ。(飲んではいませんよ。) 
イメージ 7

白草さん後にして、第三の目的地、東白川の道の駅でデザートに紅茶ソフトというプランだったが、時間が気になるし、紅茶ソフトは10回を軽く超えるくらいリピートしているしで今日は諦めた。

お次は桜峠。無反峠同様あまり急な坂は無くて、佐見に到着。

↓桜峠の途中で。どっち行っても登り?

イメージ 11



↓峠頂上であんぱん饅頭を補給。食べ過ぎか。昨年も書いたがコレは本当にうまい。家族にも好評だった。
イメージ 9

さあ、ここから佐見川沿いの激走。思えば、こんな風に走るの今日初めて。
時々、見えるエメラルドグリーンの淵が本当にきれいで気分が高揚する。こういう色が出る川は近くでは柿其渓谷くらいしか知らない。
約15kmの気持ちいい走りを堪能。

↓どうですか!この色。
イメージ 8

飛騨川沿いまで降りたら、もう楽しいところは終了。七宗ダムを渡って金山に入り、神渕に向かう。ここのだらだらした登り坂で強烈な向かい風に出くわし、今日一番難儀した。

袋坂トンネルは怖いので袋坂峠に向かうが、災害で通行止め。だめなら引き返すつもりで峠を目指したら、法面が崩れていたものの歩けば難なく通過できた。

神渕から間見峠、地蔵峠を通って帰宅。
やっぱ白川はいい!
真夏に走った時に比べたらちょっと楽だった。

ルートラボはこちら。袋坂峠や間見峠がかわいく見える。

走行距離:121.2km
獲得標高:2346m(ルートラボによる)

この記事に

2017/3/18

さっきラジオで聞いたけど、ポップスベストテンが来週で終わるって。さみしいねぇ。僕が聞き始めた頃はダイヤトーンポップスベストテンだった。

==========================

今朝はまだ寒くて、冬用のゴワゴワパンツからなかなか脱皮できない。

北山
目標:31分切り
結果:30'30"
先週から一気に77秒短縮。(^^)/

あまりいろんな自己ベスト創っても価値はないが……、ゴワパンでは自己ベストかも。……小さな幸せは得られるのだ。

ゴール近くの楪(ゆずりは)集落にて。

イメージ 3


裏(県道402)
目標:26分切りor26分台×2本
結果:26'09"/26'28"
2本目も先週よりいい。(^^)

今日のおやつはミニたい焼き。

イメージ 1


イメージ 2

帰りは七宗側に降りた。報国橋の近くにこれがあった。右、白川、御嶽(おんたけではなくみたけと推察)街道とある。今下ってきた裏コースのことだ。左は飛騨街道とあった。飛騨街道は七宗の上麻生から飛騨川を逸れ、神渕経由で金山に向かうので、白川は迂回されていたんだね。
R41は相変わらず怖い道だった。

イメージ 4

走行距離:55.1km

この記事に

2017/3/12

昨日と同じ装備で出撃。
昨日の今日だからタイムは期待してない。

北山
目標:32分台で行ければいい
結果:31'49"
昨日ほど追い込んでない。…のに昨日と大差なし。
(^^)


目標:昨日のタイム短縮できるか。
結果:27'13"
さすがに無理だ。(^^;

↓今日は趣向を変えて磯辺もちを食す。

イメージ 1


50歳を前に自転車を再開して以来、2日目はいつもボロボロだった。ちょっと若返ったか?

走行距離:45.7km

この記事に

ヒルクラ練@北山

2017/3/11

今朝…
↓やりました!チリモンgetだぜぇ。
イカとタコ?あるいはタコタコ?脚が開いている方がタコっぽい。左はコウイカかなあ。赤いのはエビのしっぽらしい。

イメージ 1

月末の菰野HCに向け早朝ヒルクラ練。行き先は八百津の北山。寒ッ。

北山
目標:31分切り
結果:31'47"
目標未達ながら冬用のゴワゴワタイツにしては悪くない。

裏(県道402)
1本目
目標:26分台
結果:26'44"
2本目
目標:30分オーバーしなければ○
結果:27'53"
この時期としちゃ悪くない。

イメージ 2


脚が沢山あるものを食べたからなのか、3本目まで力がでた。

これ実話だけど、今日は走っているときにデビルマンの歌を唄っていたのだ。これを書いていて気づいたけど、タコってデビルフィッシュともいうわな。
(^^ゞ

走行距離:58.2km

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事